2020年7月リミットレギュレーション発表!影響を考える

リミットレギュレーション

2020年7月のリミットレギュレーションが発表されましたね。
すっかり忘れていました。遊戯王ブロガー失格です(笑)

さてさて、今回のリミットレギュレーションは大方の予想通り、緩和がメイン。
禁止は多くの方が予想されていたあのカードでした。

という訳で、自分のデッキに影響がないか、
アウトプットを兼ねて考えていきたいな、と思います!

2020年7月リミットレギュレーション

それでは、リミットレギュレーションの内容を見て、
1枚1枚が与える影響を考えていきましょうか。

禁止カード

リンクロス

はい!予想的中(当たり前)。
やはりその汎用性の高さと
今後のリンクモンスターの発展のために禁止となりましたね、おそらく。

当然と言えば当然のこと。
このカードが禁止になると、ハリファイバーからの展開ルートを持つデッキたちが
痛手を受けていますね。

正直、リンクロス展開を持つデッキって、
ものすごく多いのですべて把握できていないのですが、
オルフェゴールや焔聖騎士などは、結構ダメージを受けたと友人が言っていました。

まあ、それなりに展開力を持つデッキは全員ダメージを受けて
平等院ってところで良かったのではないかと思います。

このカードが禁止になったのでハリファイバー禁止の線は完全に消えたと思います。
なので、個人的には良かったなあと。
これで、本来のシンクロの救世主としての立ち位置に戻ってほしいと思います。

11期に入ってからの遊戯王は過去テーマの強化に力を入れていますし、
テーマごとに個性がなくなるようなカードたちは規制されていくのかもしれません。

いずれにしろ、リンクロス。
相当インフレが進むorハリファイバー禁止orエラッタ
以外で戻ってくる気はしないですね(笑)

準制限カード

輝白竜ワイバースター

ドラゴンリンクの暴走で禁止を食らったカードですね。
単体で見ると、カードパワーはかなり低いですし、
このカード登場時を知る私としては、禁止はかなり違和感ありました。

アガーペインなどの守護竜が規制されて、ドラゴンリンクが弱体化したから
解禁されたのでしょうね。
正直、制限解除でも良かった気はします。

もともと、ドラゴンリンクが主な居場所だったので、
帰ってきてもそこまで活躍はしないのかなと思います。

環境デッキに採用されるケースも少ないですし、
このカードが何かを巻き起こすのは想像できませんね。

処刑人-マキュラ

エラッタでかなり弱体化されたので、妥当ですね。
誰も使わないですし、これも制限解除で良いかなと思います。

エラッタ後は徐々に緩和される流れは、
クリッターや黒き森のウィッチでもおなじみ。
とは言え、マキュラはもう少しうまくやってほしかったなあ。

こいつも、ファンデッキなどで使う分には強いかもですが、
環境に影響を与えるのは無理でしょうね。

そもそも、罠カード自体、ゲームを決められる破壊力を持つものが少ないし。
ラストバトルが解除されればワンチャンあるか?!

ネクロフェイス

デッキ破壊とかで使われていたカードですね。
こいつはそこそこポテンシャルあると思うんですよね。

1枚が与える影響が大きいですし、
今だと、ディアブロシスもいますから【デッキ除外】復権もあるか?
なんて考えてしまいます。

あとは、強欲で貪欲な壺や強欲で金満な壺のコストをチャラに出来ます。
どうしても、ドローしたいけどコストが痛かったってデッキには朗報か?

地味にダイーザメタにはなる。
あちらのドローソースを使い切らせてネクロフェイスを使えれば
割と有利に展開できるか。
まあ、それならマジックシリンダーとかで良いかもしれない。

ローンファイア・ブロッサム

き、キターーー!

やっとですね!ダンディ・ライオン禁止なのにいつまで規制食らってるんだ!
って思ってた矢先なので、すごくうれしいです。

現環境では植物族が入る余地はないので、
これまた一線級での活躍はまだ難しそうですね。

オフリス・スコーピオのアクセス手段は増えたので、
捕食植物には嬉しいニュース。

六花デッキも安定感が増して良い感じ。
植物テーマは全体的に底上げされたかな。

ただ、植物は出張セットで悪さをしまくっているので、
慎重に調整してほしい気持ちはあります。
とばっちり禁止が一番嫌なので!

森羅強化はよ!!

制限解除

深海のディーヴァ

ようやく帰ってきた!おかえり!

解除されたとはいえ、強力なのに変わりはない。
個人的には、水精鱗を使い続けているので、かなり嬉しい。

おそらく、ダイダロスストラクR強化を控えてのことでは?
と思っている。ポセイドラの方かな?
まあ、何にせよ、海竜族強化が来るフラグなはず!

1枚で3アドくらい平気で稼いでくるカードなので、
調子に乗ってると規制が心配になってくる。

もう大丈夫だよね?

ドラコネット

こいつも1枚でハリファイバーにアクセスできるカード。
はっ!もしかして、リンクロス規制で
ハリファイバーアクセスカードたちが規制解除されているのか?

なんかそう考えるとしっくりくるな!この改定!

こいつも、ドラゴンリンクの凶悪パーツでした。
聖杯ソリティアにも1枚かんでいましたが、
イヴの禁止などの影響でしょうかね。無害だと判断されたんでしょう。

こいつからの展開ルートに関わるモンスターたちがたくさん規制されて
両手足をもがれた形になっちゃったんでしょう。

とは言え、通常モンスター救済カードの1枚ですし、
ほかにもルートはたくさんありそうですよね~。
禁止にならないほど良いルートをだれか見つけてほしい。

2020年7月リミットレギュレーションまとめ

まさかのドラグーンノータッチでしたね。
ということで、砂原もドラグーン使ていこうかなって思います!

リンクロス禁止で、ドラグーンにたどり着けなくなるデッキってあるのかな?
だったらいいんだけど。

ディーヴァやドラコネットなど、ハリファイバーを1枚で作れるカードが
緩和されたのは、間違いなくリンクロスの影響でしょう!

そういう意味では、収容されて良かったよ、ヒトデ君。

次は10月か~。
10月は流石にドラグーン禁止じゃないかな~(2回目)。
後は、エクストラデッキのソリティアモンスターが続々禁止になっているので、
ソリティアの始動要因たちが緩和されていきそうですね~。
オフリススコーピオとかね。

まあ、私のデッキは影響受けなくてよかった!
(ちなみに今使ってるのは、HERO・サイバー・幻影・月光・古代の機械)

次も平和な改定になることを祈って、ばいばい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました