~2020年版~砂原式遊戯王テーマ解説【霞の谷(ミスト・バレー)】カード解説編

カード考察

デュエルターミナル産のテーマって妙な魅力がありますよね。

レギュラーパックのテーマと違い、背景ストーリーがしっかりしているからか、
カード一枚一枚に込められたエピソードを読み取るのが楽しいです。

今回は、そんなデュエルターミナル産のテーマの一角、
【霞の谷(ミスト・バレー)】のカードたちを解説していきたいと思います!

癖のあるバウンス能力を深堀して、オシャレなデッキを作っていきたい。
そんな風属性を愛する決闘者へ向けた解説記事です。

【霞の谷(ミスト・バレー)】とは?

霞の谷は、DUEL TERMINAL -ワームの侵攻!!-で登場したテーマ。
多くはカード名に【霞の谷】と名がついていて、
現状、テーマ内のモンスターはすべて風属性のモンスターで構成されている。
また、種族は鳥獣族・雷族・戦士族など多岐にわたる。

バウンスを展開の中に組み込んでいる一風変わったテーマ。
テーマ内に、まとまりがないため、
良く言うと拡張性がある、悪く言うとテーマ内でのシナジーが乏しい。

使うプレイヤーの好みや構築力が反映されるテーマですね。

ユニオンキャリアーを用いた【巨神鳥ロック】は有名ですよね。
全テーマ見渡しても、ここまで強力な制圧布陣を引けるデッキは少ないでしょうし。
ただ、賛否両論あり、『それ、霞の谷デッキじゃないよね』って話もちらほらと。

なんとか巨神鳥依存から抜け出して、
きっちり強い霞の谷デッキを考えていきたいですね。
ということで、その第一歩。テーマ内のカードを考察していきます。

【霞の谷(ミスト・バレー)】に属するカード解説

霞の谷見張

通常モンスター
星4/風属性/魔法使い族/攻1500/守1900
霞の谷を代々見張り続ける、見張り番一族の末裔。
谷で起こる出来事は、どんな些細な事も見逃さない。

テーマ唯一の通常モンスター。
霞の谷で起こる出来事全てを把握するらしいので、
とりあえず先行で立てておくと強い…、冗談はこのくらいにしておきましょうか(笑)

真面目にこのカードを見てみると、ステータスはそこそこ優秀なのが分かります。
リクルーター対応の攻撃力1500ライン。
下級アタッカーを止められる守備力1900。
レベル4・風属性、そして魔法使い族。

悪くないスペックをしていますね。

レスキューラビットを使えば、そこそこ強力なカードになります。
風属性レベル4ということで、雷光千鳥のエクシーズ素材になれますね。
また、Emトラピーズ・マジシャンにもアクセスできます。
両者使い分けられる貴重なモンスターです。

手札にレスキューラビット、A・ジェネクス・バードマンがあれば、

レスキューラビットNS
霞の谷見張2枚SS
→1体戻してA・ジェネクス・バードマン
霞の谷見張でリンク・スパイダーSS
→リンク・スパイダー効果で手札に戻した霞の谷見張番SS
=場にリンク・スパイダー、A・ジェネクス・バードマン、霞の谷見張が並ぶ。

ここから、リンク・スパイダーとA・ジェネクス・バードマンでハリファイバー、
霞の谷の祈祷師をSSして、霞の谷見張とで霞の谷の雷神鬼へたどり着けます。
手札一枚で、そこそこ展開できるので1ルートとしてぜひ使ってみてください。
(雷神鬼以外にも、アーカナイト・マジシャンという選択肢があります。)

珍しいところでは、マジェスペクター魔法・罠のコストにもなります。
こちらは実際採用するのかは、別問題ですが、覚えておいて損はないはず。

通常モンスターの例に漏れず、
活躍はレスキューラビットが来るかどうかにかかっていますが、
上で紹介した手札2枚からの展開は、霞の谷見張だからできる動き。
純霞の谷で構築するなら、十分に採用圏内でしょう。

霞の谷風使

チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/鳥獣族/攻 400/守 800
1ターンに1度、お互いの手札が5枚以上の場合に発動できる。
お互いのプレイヤーは手札が4枚になるように手札を墓地へ送る。

チューナーでありながら、風変わりな効果を持つカード。
この手の効果は、モンスターとしては貴重。というか唯一無二か?

先攻1ターン目に使えれば、実質ハンデス効果となる。
ただ、その場合は自分はこのカードの召喚で1枚カードを使っているため、
手札5枚になるようには、もう1枚、どこかから確保してこなくてはいけない。

霞の谷はバウンスを戦術に組み込めるので、
自分も相手も、手札5枚以上の状況を意図的に作り出すことは可能。

ただ、労力に見合うかと言われると疑問符が残る。
ネックなのは、自分もハンデスされること。ここがなければ…。

運用は、風属性・鳥獣族・レベル2、このスペックを活かしたいところ。
だが、霞の谷の幼怪鳥の存在が目の上のたんこぶ。

あちらの方が使いやすいので、このカードに強みを見出すのは難しい。

一時休戦や無償交換、昇天の剛角笛といったカードは相性が良い。
この辺りでパーミッションしても良いが、
それはもはや、霞の谷デッキではない。うーむ。難しい。

霞の谷祈祷師

チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/鳥獣族/攻1200/守1200
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体を手札に戻して発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。

イラストがかなり過激なカード。
一部特殊性癖を持った人々の女神となりうる。
海外版では、あえなく規制が入ったが、より過激になったとの声もあるカード。

注目は、自分フィールドのモンスターをバウンスすることをコストに、
攻撃力をアップさせる効果。

攻撃力の増減はそこまで問題ではないが、
チューナーでありながら攻撃力1700はそこそこ優秀か。

特筆すべきは、バウンスはコストな点。
効果が無効になっていてもバウンス自体は可能。
霞の谷では使いやすい効果になっている。

基本、こいつが効果無効になっていることは少ないが、
どんな状況でも、バウンスという役目を果たせる点は評価できる。

ハリファイバーで特殊召喚できるレベル3チューナーとしても有用。
そこから、リンク召喚やシンクロにつなげていきたい。

とはいえ、わざわざ召喚権を割くほどではなく、
ハリファイバーのリクルート先としての価値が、採用理由の大半を占める。

便利は便利だが、特殊召喚効果もないので事故要因にもなりうる。
基本は1枚採用で十分か。

霞の谷戦士

チューナー(効果モンスター)
星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守 300
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードとの戦闘で破壊されなかった相手モンスターを
ダメージステップ終了時に持ち主の手札に戻す。

登場当時は、最強のチューナーの一体と言われていた。
疾風のゲイルとは、宿命のライバル。

レベル4のチューナーで、鳥獣族。戦士だけど鳥獣族。
単体でも使えないことはない除去効果を持つ。
が、現代遊戯王ではそのスペックもたいして役には立たない。

なんなら、この除去効果、
『このカードがフィールドに存在する限り』なので自縛特攻では発動しない。
なんということでしょうか。悲しみ。

一応、安全地帯やチューナーズ・バリアでサポートできるが、
例によってそれは霞の谷デッキではない。
霞の谷デッキでも、イージーチューニングの弾にするという選択肢はある。
が、収縮でOK感は否めない。

ハリファイバーの登場で、レベル4であることがあだとなった。
ただ、霞の谷の神風でリクルートできるレベル4チューナー枠という役目はある。
あとは、サモンプリーストの存在。
即レベル8シンクロにつなげられるのは霞の谷ではこいつのみ可能な動き。

しかし、肝心の霞の谷の雷神鬼は、
チューナー以外が霞の谷モンスターならOKなので、
無理にこのカードを使う必要もない

霞の谷レベル4チューナーがどうしても欲しい場合は採用しよう。

霞の谷のファルコン

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻2000/守1200
このカードは、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を
手札に戻さなければ攻撃宣言できない

下級でありながら攻撃力2000というスペック。
デメリットでありながらメリットでもある攻撃宣言時のコスト。
単体でまとまっている優秀なモンスター。

現代遊戯王でも、幾分かの使い道はある。
デモンズ・チェーンなどの永続罠、永続魔法を繰り返し利用できる。

また、安全地帯やビッグバン・シュートを組み合わせると除去効果になる。

ちなみに、手札に戻せないカード(エクストラのモンスターやトークン)は
戻す対象として選択できない
ので注意。

攻撃を介するという弱点があるため、そこをカバーしていきたい。
先ほどの、デモンズ・チェーンをはじめとしたカードで相手を妨害し、
このカードを動きやすくしていこう。

ただし、このカードでできることは雷神鬼でもできる。
雷神鬼へのアクセスに特化しているなら、無理に採用する必要はない。

バウンスを組み合わせたパーミッション型にしたい場合は採用を検討できる。

霞の谷幼怪鳥

チューナー(効果モンスター)
星2/風属性/鳥獣族/攻 400/守 600
このカードが手札から墓地へ送られた時、
このカードを墓地から特殊召喚できる。

魔轟神のような効果を持つカード。

ドラグニティナイト・ガジャルグでその効果を発動できる。
しかし、任意効果でコストで墓地に送られても発動できず、
処理の途中だとタイミングを逃すという3重苦。

基本はガジャルグ専用だと思っておこう。
現実的に発動条件を満たせてかつ、採用圏内なカードは
真竜凰マリアムネや暗黒界の取引。

マリアムネはレベル9を活かすのなら、霞の谷デッキでも一考の余地あり。
暗黒界の取引は、汎用カードだがほかに相性の良いカードもない。
採用しても良いが、大きなメリットはないだろう。

とは言え、特殊召喚効果を持ったチューナーは貴重。
ガジャルグを出せるような構築であれば、必須カードになる。

霞の谷雷鳥

効果モンスター
星3/風属性/雷族/攻1100/守 700
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが手札に戻った時、
このカードを自分フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。

ユニオンキャリアーの登場で、値上がりしてしまったカード。
なぜこんなことになったのか。

このカード自体というよりも、このカードとシナジーのあるカードが強い。
何度も書いた、【巨神鳥ロック】の中核をなす一枚。

ただ、巨神鳥のコストにとどまらず、
超雷龍-サンダー・ドラゴンの融合素材になれる。
このカードのバンスされたときの効果は、手札発動なので、
超雷龍-サンダー・ドラゴンの融合素材条件を満たすことになる。

なので、普通に使って超雷龍-サンダー・ドラゴンを立てても強い。

まさかの大出世を果たしたカード。
霞の谷では間違いなく必須カードである。

霞の谷執行者

効果モンスター
星5/風属性/雷族/攻2100/守1600
このカードが召喚に成功した時、
フィールド上に表側表示で存在する
魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。

今流行りの焔聖騎士メタ
余りにもピンポイントすぎるか。

天気や宝玉獣など、変なデッキに刺さる効果だが何とも言えない。

レベル5なのが痛い。
おそらく、自分の魔法・罠を戻して使うのが意図されたところだろうが、
リリース要員の確保が難しい霞の谷デッキでは居場所はない。

雷族である点も活かしきれない、不遇のカードである。
ターミナル産テーマにはよくある、弱すぎるカード。

霞の谷巨神鳥

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2700/守2000
このカードの効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの「ミスト・バレー」カード1枚を対象として発動できる。
その自分の「ミスト・バレー」カードを持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。

霞の谷の切り札。最強カード。

ペンデュラム環境初期、DDが縛りなしの1~8スケールを持っていたため、
DD巨神鳥というデッキが誕生したのは記憶に新しい。

何も脈絡もなく採用されるくらいには、強力なカード。
その性質上、ペンデュラムとは相性が良い。
このカードを軸にするなら、ペンデュラムテーマと混ぜるのはアリ。
SRドミノバタフライの存在から、SRは相方になりうる。
属性やSRの有する展開力が、霞の谷の補完として相性が良い。

回し方の記事で紹介する予定だが、
ユニオンキャリアーからの【巨神鳥ロック】は強力。

ただ、こちらに寄せると、霞の谷のテーマとしての特徴が出ない。
強さと、テーマ性。どちらを取るのか。プレイヤーを悩ませる1枚である。

霞の谷雷神鬼

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/雷族/攻2600/守2400
チューナー+チューナー以外の「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体以上
1ターンに1度、このカード以外の
自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
選択した自分のカードを持ち主の手札に戻し、
このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで500ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

名実ともに、霞の谷のエースカード。

テーマを象徴する効果を持ち、
攻撃力を3100まで上昇させられるため、戦闘でもそこそこ強い。

唯一シンクロ素材に縛りがあるが、純構築なら問題なくクリアできるはず。
素材には、見張り番やファルコンを使うのが一般的。

バウンス効果は、フリーチェーンであり非常に有用。
除去回避のほか、霞の谷のファルコンで紹介したような、
安全地帯などと組み合わせた疑似除去能力を再現できる。

また、コンバットトリック効果なのでバウンスはダメージステップに発動できる。
ダメージステップ時に、このカードを蘇生しているリビングデッドの呼び声を
バウンスすると、巻き戻しが発生せず攻撃のみを止められる。
いやらしい小技だが、こういったテクニカルな動きも可能。

とは言え、コンボカードである点は否めない。
必要なカードが多く、テーマ内でサーチは皆無。
安定した布陣を築くのは難しく、雷神鬼を活かしたデッキ構築は困難を極める。

それでも、決まったときの場をコントロールしている感覚は楽しいものがある。
霞の谷デッキを作るなら、ぜひ使いたい1枚。

霞の谷祭壇

フィールド魔法
風属性モンスターがカードの効果によって破壊され自分の墓地へ送られた時、
自分の手札・デッキから風属性・レベル3以下のモンスター1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

霞の谷デッキではあまり活かせないが、効果は強力。

純構築での活用は不可能なので、他テーマを頼ることになる。
相性が良いのは【ネフティス】。自壊をトリガーに動いていくテーマなので相性〇。

このカードのおかげで、ネフティスの動きの中に
霞の谷を自然に組み込むことができる。

リクルート先は豊富だが、霞の谷の雷鳥が一番手か。
場面に応じた最適なモンスターを選んでいこう。

トリッキーなところでは、相手の除去にチェーンしてメタバースする手もある。
そこまでして発動させるカードかは疑問だが。

霞の谷神風

フィールド魔法(制限カード)
自分フィールド上に表側表示で存在する風属性モンスターが手札に戻った場合、
自分のデッキからレベル4以下の風属性モンスター1体を特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

エンシェント・フェアリー・ドラゴンの巻き添えで一時期は禁止にまでなった。
霞の谷暗黒期の到来であった(黄金期はない)。
実際、先攻ワンキルのパーツとしての禁止カードであり、
スペック自体を危険視されていたわけではない。冤罪である。

最近では、規制解除の声もささやかれるこのカード。
風属性使いとしては、デッキビルダーとしてはぜひ解除してほしい。

霞の谷であれば、あらゆる手段でトリガーを引くことができる。
テーマ外でも、ハーピィ・ダンサーやBF-精鋭のゼピュロスなどで
容易に効果を発動可能

対象範囲の広いリクルート効果を持ち、ジェネクス・ブラストは有用なリクルート先。
A・ジェネクス・バードマンをサーチできるし、バードマン自体、
神風のトリガーになる。

使用用途は多岐にわたり、霞の谷の貴重な展開力を担うカード。
ただし、制限カードなので、依存しすぎるのは禁物。
このカードがなくても展開できる。
あればもっと動ける、くらいの意識でデッキを構築すべき。

ミスト・コンドル

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守 400
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する
「ミスト・バレー」と名のついたモンスター1体を持ち主の手札に戻し、
手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したこのカードの攻撃力は1700になる。

霞の谷の名前は持たないが、ミスト・バレーサポートである。

A・ジェネクス・バードマンのような特殊召喚条件を持つ。
2枚目以降のバードマンとしての役割がメイン。

攻撃力上昇効果はあるが、おまけ程度に捉えておこう。

見張り番の展開例の中で、バードマンの代わりになれる。
展開を安定させたいのなら、複数枚採用しよう。

大怪鳥

効果モンスター
星6/風属性/鳥獣族/攻2400/守1400
このカードが手札から墓地に送られた時、
このカードをデッキに加えてシャッフルする。

霞の谷の名前を冠するが、全くサポートを受けられない悲しみのカード。
効果は全く霞の谷とかみ合っておらず、存在意義が危ぶまれる。

ここまでテーマとかみ合わないテーマのモンスターは珍しい。

効果も使いどころが良くわからない。
幼怪鳥が成長した姿なのだろうが、なぜか弱体化。
場に出るのではなく、デッキに帰ってしまうようになった。

採用意義は薄い。
ガーディアン・エアトスのデッキで使えるのか…?
墓地にたまらない手札コストとしてなら何とかなる?

一応、テーマカードとして紹介したが、
このカードを採用するくらいなら、サンダーボルトでも入れよう。

【霞の谷(ミスト・バレー)】での採用優先度

【テーマ名】でデッキを組む際の採用優先度をランク分けしました。
デッキ構築の際の参考にしてみてください。
ちなみに、あくまで純構築を組む上での判断です。
他テーマなどと組み合わせる場合は変動します。

ランクS:3積み必須カード。なければデッキが成り立たないレベル。
ランクA:必須カードだが、3積み必須ではない。しかし組む上では欠かせないカード。
ランクB:テーマデッキを組む上での主力。なくても回るがあれば心強いカード。
ランクC:状況によっては活躍するが、事故要因にもなりえるカード。
ランクD:ネタ枠。特別なコンセプトがない限り、採用する意義は薄い。

ランクS

霞の谷の神風

ランクA

霞の谷の雷鳥

霞の谷の見張り番

霞の谷の巨神鳥

霞の谷の雷神鬼

霞の谷の幼怪鳥

ランクB

霞の谷のファルコン

霞の谷の祈祷師

ミスト・コンドル

霞の谷の祭壇

ランクC

霞の谷の風使い

霞の谷の戦士

ランクD

霞の谷の執行者

霞の谷の大怪鳥

テーマ自体のパワーが低いので、かなり甘めになってます。

正直、3枚必須なカードは神風くらいで、
後は、3枚積むと事故要因になりかねないカードがほとんどです。

とは言え、ランクA~Bのカードたちもポテンシャルは十分。
デッキ構築の腕の見せ所と言えます。

流石に、ランクC以下のカードは、2020年現在では活用は難しいです。
ピンポイントで強化などない限りは、ネタデッキ以外での採用は厳しいです。

【霞の谷(ミスト・バレー)】カード解説:まとめ

テーマカード解説でした。
カードの種類が少ないので、そこまで語る内容もなく、といった形でした。

全テーマの中でも、独特なセルフバウンス戦術を得意とするデッキ。
はまれば強いだけに、構築難易度はトップクラスでしょう。

構築の際には、『何が霞の谷らしさか?』を自分なりに考えて、
時には割り切って、勝ち筋を絞った構築にしていくのが良いと思います。

今回、考察記事を書いただけでも、
ジェネクス・ネフティス・SR・ハーピィ・シムルグなど、
相性の良いテーマはたくさんあります。

霞の谷らしさを活かしながら、それらのテーマと共存していきたいですね。

では、次回は【霞の谷(ミスト・バレー)】と相性の良いカードを紹介します。
お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました