【あのカードは今】スターダスト・ドラゴン ~今でも使える?~

カード考察

集いし願いが新たに輝く星となる。
光さす道となれ!シンクロ召喚!飛翔せよ、スターダスト・ドラゴン!

最高にカッコイイ主人公の、最高にカッコイイシンクロ口上。
そして現れる、神々しささえ感じるエースドラゴン。
それが、スターダスト・ドラゴンである。

THE DUELIST GENESISした、最古参のシンクロモンスターの一体。
6期~7期にかけて第一線で戦い続けたこのカードも、今や過去の人(カード?)。

より使いやすいこうスターダストの登場、
エクシーズの強化、ペンデュラム台頭、ルール変更 etc。

インフレの波に置いていかれ、
気が付けば、同レベル帯のシンクロモンスターと比べても見劣りする性能。

私としては、当時ドラグニティを握っていたので、
スターダスト・ドラゴンにはお世話になった。

そんな恩もあって、なんとかこいつを現代遊戯王で活躍させたい。
まだまだ、こいつのファンの方も多いでしょうしね!

スターダスト・ドラゴン使いたいけど、何も思い浮かばない。
そんな方に向けた記事!

ということで、今日はこいつの可能性を探ってみようと思います!

スターダスト・ドラゴンとは?

スターダスト・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。

遊戯王5D’sの主人公、不動遊星のエースカードにして、シグナ―龍の一体。

初登場は、ライバルが使用するという異例のエース。
遊星の手に渡ってからは、その場もちの良さで、
彼のフィールドを守り続けていたのが印象的。

破壊には破壊を、という一見優しいようで
ハンムラビ法典的なロジックを持った鬼畜ドラゴン。

持ち主ともども、ドM。

肝心の効果のほどは、
あらゆる破壊効果を無効にする制圧能力。
その代償に自身をリリースするが、エンドフェイズに帰還できる。

リリースは賛否あるが、このコストのおかげで、
結果的に長く場にとどまることができる。

2500というそこそこの攻撃力を持ち、
除去を破壊に頼るデッキにはかなり刺さる(刺さった)カード。

特に、6期あたりは、
裁きの龍・ガイザレス・ダムド・激流葬・奈落・ミラフォ等、
相手を破壊する強力カードがあふれていたため、それらのメタカードになっていた。

当時、レベル8シンクロモンスターでは、高い採用率を誇っていたが、
現在では、ライバルが多すぎる。
ヴァレルロード・サベージ・ドラゴンの存在がでかい!

とは言え、主人公のエースだけあり、サポートカードは豊富。
それらの存在がこいつを唯一無二のカードに押し上げられるか?

スターダスト・ドラゴンのサポートカード

豊富なスターダスト・ドラゴンサポートを紹介&考察。

何か使えそうなカードあるかな~。

スターライト・ロード

通常罠
(1):自分フィールドのカードを2枚以上破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし破壊する。
その後、「スターダスト・ドラゴン」1体をエクストラデッキから特殊召喚できる。

一時期は2000円くらいしていたデュエルディスク付属のカード。

何にでもマクロコスモス入れてた友達が使っていたカード。
当時は罠カード全盛期で、大嵐引けてるかで勝敗が分かれるところだった。
だから、このカードはほんとに強かった。

激流葬やミラフォも防げて、その後スターダスト・ドラゴンが出てくる。
正直サレンダーしたくなるぐらい、きついカード。

ただ、今ではそんなに罠カード使うデッキもなく、
全体除去カードもそこまで多くない。

また、このカードを採用しても、スターダスト・ドラゴンの枠がない。

そんなこんなで今ではあまり使われなくなったカード。

まあ、馬鹿みたいにトラップ盛りだくさんデッキには
まだまだ居場所はあると思います!

ちなみに、特殊召喚効果がるから、神の警告に無効にされるという小ネタがある。

いろいろ考えたけど、スターダスト・ドラゴンのサポートというより、
スターダスト・ドラゴンがおまけになってんな、このカード。

集いし願い

通常罠
(1):自分の墓地にドラゴン族Sモンスターが5種類以上存在する場合に発動できる。
エクストラデッキから「スターダスト・ドラゴン」1体をS召喚扱いで特殊召喚し、
このカードを装備する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
(2):装備モンスターの攻撃力は、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスターの攻撃力の合計分アップする。
(3):装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊する度に、
自分の墓地のドラゴン族Sモンスター1体を除外して発動できる。
装備モンスターは相手モンスターに続けて攻撃できる。

Z-ONE戦の勝負を決めたカード。
最高に熱い展開から、攻撃力230000ですべてに決着をつけた。

登場からカード化まで、結構時間がたったおかげか、
アニメの効果をしっかり再現している。

効果が決まれば、よっぽどでない限りは相手のライフを0に出来るはず。
罠カードなのが非常に惜しいが。

シンクロモンスターを墓地にためる必要があるが、
今なら教導の登場で少し使いやすさが増している。

マキュラ緩和に伴い、奇襲性も増している。

教導マキュラスターダストか。良い響きだ。
デッキ考察の余地あり・・・だな。

シューティング・ソニック

速攻魔法
(1):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のSモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップ開始時にその相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

恒例の必殺技再現カード。

某召喚獣の技と丸被りなのは気にしない。

全体的に使いやすいカード。
疑似的にサイバース・クアンタム・ドラゴンっぽくなる。

後はリリース効果の肩代わり。
これに関しては微妙なところ。
墓地に行った方が生き残る可能性はあるが、まあケースバイケースか。

この手のカードにしては珍しく、
墓地効果発動の制約に『
このカードが墓地に送られたターンに発動できない』がついていない。

公式がスターダスト・ドラゴンをなめているのが分かる(笑)

とは言え、小回りが利く上に、
スターダスト・ドラゴンの戦闘面の弱さをしっかりカバーしている。
シューティング・ソニック要素はないけど。

スターダスト・ミラージュ

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合に発動できる。
このターンに戦闘または相手の効果で破壊され
自分の墓地へ送られたモンスターを可能な限り特殊召喚する。

確か、シューティング・スター・ドラゴンの必殺技。
ただ、登場は映画。シューティング・スター・ドラゴン登場前である。謎。

なかなか使いにくい効果を持つ。
発動条件と発動したい場面がかみ合っていない。

レベル8以上のシンクロモンスターがいる盤面は、
多分攻められてないから、このカード使う必要がない。
かといって、このカード使うような状況で、
場にモンスターが残っているとも思えない。

何とも悲しみを背負っていそうなカード。

素直にデッキトップに5枚チューナーを置くとか、
そんな感じの効果にしてほしかった。
まあ、そうなるともうスターダスト・ドラゴンサポートですらないけど(笑)

シューティング・スター

通常罠
(1):フィールドに「スターダスト」モンスターが存在する場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

スターダスト限定のサンダー・ブレイク的なカード。

スターダスト自体は場もちが良いので、相性は良い。
しっかりパーミッションしていくだけでシンプルに強そう。

スターダストなら何でもよい。
スターダスト・ウォリアーとか/バスターでも可。
おいやめろ、スターダスト・ドラゴン使えよ!

小技として、
スターダスト・ドラゴンの効果発動→チェーンしてこのカード発動、
で発動条件満たしつつ、きっちり仕事ができる。

オシャレだね。

星屑の願い

永続罠
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが
自身の効果を発動するためにリリースされた場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚したモンスターは攻撃表示の場合、戦闘では破壊されない。

これまた、スターダスト・ドラゴンの弱点をカバーしている。
これがあれば、シューティング・ソニック要らないのでは??
まあ、攻めのカードか守りのカードかって違いがあるか。

戦闘破壊耐性付与は心強い。

そして、ここでみんなスターダスト・ドラゴンのテキストを確認してほしい。
あいつ、破壊無効にターン1が付いていないんだ!(今気が付いた)

そう!つまり、何度でも破壊が無効にできる!
めっちゃ良いやんこれ!最強!

ロマンと実用性を兼ね備えた良いカード。

星屑の残光

通常罠
(1):自分の墓地の「スターダスト」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

まあ、リビングデッドの呼び声でOK。

なんで今更こんなもん作ったんだ!
そりゃリビデと違って、こいつが場を離れてもデメリットはないけど、
スターダストモンスターは大抵リリース→復活するから意味ないぞ!

無理やり差別化を上げるとすれば、
冥府の使者ゴーズの使いやすくなるってところくらい?

いや、苦しいわ!

ちょっと弱すぎるぜ、このカード。

スターダスト・ドラゴンのサポートカード:まとめ

ちゃんと調べたことはなかったから、結構面白かったです。
流石、主人公のエースだけあってかなり豊富なサポート。

アニメが終わってから出たカードも多いため、
非常に的確な強化をもらってるなあって印象。

まあ、7期~8期くらいのアニメカードたちって、
効果改変されてマジで弱かった時代だからなあ。
何だったんだろうね、あの時期。今とは大違いですわ。

結論:やっぱり、カード化は数年寝かせたほうが強くなる!(何の話だ)

スターダスト・ドラゴンの派生、強化モンスター

スターダスト・ドラゴンバスター

効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果及び
このカードの効果でのみ特殊召喚する事ができる。
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、
この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分の墓地に存在する「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚する事ができる。

結構出しやすいわりに、2020年現在でも全然通用するスペックを持つ。
破格のあらゆるカード効果無効。

今は/バスターサポートも豊富で、スターダスト・ドラゴンともども出しやすい。
本当にポンって出てくる。

2体並べれば、まあだいたいサレンダーされる。
/バスター化して打点は3000の大台に乗った。

自身が破壊されてもスターダスト・ドラゴンが出てくる。
相手にするとかなりしぶといカード。
完全に除去するには結構なリソースがかかる。

流石は/バスターモンスター最強のドラゴン。

スターダスト・ドラゴンデッキで勝ちに行こうと思ったら、
やはりこいつを軸にするしかないか?
いや、それは/バスターデッキか?

シューティング・スター・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
Sモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
(1):1ターンに1度、発動できる。
自分のデッキの上から5枚めくってデッキに戻す。
このターンこのカードはめくった中のチューナーの数まで攻撃できる。
(2):1ターンに1度、フィールドのカードを破壊する効果の発動時に発動できる。
その効果を無効にし破壊する。
(3):1ターンに1度、相手の攻撃宣言時に攻撃モンスターを対象として発動できる。
フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
(4):この(3)の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを特殊召喚する。

クリアマインドの曲がかかったら勝ち確。
初登場から、半端じゃなくアニメを盛り上げたカード。

アニメでは白いカードに絵が浮かび上がる描写がある。
このカードはホログラフィックレアがあるので、ある意味原作再現。

遊星が機皇帝を倒すべく生み出した、新たなるアクセルシンクロモンスター。

圧倒的な運命力で毎回5~4回攻撃を繰り出していた。
そしてプラシドを真っ二つにした。

肝心の効果は、かなり微妙。
コストなしの破壊無効と、自身を除外しての攻撃無効。

破壊無効はともかく、この攻撃力で攻撃無効は意味わからん。
ちなみにアニメではフリーチェーンで発動できていた。
機皇帝の吸収効果に対応するためだったんでしょうね。
なぜか、OCGはきっちり吸収されます。悲しみ。

私は長らく勘違いしていたのだが、
こいつが除去されても、スターダスト・ドラゴンは出てこない。
なんか、Z-ONE戦のせいで、そう思い込んでいた。

セイヴァー・スター・ドラゴン

シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3800/守3000
「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」+「スターダスト・ドラゴン」+チューナー以外のモンスター1体
相手が魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし、
相手フィールド上のカードを全て破壊する。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
その効果をエンドフェイズ時まで無効にできる。
また、この効果で無効にしたモンスターに記された効果を、
このターンこのカードの効果として1度だけ発動できる。
エンドフェイズ時、このカードをエクストラデッキに戻し、
自分の墓地の「スターダスト・ドラゴン」1体を選択して特殊召喚する。

決まれば強いよね~ってカード。
でも、無駄にシンクロ条件が厳しい。

セイヴァー+スターダスト・ドラゴンで出せるようにしてほしかったぜ。

効果は豪快そのもの。
無効にした後、全体除去。
後は謎のコピー効果。
確か、攻撃できない自縛神の効果を無効にするためだったはず。

結構アニメに忠実な効果として仕上がっている。
が、弱い。悲しい。

まあ、出せれば強いってのは間違いないでしょうけど。

ちゃんと帰った後は、スターダスト・ドラゴンをよこしてくれる。
そこは評価点。

最近では、守護竜アガーペインから出すというロマンコンボもあったらしい。
あえなくアガーペインが禁止となりその役目を終えた。

スターダスト・ドラゴンの派生、強化モンスター:まとめ

イラストアドは全体的に高め。

実用性はなかなか厳しいところ。

使えなくはないけど、ちょっとな~って感じ。

ファンデッキとしてなら、ありかも?

唯一の希望は/バスター。
あいつにすべてがかかっている。
なぜか、スターダスト・ドラゴンサポートカードはほとんど、
スターダストモンスターを対象にしている。

この辺り、公式がスターダスト・ドラゴンの強さに限界を感じているのか(笑)

スターダスト・ドラゴン:まとめ

勉強になりました~。

ただ、すまん!特にスターダスト・ドラゴンに希望を見いだせず。

でも、途中でひらめいた【教導マキュラスターダスト】は形にする!
お兄さんとの約束だぞ!

ってことで、次回はちょっとそっちのデッキを考えてみます!

きっちり戦えるよなデッキにしたいですね。

スターダスト・ドラゴン自体は、墓穴の指名者に弱いのが痛い。
まあ、スターダスト・ドラゴンに打つ人はいないかもしれんけど(笑)

ということで、スターダスト・ドラゴンの可能性を探る旅でした。

単体で強さを見出すのは難しいというのが私の結論。

とは言え、サポートカードの中から勝ち筋を抜粋して、
それに特化すれば結構良い線行きそう。

せめて、ジャックデッキと戦えるようにしたいな。
あ、ジャンド軸なら戦えるのか?

いや、何かスターダスト・ドラゴン出さなさそうだからジャンドはやめとこう!

ながなが、脱線しましたが、以上になります!

わずかな光明を見いだせて大変満足です(*’ω’*)

ではでは~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました