ドラグニティドライブR発売に備えろ!(個人的)注目カードを紹介!

テーマ考察

遅ればせながら、先日ドラグニティストラクの新規カードの一部が判明しましたね!

強いことは強いのですが、いまいちドラグニティの課題を解決していない印象。
まだ、下級が発表されていないので、それに期待しましょうか。

そして、私たちドラグニティ使いができることは、
発売前になるべく相性の良いカードを集めておくこと!

特に、遊戯王は最近、株っぷりに磨きがかかってきてますしね。

ドラグニティデッキに相性の良いカード

BF精鋭のゼピュロス

効果モンスター
星4/闇属性/鳥獣族/攻1600/守1000
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの表側表示のカード1枚を持ち主の手札に戻して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、自分は400ダメージを受ける。

基本ではありますが、こいつ。
地味に収録数が少なく、今回採録されなければ、微妙に値段上がりそう(200円とか)

種族や召喚条件がすべてメリットとしてドラグニティにかみ合います。
ガジャルグで実質サーチもできますしね。

竜の渓谷のコストにもなるので、よほど強い新規が来ない限りは必須カードでしょう!

ドロドロゴン

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

こいつはもうみんな持ってるかもですが一応。

ドラグニティはドゥクス+ファランクスでレベル6を作れますから。
こいつを出せば、ドラグーンオブレッドアイズに繋がります。
マジ強いですね!

逆を言えば、それぐらいしか使い道はないですけど、
ドラグニティでは貴重な制圧モンスターを出せます。

ストラクの新規や次の改定次第なのが心配ですが、
こいつ自体は安いのでまだ持ってない人は買っておこう!

ハーピィ・ハーピスト

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守 600
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、
フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):このカードが召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールドの鳥獣族モンスター1体と
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから攻撃力1500以下の鳥獣族・レベル4モンスター1体を手札に加える。

よく見ると、鳥獣族をサーチできるようになっている。
ドゥクスは1400なのでサーチ可能。
貴重なサーチ枠ですね。竜の渓谷に依存しないのは〇。

再録が少ないので、もし高騰したら300円とか超えてしまうかも?
買うなら今のうちか。

トライデント・ドラギオン

シンクロ・効果モンスター
星10/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守2800
ドラゴン族チューナー+チューナー以外のドラゴン族モンスター1体以上
このカードはシンクロ召喚でしか特殊召喚できない。
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊できる。
このターン、このカードは通常の攻撃に加えて、
この効果で破壊したカードの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃できる。

貴重なワンキル要因。
最近、5D’s期のシンクロモンスターが値上がりしてるので
個人的には警戒している一枚。

ガチデッキ相手でも、割と通る。
レヴァテイン+ファランクスで簡単に出るし、
竜の渓谷ともう1枚破壊すれば3000×3回攻撃。

ドラグニティ自体、妨害を受けやすいので、
レヴァテイン1枚からワンキルできるこいつは頼もしい。

ハーピィの羽根吹雪

通常罠
自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

一時期高騰したカード。今はだいぶ落ち着いているかな。

風属性・鳥獣族が居れば発動できるので、発動条件は満たしやすい。
ドラグニティでは、相手ターンの妨害のほか、
自ターンの手札誘発のケアに使っていける。というかこっちがメインか?

ドラグニティは、性質上あらゆる手札誘発が刺さるので、
そいつらを一枚でケアできるこのカードは頼もしい。

また、ハーピィ・コンダクターはドラグニティでも無理なく出せるので、
リンク召喚しておけば、このカードを警戒させられる。

無限泡影や墓穴の指名者をカバーできない点には要注意。

ハーピィ・コンダクター

リンク・効果モンスター リンク2/風属性/鳥獣族/攻1900 【リンクマーカー:左下/右下】 風属性モンスター2体 このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。 (2):自分フィールドの「ハーピィ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、 代わりに自分フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。 (3):このカード以外の自分フィールドの表側表示の「ハーピィ」モンスターが自分の手札に戻った場合、 相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

上記の、ハーピィの羽根吹雪要因として。

ドラグニティ・ロムルスよりも出しやすい条件なので一応差別化はできる。
ただ、効果は構築次第では意味がない。

採用自体はデッキタイプによるところが大きいか。

リンクヴレインズパック出身なので、高騰はしないだろうが一応紹介。

ヴァレルロード系ドラゴン(特殊召喚制限のない大型ドラゴン)

新規カード、ドラグニティ・グローの登場で、
ドラグニティが装備しているドラゴンを場に出せるようになりました。

ヴァレルロード系のような、特殊召喚モンスターではない
強力なドラゴン族は評価が上がるはずです。
もともと、ヴァレルロード系はそこそこ値段しますしね。

序盤、ヴァレルロード系で戦って、中盤あたりにポンっと復活してきたら
相手からするとたまったもんじゃないですよね。

もちろん、他にもレダメやクリア・ウィングなど、
ドラゴンには強力なモンスターがたくさんいますから、
レヴァテインですべて吊り上げられるのが非常に強力。

ドラグニティ・グロー、非常にかみ合ったモンスターですね。

普通のドラゴンデッキに、ドラグニティ・グロー+ドラグニティ・レヴァテインを
出張させるセットが流行りそうですね!

ドラゴンテーマがはかどりそうです!

ドラグニティドライブR発売に備えろ!(個人的)
注目カードを紹介!:まとめ

相性の良いカード考察でした。
まあ、既出かもかもしれませんけど、参考になれば幸いです。

ハーピィの羽根吹雪は、採用圏内の強力カードだと思います!
上手くかみ合わせれば、誘発なしでも結構強いデッキになりそうです。

あとは、新規のドラグニティ・グロー!
こいつはドラグニティ+ドラゴン族のサポートですね。
ドラゴン族をここまでサポートするとは、規制が怖いですが・・・。

何はともあれ、ドラグニティについてのお話でした!
新規の続報も楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました