【今更】2021年10月のリミットレギュレーションについて考える【影響を受けるデッキは??】

環境考察

先走ってリミットレギュレーション後の電脳堺の展開を考えてましたが、

肝心の内容に触れてませんでした(笑)。

もうみなさんご存じとは思いますが、私なりの考察をします。

で、いきなり結論。

  • 強化されたデッキ→鉄獣戦線、勇者ギミック、デストロイフェニックスガイギミック、恐竜、相剣
  • 弱体化されたデッキ→電脳堺、ジェネレイド、閃刀姫、エクシーズテーマ全般
  • 環境の入れ替わり→恐らく、電脳堺が若干落ちる程度。他はほぼ変わらず。

こんな感じですかね。

正直、今の環境はどのデッキもゴールが似通っていました。

そのゴールたる、VFDが規制される=平等に打撃を受けるってことかと。

もちろん、VFDを使用していないデッキは、相対的に若干強化されましたが。

とは言え、VFDがハイペリュトンになっても、そんなに変わらんのでは?って気もする。

ハイペリュトンの場合は、魔法罠に強いですからね。

ま、そんなこんなな今回のリミットレギュレーション。

もう少し掘り下げていきます!

【今更】2021年10月のリミットレギュレーションについて考える

まずは、肝心の内容ですが以下の通りです!

新たに禁止になるカード

真竜皇V.F.D.【制限⇒禁止】

魔鍾洞【制限⇒禁止】

新たに制限になるカード

PSYフレームギア・γ【準制限⇒制限】

天霆號アーゼウス【無制限⇒制限】

新たに準制限になるカード

魂喰いオヴィラプター【制限⇒準制限】

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン【制限⇒準制限】

強欲で貪欲な壺【無制限⇒準制限】

抹殺の指名者【無制限⇒準制限】

制限が解除されるカード

未界域のネッシー【準制限⇒無制限】

転生炎獣の炎陣【準制限⇒無制限】

精神操作【準制限⇒無制限】

ペンデュラム・コール【準制限⇒無制限】

まずは禁止から触れていきましょう。

新禁止カードの影響を受けるデッキは??

  • 真竜皇V.F.D.【制限⇒禁止】
  • 魔鍾洞【制限⇒禁止】

なんといっても、今回の目玉!

ついにVFDが禁止になりましたね。

VFDは、電脳堺はもちろん、ハリファイバーが出れば出せるってレベルで、

色んなデッキで使用されていて、なおかつ強力すぎる効果でヘイトを集めていました。

汎用性と凶悪さが両立している点が禁止の原因でしょうね。

登場当時は、ランク9は出しにくかったのですが、

今やあらゆるルートから届きますもんね。アウトです(笑)。

お次は魔鍾洞。

これは、魔法除去ができなければ、デュエルにならないって点を受けてのことかと。

ただのロックと違い、シンプルにつまらないですからね。

大会での時間稼ぎも問題視されてそうですし。

魔鍾洞の禁止で、しぶとく生き残っていた閃刀姫は痛手ですね。

ドロソの強欲で貪欲な壺も規制されましたし、新たに構築を練り直す必要がありそう。

新制限カードの影響を受けるデッキは??

  • PSYフレームギア・γ【準制限⇒制限】
  • 天霆號アーゼウス【無制限⇒制限】

γの規制は意外でしたが、先攻有利をなくすためなのだと思います。

というのも、今流行している、フュージョンデステニーやアラメシアの儀に対する、

手札誘発をケアするためにγが持ちいられているので。

PSY使いには痛いでしょうが、先を読んだ良い改定だと思います。

(直接デストロイフェニックスガイセット潰してほしいけど)

アーゼウスは妥当です。

あんなパワーカード、1回だけですね(笑)。

でも、1回だけなら、エクシーズの希望として良い塩梅だと思うので。

それに、最近高騰していたのに、何枚もいるのきつかったし(笑)。

新準制限カードの影響を受けるデッキは??

  • 魂喰いオヴィラプター【制限⇒準制限】
  • レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン【制限⇒準制限】
  • 強欲で貪欲な壺【無制限⇒準制限】
  • 抹殺の指名者【無制限⇒準制限】

オヴィラプターとレダメは往年の強力カードですね。

ともに、種族全般の強力なサポートという側面がありますから、

恐竜出張ギミックや、ドラゴン族デッキは強化されますね。

私のアモルファージも喜んでいます(笑)。

とは言え、公式も分かったうえでの解除だと思いますが、

これら解除したところで、一躍環境トップ!っていうデッキはないと思います。

今まで中堅以下だったデッキが帰ってくるって程度にとどまるかなあと。

強貪と抹殺は、汎用枠の規制ですね。

どちらも、先攻有利を加速させるカードです。

特に抹殺は多くの出来で3枚採用されていたので、今後その枠に何が来るか楽しみです。

強貪も、大抵のデッキで採用されていて、

先攻での手札増強を図り、相手ターン用に手札誘発を引き込めたりもするので。

いや~、今回の改訂、分かってますねえ。

新制限解除カードの影響を受けるデッキは??

  • 未界域のネッシー【準制限⇒無制限】
  • 転生炎獣の炎陣【準制限⇒無制限】
  • 精神操作【準制限⇒無制限】
  • ペンデュラム・コール【準制限⇒無制限】

解除枠は、もうほとんど暴れていないデッキから選出ですね。

精神操作は結構謎だったので、良いかと思います。
(個人的には、VFDを処理できる可能性があるカードなので、もっと前に解除すべきかと思いますが)

他は、未界域・転生炎獣・魔術師から、軸となるカードたちが解除。

これらのデッキは、若干パワーを取り戻しますね。

どのデッキも、たま~に大会で見かけるレベルなので、

環境を変えるまではいかないまでも、大会プレイヤーが握るデッキの選択肢にはなるかも。

環境の多様性を助長させつつ、壊さない、絶妙さがあると思います。

【今更】2021年10月のリミットレギュレーションについて考える【影響を受けるデッキは??】

総じて、今回の改定は、素晴らしい調整だと思います。

ただ、半年遅いって印象は否めませんが。

とは言え、きっちり規制をかけるところと緩めるところを分かっている感じが良いです。

先攻有利を緩和しようという意志も見えますし。

ただ、懸念点は、やはりデストロイフェニックスガイと勇者ギミック。

これらが、今年中は暴れ倒すことが確定。

しかも、デッキパーツは高騰の一途。

久々に大会レベルのデッキを組むのに、高額カードが必要な時代が来ました。

4000円越えのカードがいる環境は、ジャンドとかその辺までさかのぼる気がします(笑)。

いや~辛い時代です。

ちなみに、デストロイフェニックスガイと勇者ギミックについては↓の記事をどうぞ!

【汎用出張セット】デストロイフェニックスガイが優秀過ぎる件【どのデッキにも入る】
【テーマ研究まとめ】見ればすべてが分かる!勇者トークン~デッキレシピや解説、回し方~【遊戯王】

そして、今回の改定で迷える電脳堺使い達は↓の記事をどうぞ!

【遊戯王】真竜皇V.F.D禁止後の電脳堺の展開ルート紹介!あなたはハンデス派?それとも制圧派?【VFD禁止でも全然強いぞ】

次回は、デストロイフェニックスガイ禁止と聖殿の水遣い制限かな??

ってことで今日はこの辺で!

バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました