【2021年10月】リミットレギュレーションの予想をしてみる!【遊戯王】

環境考察

はい、今回は次回、2021年10月のリミットレギュレーションを予想してみようかなと!

こういうの、まだやったことなかったし、初の試みってことで!

では、早速やっていきましょう!

禁止カード予想

まずは、新たに禁止カードに指定されそうな連中を予想していきます!

スポンサーリンク

真竜皇V.F.D.

エクシーズ・効果モンスター(制限カード)
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

これはまあ、今の環境の中心だし、禁止を望む声も大きいですからね。

ただ、個人的にはやめてほしい(笑)。

禁止にするなら、強力なランク9も追加で欲しいところです。

VFDは、今は、

相剣真竜皇、電脳堺をはじめとした幅広いデッキで見られるカードですね。

このカードを出すためだけに採用するカードや展開ルートもあるくらいで、
実際出ると効果は強力無比。

実質そのターン中のモンスター効果を封殺する様は、
あの、ショックルーラーを思い出します。

ただ、弱点もあって、シンプルに魔法罠の除去に弱い点がありますね。

ライトニングストームなど、最近はしっかりサイドに採用されていますから。

当然、このカードの横に、バロネスなどが立ってくるとやばい盤面ですが、
そこまでになってくると、もうVFDだけが悪いって問題じゃないですね(笑)。

屈指の強カードだが、環境的には鉄獣戦線に対抗するためのカードでもある。

このカードだけを規制するのはまずないだろうし、
そうなると鉄獣戦線側にも何らかの規制が入るはず。

制限カード予想

お次は制限カードの予想です。

鉄獣の抗戦

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ選んで効果を無効にして特殊召喚し、
そのモンスターのみを素材として「トライブリゲード」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

今、相当暴れているカード。

罠ゆえの遅さはあるが、先攻を取った鉄獣戦線は、このカードのおかげで最強になっている。

墓地アドを回復しつつ、ナーベルやキッドの墓地効果を発動させつつ、
シュライグをリンク召喚してカードを除去。

1枚で、10アドくらいたたき出すバカみたいなカード(笑)。

とにかく強いので、制限になりそう。

ベアブルムでサーチは効くが、2発目はないってだけでも打撃にはなるかなと。

シュライグ制限は考えましたが、まずはこっちを規制してみて止まらなければ、ってなりそう。

フュージョン・デステニー

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・デッキから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
「D-HERO」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに破壊される。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は闇属性の「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。

これも。

まあ、これに関しては素引きしても大丈夫だからこそ制限に、って感じ。

アナコンダ禁止は、一生ないと思うので、
規制するならまずはこっちだと思います。

1枚になるだけでも、安定感は下がるし、
アナコンダ必須の状況を要求されるので、アナコンダを止めれば、デストロイフェニックスガイは
出てこない、って環境にしてしまえばいいのかなと。

ただ、デストロイフェニックスガイに関しては、規制が入るのはもう少し後な気がします。

天霆號アーゼウス

エクシーズ・効果モンスター
ランク12/光属性/機械族/攻3000/守3000
レベル12モンスター×2
「天霆號アーゼウス」は、Xモンスターが戦闘を行ったターンに1度、
自分フィールドのXモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て墓地へ送る。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカードが
戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
手札・デッキ・EXデッキからカードを1枚選び、
このカードの下に重ねてX素材とする。

VFDもそうだけど、デッキの個性が無くなるって意見があるのでね。

でも、こいつを規制されて一番困るので、中堅以下のデッキ。

VFDやアーゼウスを出せるから、デッキパワーの差を埋めることも可能なわけで、
個人的には必要悪な気もします。どちらもね。

アーゼウスは、どんなエクシーズテーマでも出せる汎用性の高さと、
出しやすさの割に持っている効果が強力すぎる。

基本は後攻で捲るためのカードなので、
先攻制圧が基本な現代遊戯王で、アーゼウスが無くなるのはまずいかも、と思ったりもするから、

禁止ではなくて制限と予想しました。

鉄獣戦線 フラクトール

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1900/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。
(2):自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。

鉄獣戦線を規制するなら、ここかなと。

初動だし、キッド→ナーベルで、
墓地を肥やしつつサーチできるので非常に強力。

今は、天キがあるから何とかなっているけど、
制限カードになれば、かなりパワーは落ちるはず。

フラクトールと鉄獣の抗戦が制限になれば、
鉄獣戦線が頭一つ抜けている状況は多少収まると思いますね。

ま、個人的には鉄獣戦線は4個くらいデッキあるので規制かからないで欲しいです(笑)。

準制限カード予想

準制限の予想ってかなり難しいですね(笑)。

オルフェゴール・ガラテア

リンク・効果モンスター(制限カード)
リンク2/闇属性/機械族/攻1800
【リンクマーカー:右上/左下】
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。

SRベイゴマックス

効果モンスター(制限カード)
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「SRベイゴマックス」以外の
「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

氷結界の龍 トリシューラ

シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札・フィールド・墓地のカードをそれぞれ1枚まで選んで除外できる
(手札からはランダムに選ぶ)。

どれも、解除予想です。

準制限は正直分からんですね。

最近の傾向的には、規制をかけるなら禁止or制限って印象。

準制限は、制限から解除するときの様子見って扱いな気がするので。

この他にも、今は環境から消えているテーマのキーカードがあるので、
その辺はいつ解除されてもおかしくないかなあと。

特に、トリシューラはもういいでしょ(笑)。

規制解除

これは、自身を持って1つだけ!(外れたら恥ずかしいな(笑)。)

墓穴の指名者

速攻魔法(準制限カード)
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及び
そのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

デストロイフェニックスガイの流行、真竜皇の台頭、
鉄獣戦線の抑制、などなど。

そして何より、このカードのおかげでエクソシスターが活き活きできる!

以上の理由から、墓穴の指名者は無制限になると思いますね。

このカードが帰ってくる=ほかの手札誘発が弱くなる、
ですが、そうなったらなったで、γやニビルの採用が増えるでしょうし。

それよりも、やっぱりデストロイフェニックスガイの抑制ですね。

多分ですけど、このカードが戻ってくれば、ある程度デストロイフェニックスガイはおとなしくなる、
と思いますけどね。

【2021年10月】リミットレギュレーションの予想をしてみる!【遊戯王】:まとめ

ま、色々書きましたけど、そんな意見もあるんだなあ程度で(笑)。

ただ、結構安パイなところ選んでると思うし、まあまあ当たると思っています。

個人的には、使っているカード多いので、実は当たらないで欲しいですが。

まじめに考えると、
VFDと鉄獣戦線は一蓮托生だと思っています。

片方が規制されるってことはないでしょうから、規制が来るなら同時だと思います。

アナコンダ禁止は、ハリファイバールートで回避すると思っていますけど、どうでしょうか?

アナコンダのせいで融合のデザインがしにくいってよく聞くけど、
ぶっちゃけデッキ融合の時点で大概でしょ。

フュージョンデステニーなんて、アナコンダ使わない方が強いんだし、
アナコンダではなく融合カード本体を規制すると考えています。

さて、どこまで当たるか、来月を楽しみに待っています(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました