【中立から分析する】ゲートルーラー炎上まとめ その8 池っち店長ディスコードでの恫喝事件とTwitterアカウント削除事件

ゲートルーラー

前回↓

【中立から分析する】ゲートルーラー炎上まとめ その7 海外展開の過程での池っち店長の発言が炎上

今回で、ゲートルーラーの負の側面を取り上げるのは最後です。

今後は、もしかしたら私もゲートルーラーをプレイするかもです。

っていうのも、今回取り扱う事件以降、
ゲートルーラー運営からは、ゲームを盛り上げよう、という前向きな姿勢が感じられるから。

面白いTCGになっていくのなら、当然興味はありますから。

ということで、そのゲートルーラーの負の側面の一因を担っていた、
池っち店長に関する炎上事件を取り上げていこうと思います。

この件、正直TCG史上最もヤバいレベルの炎上事件だと思います(笑)。

ゲートルーラー炎上騒動:池っち店長がディスコードで視聴者に個人情報の提供を強要する事件が起きた

世間では、『ゲートルーラー恫喝事件』と言われていますね。

まあ、正直なところ、『恫喝』は大げさというか誇張表現ではありますが、
もう定着しているので、ある種ネタ的な意味でも本記事では『恫喝』で通します。

まずは、下記ツイートを見ていただければと思います。

読むの面倒な方のために、3行で解説すると

  1. で池っち店長たちが雑談中、視聴者が『いつゲートルーラーの話になりますか?』と質問
  2. その発言が気に食わなかったのか、池っち店長が質問者に『声出せ!!』と発言
  3. 質問者に、年齢や名前などを言うように強要

と、こんな感じ。

このときの音声も動画として残っています。

私も少し聞きましたが、なんかこう、すごく不愉快になったので最後まで聞けませんでした。

おそらく、ニコニコ動画にはまだ元の動画があるはず。

気になる方は探してみてください。
(私は気分悪くなったので、自己責任で)

では、この騒動の問題点を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゲートルーラー恫喝事件の問題点:純粋なファンの気持ちを踏みにじった

もちろん、被害にあわれた方が、どう思われているかは知りませんが、

音声を聞く限り、彼は純粋にゲートルーラーのファンだったように思います。

というのも、この事件が起きる前日くらいに、
池っち店長はTwitterで『私のディスコードでは、気軽に私に質問できるのがメリット』
見たいなツイートをしていました。

恐らく、彼もこのツイートを見て、ディスコードで質問してみよう!と思ったんでしょう。

事実、ゲートルーラー関係ない雑談が続く中で、
『いつゲートルーラーの話しますか?』は出てしかるべき質問。

普通の人間なら、
『ああ、関係ない話題で盛り上がってしまった。じゃ、ゲートルーラーの話しましょうか』

みたいな対応になるはずです。

それか、『ゲートルーラーの話はもう〇〇分待ってね』とかでもいいですよね。

ですが、池っち店長の何か地雷に当たっちゃったのか。

いきなり『声出せ!!』ですよ。

恐らくですが、池っち店長はアンチに叩かれ過ぎて、
なめられまいと強気でいったんだと思うんです。

ある種の恐怖が彼にもあったのでしょうね。

ですから彼に全く同情の余地がないわけではないと思います。

自分が好き勝手出来る最後の空間を、アンチに侵されたくないと。

その結果が、この過剰反応だったのでしょうし、『恫喝』に繋がったのでしょう。

結局のところ、この被害にあわれた方は、
『今ゾンビデッキを使っていて、新しいパックでゾンビカード出るかなあ』
って聞きたかっただけのようです。

涙が出ますよ。純粋なファンじゃないか。

完全にターゲットを読み間違えた池っち店長と、
不運としか言いようのない事件に巻き込まれた質問者さん。

ゲートルーラー炎上の一連の騒動の最終結末といえるかもしれないです。

ゲートルーラー恫喝事件の問題点:『声出せ!!』という非常に高圧的な発言と個人情報を出すように命じたこと

問題となっている、池っち店長の『声出せ!!』という発言。

文字で見るとなんてことないですが、
音声を聞くと、かなりびっくりすると思います。

その言葉が来ると分かっていて、音声を聞いた私も、その語気の強さに驚きました。

まさかそんなこと言われるとは思っていなかった被害者にとっては、
相当な驚きと恐怖があったのではと推察します。

だって、TCGの話題でそんな脅されると思わんじゃないですか(笑)。

そこから、

『君はどんな人?何歳?それが分からないとお話しできないよ?』

と、まるで馬鹿にしているような話し方をする池っち店長。

恐らく、まともな精神状態ではなかったのでしょうね。

池っち店長の中では、『こいつもアンチだ!』と決めつけて、
今まで自分を叩いてきた人=目の前の質問者と捉えてしまい、

池っち店長アンチすべてに対する復讐を、
質問者さんにしてやろう!そんな思いというか、感情の爆発があったのかもですね。

それでも、池っち店長は一経営者ですし、何十年も社会人をしています。

企業の名前で運営しているディスコードでこのような発言、許されるわけはないのですが。

本当に、この炎上騒動は、池っち店長のこれまでのすべてが出てきたなあ、と思ってしまいます。
良くも悪くも、ね。

でも、それだけに、わずかではありますが、池っち店長に同情します。
私も、もし池っち店長のように叩かれ続けたら、あのような言動してしまうかもですし。
(もちろん、池っち店長が叩かれていたのは、多くは自業自得ですが)

ゲートルーラー炎上騒動:池っち店長Twitterアカウント停止事件と、池っち店長の終焉

『ゲートルーラー恫喝事件』からほどなくして、
ゲートルーラー公式から、上記ツイートをが発表されました。

余談ですが、当ブログでは、この数日前からゲートルーラー炎上のまとめ記事を書いていて、
この発表の直後は記事のPVが爆上がりして怖かったです(笑)。

まあ、それはさておき、この公式の発表からまた数日経ち、
ゲートルーラー運営より、『恫喝事件』の謝罪動画が公表されました。

涙ながらに謝罪を行う広報Sさんが印象的なこの動画。

ちなみに、池っち店長の処分は下記ツイートを見てください。
(あえて処分については触れないです。一企業の判断だし、色々事情もあるでしょうから)

で、この一連の池っち店長の処分発表と謝罪について、これまたプチ炎上しました。

それが、

謝罪の場に池っち店長が表れていない+池っち店長のTwitterアカウントが不定期で復活している

この2点。

順を追ってみていきましょう。

まずは、謝罪動画を見られた方はお判りでしょうが、
終始池っち店長が出てきません。

その代わりに、おそらく20代中盤とみられる広報Sさんが涙ながらに謝罪しています。

いや、当の本人出て来いよ、と(笑)。

流石に誰が見ても筋が通っておらず、炎上。

Twitterアカウントでも、謝罪はなく、
かたくなに騒動に対する池っち店長本人の謝罪はありませんでした。

個人的には、彼は今や代表でもなんでもなく、ただの平社員なので、
表立って謝罪する必要はないと思います。

だって、企業不祥事でも、
平社員は出てこないじゃないですか。それと一緒です。

とは言え、池っち店長はフォロワー3万人越え、
TCGショップの経営者、ゲートルーラーを立ち上げた人間、と様々な肩書があります。

立場上は平社員でも、実質的には謝罪しなければならない人物ですよね。

ま、これ以上はやめておきます(笑)。

池っち店長が謝罪しない責任取らない。
この事実は、とかくTCG界隈に大きく広まり、
今後彼がTCG業界で活動する際には一生後ろ指を指されることになるでしょうね。

で、お次は後日談になります。

池っち店長のTwitterアカウントが削除されたのですが、
なんと先日復活しておりました。

というのも、言いたいことだけ言って即アカウント削除。

これを繰り返しております。

1回目は、最近見た映画の感想を何食わぬ顔で投稿。

呆れて物も言えませんが、まあ、個人アカウントなので好きにしてくれと。

問題は2回目。

はい、もう、完全に擁護の余地もなくなりました。

ゲートルーラーとコブラのコラボについて、池っち店長がツイートしています。

そして、今の運営の広報はつまらん、的な発言と、
コラボ元から『こんな感じの広報のやり方は許可もらっていたのに』と。

はい、情報漏洩(笑)。

ブシロード訴訟問題から何も反省していません。彼は。

ゲートルーラー運営が、池っち店長が落としたイメージを回復しようと、
頑張っている矢先、まさかの運営批判+情報漏洩。

言葉は汚いですが、まさに足を引っ張るだけの老害です。

この発言を受けて、もしかするとゲートルーラー運営が彼を訴訟する可能性も出てきました。

その時は、また、TCG業界を悪い意味で盛り上げてくれそうです。

【中立から分析する】ゲートルーラー炎上まとめ その8 池っち店長ディスコードでの恫喝事件とTwitterアカウント削除事件:まとめ

ゲートルーラー炎上騒動はこれでひと段落しました。

恐らく、今後ゲートルーラーが燃えるとしたら、
まっとうなTCGの内容についての炎上だと思います。

インフレとかそういう感じのね。

でも、池っち店長。

彼は、おそらく一生TCG業界で叩かれながら生きていく運命が決まってしまいました。

ブシロードとゲートルーラー、二つの企業の情報漏洩や批判を行ったからですね。

そんな人、誰も一緒に仕事したくないですよね。

本当に、池っち店長という人物は救いようのないと、最後の最後でわかりました。

そしてこれだけはくれぐれも。

今後、池っち店長が炎上しても、ゲートルーラーは叩かない、アンチの方は肝に銘じてほしいです。

TCGに罪はないですからね。

最後に、私がこのゲートルーラー炎上騒動で学んだことを少々。

  1. SNS運用は諸刃の剣。ポジティブな内容だけを発信して、批判や炎上に加担しない
  2. 謝罪は必要。あるのとないのでは天と地の差
  3. 自身への批判は気にしない、調べない。それでも耳に入ってくる批判は意義のあるもの

すごく良い学びをもたらしてくれました。

そういう意味では、池っち店長に感謝です。

そして、池っち店長。彼は表に出てはいけない人物ですね。
SNSですら、彼に与えるのはまずいです。
恐らく、彼もその周りの人間も分かったと思いますが。

また、今回の騒動、池っち店長の周囲の人間の動きが気になりますよね。

正直、彼を諫めたり叱る人間はいなかったのか?と思ってしまいます。
イエスマンばかりだったのか、炎上商法を良しとしたのか。

もし、後者なら、すべての炎上騒動は、
池っち店長の周囲の人間が黒幕なのかも、と思ってしまいます。

ま、そんなこと、私が知る由はないですが(笑)。

それでは今日はこの辺で!

バイバイ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました