【新規カード紹介】Vジャンプ 2021年 09月号は購入すべき?【アウトバースト・ドラゴン】

カード考察

さて、毎月恒例のVジャンプ付属カード考察!

今回の新規カードは、アウトバースト・ドラゴン!

最新のパックでヴァレットの新規が表紙だったのもあってのサポートですね。

ただ、先月のアストラルクリボーに比べると人気はなさそう。

新パックはヴァレットより、ふわんだりぃいずや相剣、D‐HEROが話題をさらいましたからね。

確かに、ヴァレットって構築が難しいし、
安定感には欠けるんですが、その分コンセプトが面白い良いテーマだと思うんですよね。

ま、そんな私はヴァレット登場時から、
毎回強い構築思いつかなくて悩み続けて早3年なんですけどね(笑)。

ヴァレットは自分のモンスターを破壊する余裕がないんですよね。

でも、今回のアウトバースト・ドラゴンは、そんなヴァレットのお悩み解決。

全て壊すんだ!(自分の場を)なドラゴン、見ていきましょう!

アウトバースト・ドラゴン

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2100/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このカード以外の自分フィールドのモンスターを全て破壊する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてドラゴン族リンクモンスター1体をリンク召喚する。

ヴァレット新規だけあって、自分のモンスターを破壊できる効果を持っています。

モンスターがいるときに特殊召喚という、
サイバードラゴンとは逆な条件も面白いですね。

特殊召喚しつつ、破壊をトリガーとするモンスターの効果を起動できます。

ただ、デメリットとして、このカードがいるときは、
闇属性ドラゴン族しか出せなくなります。

このデメリットいるか??
これのせいでかなり構築狭まるんだよなあ(笑)。

2の効果はアクセルリンク召喚効果。

これは新鮮ですね。

闇属性ドラゴン族に限られるとはいえ、リンクモンスターであれば、
そのステータス帯には強力なモンスターも多いですね。

では、もうちょっと深堀していきましょうか。

破壊をトリガーとするアウトバースト・ドラゴンと相性の良いモンスター

ここでは、ヴァレット系列のモンスターは除外して考えますね。

相性良いのは当たり前なので。

スポンサーリンク

インヴェルズ・オリジン

遊戯王/インヴェルズ・オリジン(スーパーレア)/LINK VRAINS PACK
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥96(2021/07/31 15:45時点)
リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/悪魔族/攻2000
【リンクマーカー:上/下】
「ヴェルズ」モンスター2体
(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにEXデッキからメインモンスターゾーンにモンスターを特殊召喚する場合、
このカードのリンク先にしか出せない。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在する限り、
このカードは効果の対象にならず、戦闘・効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
その破壊されたモンスターの数まで、デッキからレベル4以下の「ヴェルズ」モンスターを守備表示で特殊召喚する。

3の効果を活かすために。

このカード自体は、2の効果で耐性を得られるので、
アウトバースト・ドラゴンの効果で破壊されるのを防げる。

理想は、このカードのリンク先にモンスターがいる状態で、アウトバースト・ドラゴンを出すこと。

2体でも巻き込めれば、3の効果でヴェルズ・ザッハークを出して、
ヴェルズ・オピオンに繋げられる。

ちょっとロマン寄りではあるけど、
ドラゴン軸のヴェルズってのも面白いと思いません??

ヴェルズヴァレット、意外とありだと思うんだよなあ。

オーバーフロー・ドラゴン

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターが効果で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
2体以上のフィールドのモンスターが効果で破壊された時に発動した場合、
さらに自分フィールドに「オーバーフロートークン」(ドラゴン族・闇・星1・攻/守0)1体を特殊召喚できる。

まあ、リボルバーのサポートって感じだけど一応紹介。

ヴァレットを巻き込みつつ、このカードを出せば、
最大で3体のリンク素材を確保できる。

強力なヴァレルコード・ドラゴンを出しつつ、
ヴァレットの効果で後続をリクルートって動きもできる。

アウトバースト・ドラゴンで相手ターンにリンク召喚もできるので、
ヴァレット2体を破壊しつつアウトバースト・ドラゴン
→オーバーフロー・ドラゴンとトークン生成
→ヴァレットのエンドフェイズリクルート
→5体でヴァレルエンド

って流れも一応できる。

選択肢としては面白いかなと思うので、お試しあれ。

クロスローズ・ドラゴン

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻 800
【リンクマーカー:左/下】
種族が異なるモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードと自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
EXデッキから「ローズ」Sモンスターまたは植物族Sモンスター1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドのモンスターが効果で破壊された場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の墓地から「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

種族と属性がかみ合っているし、ありかなって思います。

アウトバースト・ドラゴンとのシナジーは、2の効果。

下準備が必要ですが、ローズドラゴンデッキでは、
ブラックローズを温存しつつトリガーになれるので優秀かなと。

ヴァレットの以外の活躍の場を何とか見つけたいし、
ローズドラゴンデッキに、インターンシップに行ってほしい、アウトバースト・ドラゴン君。

Sin トゥルース・ドラゴン

特殊召喚・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):「Sin トゥルース・ドラゴン」以外の自分フィールドの表側表示の
「Sin」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、LPを半分払って発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
(2):「Sin」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(3):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。
(4):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。

sinでは、このカードの特殊召喚のトリガーになりますね。

まあ、sin共通効果で破壊されると出てくるんだけど、
このカードも自壊するからね。

いきなり出てくるって当たり、sinではありなのかなと。

自壊を回避するために、
フィールド魔法の除去に対して、アクセルリンクでsinを素材にするって動きもできるし。

可能性の一つとして。

アウトバースト・ドラゴンは買った方が良い??

さて結論。

今月のVジャンプですが、私はスルー!ですね~。

というのも、安くなりそうだし、
シンプルにヴァレットに枠がないかな?って思います。

微妙な効果の割には、縛りがきついっていう、
アストラルクリボーを見習ってほしいカード。

ただ、ヴェルズヴァレットデッキにはちょっと惹かれるので、
もしかしたら、買っちゃうかも(笑)。

ってことで、アウトバースト・ドラゴンでした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました