【テーマ研究】ふわんだりぃずと相性の良いカードたちはどれか?

テーマ研究

前回↓

【テーマ解説】ふわんだりぃずは強いのか??【遊戯王】

今回は、 ふわんだりぃずデッキに相性の良いカードたちを探していきます。

砂原のない頭で必死に考えましたので、
ご参考になれば幸いです!

ふわんだりぃずと相性の良いカードたち

スポンサーリンク

超重禽属コカトリウム

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守 900
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):デッキからレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは除外したモンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベルになる。

特殊召喚効果は、非常事態用ですね。

真価を発揮するのは2の効果。

実質、下級ふわんだりぃずはサーチできるようなもの。

効果はコピーしたりしないので、すのーるなどで召喚権を増やしている場合なら、
強く使っていけるかなと思います。

とは言え、ネタの域は出ないかな?と思ってはいます。

でも、こいつ付録で3枚買ったのに全然使い道ないから使いたいんだよな(笑)。

烈風帝ライザー

遊戯王 DUEA-JP041-SR 《烈風帝ライザー》 Super
遊戯王 (DUEA)ザ・デュエリスト・アドベント
¥1,640(2021/07/31 15:54時点)
効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚と自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動する。
そのカードを好きな順番で持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードが風属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●フィールドのカード1枚を対象として持ち主の手札に戻す事ができる。

気が付いたら高騰してますね(笑)。

最近こんなんばっかや。私は、まあ昔からやっているから意外に持ってるけど、
新規プレイヤーが組む時にはきついよな。

うまく再録増やしてくれ!

で、肝心の効果は、ふわんだりぃずに不足しがちな除去効果。

デッキトップバウンスなので、ドローロックを兼ねる非常に強力な除去。

基本は、追加効果も発動できるだろうし、
その場合は、自分のカードも戻せるので、覚えておこう。

未知の風は、相手ターンでは特に効果もないので、保護の意味で持っておくのも手。

高騰しているだけあって、ふわんだりぃずの弱点を補えるカード。

後攻で弱いって課題も、ギリギリではあるが、このカードで解決できるようになった。

霞の谷の巨神鳥

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2700/守2000
このカードの効果は同一チェーン上では1度しか発動できない。
(1):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの「ミスト・バレー」カード1枚を対象として発動できる。
その自分の「ミスト・バレー」カードを持ち主の手札に戻し、その発動を無効にし破壊する。

パーミッションの選択肢として。

ただ、枠がきついし、烈風帝の方が無難そう。

値段の割には、ふわんだりぃずでは活躍しなさそう。

あくまでも、王神鳥シムルグやP召喚で出てくるのが強いって評価だしね。

地縛神 Wiraqocha Rasca

効果モンスター
星10/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):「地縛神」モンスターはフィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが召喚に成功した場合、
相手の手札の数までこのカード以外の自分フィールドのカードを対象として発動する(最大3枚まで)。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、戻した数だけ相手の手札をランダムに選んで捨て、
このカードの攻撃力は捨てた数×1000アップする。
(3):このカードは直接攻撃できる。
(4):相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(5):フィールド魔法カードが表側表示で存在しない場合にこのカードは破壊される。

地縛神 Aslla piscu

地縛神にも鳥獣族がいます。いぐるんでサーチできるので覚えておきましょう。

ウィラコチャラスカはハンデス、アスラピスクは全体除去です。

謎の地図がフィールド魔法なので普通に使えますね。

フィールド魔法が除去されるとなすすべなく沈むのが難点ですが、
毎ターンダイレクトアタックでライフを削っていけるので、
火力に乏しいふわんだりぃずには朗報。

地縛神自体、人気のカードだし、
ガチに寄り過ぎた構築はちょっと・・・って人は、採用してみるといいかも。

地縛神、昔はレリーフだろうがストレージにいっぱいはいていたのに、
今は結構値上がりしてんな。分からんもんだ(笑)。

ダークネス・シムルグ

効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2900/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分が闇属性または風属性のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
(3):魔法・罠カードの効果が発動した時、
自分フィールドの鳥獣族・風属性モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

シムルグの最上級シリーズ。

こいつは魔法罠を無効にできますね。

他には、

ダーク・シムルグ セットを封じる

烈風の覇者シムルグ 魔法罠に反応して除去効果

の2体がいますね。お好みで採用しよう。

個人的には、ダークネスシムルグが場面を選ばず強いと思ったので。

ふわんだりぃずは、魔法罠のメタがほぼないので、
そこを補強できるこのカードは、普通に使われると思います。

いぐるんでサーチできるのも、本当に強い。

切り札をサーチできて、尚且つ選択肢が広いってのが、
ふわんだりぃずの強さの秘密だろうね。

オシリスの天空竜

遊戯王カード 【 オシリスの天空竜 [シークレット] 】 G4-01-SI
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥520(2021/07/31 16:07時点)
効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻   ?/守   ?
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の数×1000アップする。
(4):相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力を2000ダウンさせ、0になった場合そのモンスターを破壊する。
(5):このカードが特殊召喚されている場合、エンドフェイズに発動する。
このカードを墓地へ送る。

これ!私は使っています!

普通に使えてうれしい!って感じです(笑)。

結構ネタでなくまじめに強いです。

リリース確保も容易で、ふわんだりぃずの共通効果で、
除外ゾーンから手札に帰ってくるので、安定して高攻撃力を得られますからね。

で、高打点と4の効果で弱体化させまくる。

今の環境だと、ほとんどのデッキに刺さるので、
ぜひ使ってみてください!

リンクモンスターには無力ですが、そこは怖い海で完封できます。

ただ、意外と入手難易度高いので、注意ですね(笑)。

虚無魔人

遊戯王OCG 虚無魔人 DE01-JP048-N デュエリストエディション1
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥250(2021/07/31 16:08時点)
効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2400/守1200
このカードは特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。

リリース1体でお手軽に特殊召喚を封じれるので。

威光魔人とは選択ですね。
個人的には、威光魔人の方が、ふわんだりぃずにはあっている気がします。

特殊召喚は怖い海で封じれますからね。

ま、威光魔人の場合は、後続のふわんだりぃずを展開できないので、
攻め手が少なくなるのは否めませんが。

リリース1体で行けるものだと、
風帝ライザーもいますが、烈風帝を採用するなら不要。

リリース1体枠は、帝王の烈旋前提な感じはありますね~。

ふわんだりぃずと相性の良いカード【EXデッキ】

基本的に、特殊召喚をしないデッキなので、なし!

ふわんだりぃずと相性の良いカード【魔法・罠カード】

真帝王領域

フィールド魔法
(1):自分のエクストラデッキにカードが存在せず、
自分フィールドにのみアドバンス召喚したモンスターが存在する場合、
相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分のアドバンス召喚したモンスターの攻撃力は、
相手モンスターに攻撃するダメージ計算時のみ800アップする。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札の攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体を選び、
そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ下げる。

ふわんだりぃずにとっては、普通に拘束力の高いフィールド魔法に。

2の打点アップも、地味にうれしいですね。

すのーるやえんぺんでは、効果を使わなければ、3000以上のモンスターを突破できないので。

3も、烈風帝をリリース1体で出せるようになります。

未知の風と併用できなくなるので注意ですが、
お手軽に強力な除去を使えるのはいいですね。

烈風帝はサーチできるのでコンボの成功率も高いですし。

ただ、やはり特殊召喚封じは怖い海と役割はかぶっています。

自分が使いやすいように採用枚数は絞っていくのがいいと思いますね。

一回休み

遊戯王 一回休み レア CROS-JP075-R
遊戯王 (CROS)クロスオーバー・ソウルズ
¥200(2021/07/31 16:08時点)
永続罠
特殊召喚されたモンスターが自分フィールドに存在しない場合にこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、特殊召喚されたモンスターは、
そのターン終了時まで効果が無効化される。
(2):効果モンスターが攻撃表示で特殊召喚された場合にこの効果を発動する。
そのモンスターを守備表示にする。

この手のカードはいくつかありますね。

スローライフ 相互互換な妨害罠

召喚の呪詛 ハンデスを強制させる妨害手段

こんな感じ。

どれがいいかは、性格が出ますね(笑)。

1回休みは結構無難に強いですし、ほとんどのモンスターを封じれます。

エルドリッチなどには無力ですが、環境デッキはほとんど刺さる。

罠なので、後攻を取ると弱いってのがありますから、
デッキ内のバランスを見て採用するって感じでしょうね。

マクロコスモス

永続罠
(1):このカードの発動時の効果処理として、
手札・デッキから「原始太陽ヘリオス」1体を特殊召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。

ふわんだりぃずは除外がメリットだしね(笑)。

マクロコスモスをここまで問題なく使えるテーマも珍しいですね。

次元の裂け目とは選択ですけど、
こちらは遅い代わりに、最近多い墓地効果持ちの魔法罠を完封可能。

メインデッキから入れてもいいかもね。

ただ、何回もいうけど、後攻ではほぼ役に立たないので、
デッキ内のバランスには気を遣う必要あり。

強欲で謙虚な壺

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分のデッキの上からカードを3枚めくり、
その中から1枚を選んで手札に加え、
その後残りのカードをデッキに戻す。

EXデッキを使わず、特殊召喚もしないとなればやはりこいつ。

他にも、

強欲で金満な壺 最大2枚ドロー

金満で謙虚な壺 1枚だけだが目的のカードを持ってきやすい

この辺の壺は無理なく入れられる。

浮幽さくらもおんなじ理由で採用できる。

EXデッキは使わないしね。

ただ、ふわんだりぃずはドローしまくっても、
特殊召喚するテーマではない。

どうせなら、サンダーボルトやハーピィの羽箒のような、
シンプルな除去カードと併用していきたいね。

ドラグマ・パニッシュメント

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、
対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

EXデッキを使わないので有効活用として。

シュライグをコストにすれば、3000以下を除去できて、
尚且つ、除外されている鳥獣族の数以下のレベルの鳥獣族をサーチ可能。

ふわんだりぃずなら、レベル1がいるので、
1枚でも除外されていれば有用な効果となる。

相手を除去しつつ、1枚サーチ。

かなり強力なカードに化けるので、
全然採用圏内なカードです。

帝王の烈旋

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(1):このターン、自分がモンスターをアドバンス召喚する場合に1度だけ、
自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

アドバンス召喚するなら、定番カード。

ただ、未知の風の存在で、若干出番は薄めか。

未知の風との併用が可能なのは、ちょっとよく分からん(笑)。

誰か裁定出てたら教えてくれ。

封印の黄金櫃

通常魔法(制限カード)
(1):デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、
この効果で除外したカードを手札に加える。

実質下級ふわんだりぃずをサーチ。

それだけですね。

サーチカードとして使えるので、1枚入れておこう。

制限解除されたら、3枚入れても良いかも。

冥界の宝札

永続魔法
(1):自分がモンスター2体以上をリリースしたアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから2枚ドローする。

オシリスとの相性はよさそうに見えて、オシリスの召喚成功時には、
カードの効果は発動できないので注意です。(私はよく勘違いします)

アドバンス召喚のディスアドを回復できる古のカードですね。

ふわんだりぃずでも無理なく使っていけるけど、
若干魔法罠ゾーンの圧迫が気になる。

翼の恩返しとは役割がケンカする。

どっちを取るかは個性が出るところだと思うけど、
併用だけはないと思います。

翼の恩返し

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが、鳥獣族モンスターのみで、
元々のカード名が異なるモンスター2体以上の場合、600LPを払って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

最強の種族サポートの1枚。

特にデメリットもなく、BFやRRなど、多くのデッキで採用されていくだろうカード。

ふわんだりぃずでも同様ですね。

ま、BFとは違い、特殊召喚できないテーマなので、
めちゃくちゃ恩恵があるわけではないけどね。

それでも、十分強力で、
各種手札湯初などを引き込んで有利に試合を進めることもできる。

基本的に、発動条件を満たせないことは少ないとは思う。

ただ、何枚も引くと事故になるので、
ふわんだりぃずでは、1~2枚くらいの採用でとどめておいた方が良いかな?と思う。

神鳥の霊峰エルブルズ

フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドの鳥獣族・風属性モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
(2):手札のレベル5以上の鳥獣族・風属性モンスター1体を相手に見せて発動できる。
このターン、自分は鳥獣族モンスターを召喚する場合に必要なリリースを1体少なくできる。
(3):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
鳥獣族モンスター1体を召喚する。

ステータスアップと、リリース軽減。

また、追加召喚権を得られるということで、ふわんだりぃずとはかみ合いが良い。

追加召喚は、謎の地図と役割が被っているので、
このカードを使う場合は、ディスアドを軽減できる2の効果を主軸に考えたい。

ライザーや各種シムルグをリリース1体で出せるのは大きい。

先攻でダークネスシムルグを立てられれば、結構頼もしい。

真帝王領域や謎の地図など、
フィールド魔法の候補は多いので、どれ使うか悩みますね。

進撃の帝王

永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドのアドバンス召喚したモンスターは
効果の対象にならず、効果では破壊されない。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。

えんぺんが耐性持って場に立っているだけでうっとおしい。

2のデメリットは、ふわんだりぃずではないのと同じ。

タダで耐性付与できるので、デッキスロットに余裕があれば、
問題なく採用できる。

でも、やっぱ相性の良いカードに、
永続魔法罠が多すぎて、圧迫が心配です(笑)。

ゴッドバードアタック

通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

除去手段がすくないふわんだりぃずでは入るかも。

下級ふわんだりぃずが棒立ちになることもよくあるし、
有効活用の手段として。

妨害手段と除去を兼ねるので、
時代に取り残されている感のあるカードだけど、ふわんだりぃずでなら居場所はある・・・はず。

単純に怖い海と相手が間違える可能性もあるしね。

ハーピィの羽根吹雪

通常罠
自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
ターン終了時まで、相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ハーピィの羽根帚」1枚を選んで手札に加える。

ゴッドバードアタックとは選択ですね。

これも、怖い海と役割が若干被るけど、
こちらはあらゆる場所のモンスター効果を封じる。

おまけの羽箒サーチも悪くないしね。

テーマのサポートカードではないので、
相手からしたらまさに奇襲的に飛んでくるカード。

それでいて、効果はえげつないので結構おススメです。

自分ターンでも、2ターン目以降限定ではあるけど、
相手の手札誘発対策をしつつ動けるのはうれしいですね。

【テーマ研究】ふわんだりぃずと相性の良いカードたちはどれか?:まとめ

ってことで、 ふわんだりぃずと相性のよさげなカードでした~。

相剣は、天威とか竜星、メタファイズなど過去テーマをサポートする感じでしたが、
ふわんだりぃずもシムルグとは結構いいシナジーしていますね。

シムルグの強力な制圧効果を簡単に扱えるのはさすが11期といったところ。

それに、今まで何個か登場していたアドバンス召喚サポートも、
無理なく使っていける。

烈風帝ライザーがまさか切り札になるとはね(笑)。

でも、どれも後攻の時をに何とかするカードではないので、
そこは、汎用的な除去魔法でカバーした方が良いかなと感じます。

冥界結界波やサンダーボルト、ライトニングストームとかね。

では、次はふわんだりぃずのデッキレシピですね!

ああ、4連休も終わって憂鬱ですが、お仕事頑張りましょう!

ってことで、今日はこの辺で!

【テーマ解説】ふわんだりぃずは強いのか??【遊戯王】

コメント

タイトルとURLをコピーしました