能力吸収石という面白カードを君は知っているか

カード考察

こんにちは、砂原です。

今日は、能力吸収石。このカードについて少々記事を書きたいと思います。

能力吸収石

遊戯王 STBL-JP078-N 《能力吸収石》 Normal
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥120(2021/07/31 15:46時点)
永続罠
モンスターの効果が発動する度に、
このカードに魔石カウンターを1つ置く(最大2つまで)。
このカードに魔石カウンターが2つ乗っている場合、
フィールド上に表側表示で存在するモンスターは、
効果を発動する事ができず無効化される。
エンドフェイズ時、このカードに乗っている魔石カウンターを全て取り除く。

条件付きのスキルドレインです。

まさに、能力を吸収して、効果を発揮します。

『魔石』カウンターなので、エンディミオンとかでコンボはできない。

今日は、この一風変わった永続罠カードについてのんびり考えたいと思います。

能力吸収石とスキルドレインの違い

ほとんどの人が、スキドレでいいじゃん、ってなりますよね。

まあ、ガチで戦うならスキドレの方が安定していますから、
そりゃそっちの方が良いのです(笑)。

ですが、能力吸収石にしかできないこともあります。

それは、2回まではモンスター効果を使用できる、って点です。

スキドレと違い、自分ターンでは2回までモンスター効果を使え、
逆に相手ターンでは、フリーチェーンのモンスター効果を駆使して、
相手にだけスキドレの効力を押し付けるって芸当ができます。

エルドリッチのような、罠モンスターなどを主軸に戦うデッキとかみ合います。

私は、大学のこと、
ゼンマイラビットとヴェルズサンダーバードのコンボで、
相手ターンだけスキルドレインって感じのメタビートを組んでいました。

結構頭使うし、面白くて新鮮なので、
普通のデッキに飽きた!って人や、

スキルドレイン使うと顰蹙買うんだよなあ、って身内環境なら、
能力吸収石の出番ですよ(笑)。

能力吸収石と相性の良いカード

じゃあ、能力吸収石はどんなカードと相性良いのでしょうか。

ちょっと見ていきましょう。

光と闇の竜

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2800/守2400
このカードは特殊召喚できない。
このカードの属性は「闇」としても扱う。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にする。
この効果でカードの発動を無効にする度に、
このカードの攻撃力と守備力は500ポイントダウンする。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分フィールド上のカードを全て破壊する。
選択したモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。

ダークエンド・ドラゴン

ライトエンド・ドラゴン

堕天使ディザイア

光と闇の竜以外にも、上記3枚のカードは恩恵を受けられます。

というのも、能力吸収石の無効化効果適用時は、
自身の効果で下げたステータスが元に戻るのです。

このカードがいれば、モンスター効果前提でデッキを組んでいる相手は詰みます。

スキルドレインとは違い、このカードは場以外の効果も無効にするので、
一時的にですがそこそこの無効化範囲を誇ります。

能力吸収石の弱点のモンスター効果による、魔法罠除去をカバーできますね。

ま、このカードが何らかの手段で破壊されると、能力吸収石吹き飛ぶんですけどね(笑)。

でも、毎ターン全回復したこいつがいるって、結構うざくない??そうでもない?

ディザイアとかは除去効果を使用した後に、
攻守がリセットされるので、相手ターンに低いステータスを晒さなくて済む。

うまく使いこなすと、玄人感出て面白いっすよ。

ゼンマイラビット

効果モンスター
星3/地属性/獣戦士族/攻1400/守 600
自分フィールド上の「ゼンマイ」と名のついた
モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを次の自分のスタンバイフェイズ時までゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。

ここからは、フリーチェーン除外3兄弟をご紹介。

相手の効果にチェーンすれば、即座に能力吸収石が適応されます。

こいつらが2体いれば、
相手モンスター効果発動→ラビットAチェーン2、ラビットBチェーン3って組めば、
チェーン1の相手のモンスター効果は無効化されます。
(場に出てきているモンスターならね)

で、こいつらは、除外ゾーンに逃げるので、
除去するのが結構面倒。

激流葬のような全体除去を豊富に採用して、
相手の場を開けて、こいつらで殴る→相手ターンは能力吸収石と除外ゾーンに避難で凌ぐ。

って流れでデッキ組んで戦ってました(笑)。

めっちゃウザがられましたね(笑)。

ヴェルズ・サンダーバード

効果モンスター
星4/闇属性/雷族/攻1650/守1050
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
自分フィールド上のこのカードをゲームから除外できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
この効果で除外したこのカードは次のスタンバイフェイズ時にフィールド上に戻り、
攻撃力は300ポイントアップする。
「ヴェルズ・サンダーバード」の効果は1ターンに1度しか発動できない。

これもゼンマイラビットのような感じで。

若干打点が高いので、アタッカー気質。

ヴェルズ要素を入れれなくもないし、
ヴェルズは反発感染があるから、オピオンと能力吸収石が共存できなくもない。

このカードは自分のゼンマイラビットにチェーンする形で逃げる用ですね。

4枚目以降のラビットってイメージです。

異次元の探求者

効果モンスター
星3/闇属性/サイキック族/攻1500/守 800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次のターンのエンドフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

こいつは緊急テレポートで出てこれる用です。

自分以外も除外できるので、
汎用性が高く、場を離れた時の効果を持つカードとも相性良いです。

アスラピスクとか、アブソリュートゼロとかそういうやつです。

ちょっとコンボ性が高くなりすぎますけど、

まあ、能力吸収石使うんだし、思いっきりネタに振り切っても良いかも。

地縛神はスキルドレインと相性悪くないしね。

妖眼の相剣師

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):効果が無効化されているモンスターがフィールドに存在する場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手がモンスターを特殊召喚した場合、
そのモンスターをどこから特殊召喚したかによって以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札:手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●デッキ:自分はデッキから2枚ドローする。
●EXデッキ:EXデッキから特殊召喚されたそのモンスター1体を選んで破壊する。

能力吸収石適応下ではいつでも出てこれます。

2の効果で、相手ターンに即座に魔石カウンターを貯金でき、しかもアドが取れる。

強いんだよね、このお姉さん。

ネタに振り切りがちなデッキになっちゃうし、
そこにこのお姉さんがいるだけで一気にパワー高くなっていい感じだと思います。

能力吸収石という面白カードを君は知っているか:まとめ

はい、ってことでトリッキーなスキルドレインこと、能力吸収石さんでした。

フリーチェーンで逃げまくるモンスターに寄せつつ、
効果が無効になれば強みを発揮する、バルバロスなどのモンスターと組んでも面白いかも。

除去は魔法罠に任せる昔ながらのデッキ構築で、
クラシックにトリッキーに、楽しめるデッキが組めるんじゃないかと思います。

能力吸収石に関しては、私は常に研究していますので、
面白いデッキ思いついたって方、ぜひ教えてくださいな(笑)。

それでは今日はこの辺で!

バイバイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました