【テーマ解説】LLは強いのか??【遊戯王】

テーマ解説

リリカルルスキニアという、なんとも嚙みそうなテーマ名。

登場時は、小粒ながら優秀なカードがそろっている、という印象でしたが、
デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-の強化を受けて、
一気に強力テーマの仲間入りって感じですね。

最近では、主に鉄獣戦線と組ませるのが流行りですが、
レベル1・鳥獣族・召喚権不要で展開できる、ってところから、
ポテンシャルの高いテーマではあると思います。

そんなLL。

イラスト似てるやつ多くて、あんま効果分からん!って人も多いかと思いますし、
今日はその辺、私と一緒に勉強していきましょう!

LLとは??強いのか??

デュエリストパック-疾風のデュエリスト編-で強化されたテーマ。

サーチや妨害効果を持つカードが追加されて、
構築に幅が出た印象です。

スポンサーリンク

LLってどんなデッキ??

鳥獣族・風属性・レベル1で構成されたテーマ。

召喚権を使わず、手札からの連鎖的な特殊召喚で攻めるのが特徴。

主に、エクシーズをフィニッシャーに据えており、
エクシーズたちは、エクシーズ素材が多ければ多いほど力を発揮する珍しい効果を持ちます。

少ないながらも、魔法罠はどれも優秀で、
キチンと組めば環境デッキとも、互角以上に渡り合える性能がありますね。

LL-コバルト・スパロー

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻   0/守 100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードは相手の効果の対象にならない。

特殊召喚時に、レベル1・鳥獣族をサーチするLLの初動。

問題は特殊召喚手段だが、バードコールやサファイアスワロー、ターコイズワーブラーなど、
テーマ内のサポートでトリガーを引こう。

鉄獣戦線では、フェリジットから効果を起動できるので、
動きとして覚えておきたいですね。

サーチ対象は、LLはもちろん、ナーベルやDDクロウあたりが強力。

BFやシムルグ、ふわんだりぃいずにもレベル1のサーチ対象がいるので、
この辺のテーマを組むときは、アイディアとして頭の片隅にしまいましょう(笑)。

エクシーズ素材になると、エクシーズモンスターは対象に取られなくなる。

妨害効果を持つ、アンサンブルーロビンに耐性が付けば、
相手としては厄介。忘れがちだがしっかり覚えて、プレミを防ごう(経験談)。

LL-サファイア・スワロー

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに鳥獣族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードと鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合、自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

鳥獣族がいれば、自分と手札のレベル1鳥獣族を特殊召喚できる。
いわゆる、連れション効果。

ただ、かなり手札消費が荒く、
場に鳥獣族を用意するのと合わせると、手札3枚消費。

セレストワグテイルでリソースを回復したりして、
手札を切らさないように立ち回りたいところ。

ターコイズワーブラーを手札から出せば、
盤面を一気に広げられる。ただ、広げ過ぎてゴールにたどり着けない現象も良く起こる。

LLは展開前に、何を出してターンを終えたいか、を強く意識しよう。

エクシーズ素材になった場合は、墓地のLLをエクシーズ素材にできる効果を付与できる。

当然、アンサンブリーナイチンゲールとはかなり相性が良いですね。

ナイチンゲールからアーゼウスにつなぐ場合も、
素材は多いに越したことはないですからね。

LLでは、特殊召喚条件を満たしやすいので、
3枚入れても腐らないと思うよ。

LL-セレスト・ワグテイル

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 200/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「LL」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「LL」Xモンスター1体を対象として発動できる。
このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

特殊召喚時に、LL魔法罠をサーチ。

強力なバードコールは最有力候補。

こっちでバードコールをサーチでき、バードコールでこいつを特殊召喚できる。

シナジーしあっている2枚ですね。

他にも、バードサンクチュアリからドローを狙ったり、
バードストライクで盤面を打開したりと、いろんな動きができる。

高いけど、やっぱり必須カードです。

2は、墓地から素材になる効果で、
素材3枚以上の時にドローできるバードサンクチュアリとは相性が良い。

また、何度も言うが、アーゼウスともかみ合っている。

抜群の強さだが、使ってみた感じ、3枚は多いかも?って感じた。

LL-ターコイズ・ワーブラー

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 100/守 100
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「LL」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

サイバードラゴン効果で特殊召喚できる。

特殊召喚時に、手札か墓地からLLを出せる。

アドの観点では、せっかくなら墓地から出したいね。

バードコールは墓地肥やしを兼ねるので、
1枚でこのカードを特殊召喚→蘇生先を確保できる。

初動で手札にあれば、かなり展開できるので、
3枚積みたいが、中盤以降は扱いが難しい。

回してみて自分がしっくりくる枚数採用しよう。

LL-ベリル・カナリー

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻   0/守 200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、
自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
このカードと対象のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):フィールドのこのカードを素材としてX召喚した風属性モンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力は200アップし、コントロールを変更できない。

エクシーズしか出せなくなる代わりに、
特に制約もなくレベル1を二体用意できる。

エクシーズはもちろん、アドバンス召喚などに使うのも面白いかも。

烈風帝ライザーとかね。

リンクに使えないのは残念なので、展開の最後に出すようにしたい。

素材にしたときの効果はかなり地味(笑)。

まあ、1の効果が強力なのであんまり強化しても仕方ないか。

強力無比な攻め手なので、2枚くらいあってもよさそう。

LL-インディペンデント・ナイチンゲール

融合・効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻1000/守   0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材として
このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
(2):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、
このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

タイラントネプチューンとのコンビで環境を沸かせた(笑)。

今は覇王眷竜スターヴと仲良し。

LLでは、正規召喚を狙うのは難しく、
融合ギミックに枠を割かないといけない都合上、あんまり使われない。

効果はそこそこ強力だけど、
戦闘破壊されやすい打点程度しか得られないし、
完全耐性とはかみ合っていない。

頑張っても6体素材くらいが限界で、
そのナイチンゲールを用意しつつ、融合をするってのは割に合っていない。

そのまま、ナイチンゲールで殴ればよいしね。

簡易融合対応のLLってことで、
逆にエクシーズ素材にするのはあり(笑)。

あと、環境にLLが増えれば、
ワンチャン超融合によるメタカードになるかも??

LL-アセンブリー・ナイチンゲール

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻   0/守   0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):このカードは直接攻撃でき、
X素材を持ったこのカードは、その数まで1度のバトルフェイズに攻撃できる。
(3):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
ターン終了時まで、自分フィールドの「LL」モンスターは戦闘・効果では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

LLのフィニッシャーですね。

素材の数×200の打点アップ、
素材の数だけ攻撃できる能力、
ダイレクトアタックできる能力、
全てがかみ合っています。

素材5体用意くらいはLLなら分けないので、
5000のダメージをたたき出すなんてこともざらです。

装備魔法を併用すれば、ワンキルも結構簡単。

さらに、3の効果で自身の低攻撃力をカバーする能力を持ち、
字レアながら、非常に優秀なエクシーズモンスターですね。

LL-アンサンブルー・ロビン

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻   0/守   0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×500アップする。
(2):相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードのX素材を1つ取り除き、その特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが相手によって墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地の「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

LL待望の妨害効果を持つエクシーズモンスター。

低打点ではあるが、攻撃される前にモンスターを処理できる。

2のバウンス効果は衝撃のターン1制限なし。

恐ろしい制圧力を誇るので、
セレストワグテイルやバードサンクチュアリを併用して、素材を増やしたい。

基本はこのカードを蓋にするイメージで展開しよう。

ベリルカナリー1枚で出るので、展開の最後に。

3はリカバリー効果ですね。悪くない。

このカード自身は、通常召喚→戦闘破壊
で処理されやすいので、横にフリーチェーンで除去効果を持つカードを出しておくとよいだろう。

LL-プロム・スラッシュ

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻   0/守   0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×500アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
(3):このカード以外の自分のモンスターが戦闘を行うダメージステップ開始時に、
このカードのX素材を任意の数だけ取り除いて発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、取り除いた数×300アップする。

ロビンに比べると数段落ちる。

なぜか、ターン1制限のある2の効果。

ロビンの方につけるべきでは?と思わないこともない。

魔法罠をデッキに戻すので、再利用させにくく、強力。

流行りの墓地効果も封じれるので、うまいこと使っていきたい。

3は、打点補助ですね。

とは言え上昇幅はそんなに大きくない。

アセンブリーナイチンゲールにの攻撃時に使用するのを前提に組まれていそうですね。

地味ではあるけど、1枚あると便利。

枠次第だけど採用の価値は十分。

LL-リサイト・スターリング

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/風属性/鳥獣族/攻   0/守   0
レベル1モンスター×2体以上
(1):このカードがX召喚に成功した場合、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから鳥獣族・レベル1モンスター1体を手札に加える。
(3):X召喚したこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは相手も受ける。

2の効果が本体。

このカードのおかげで、鉄獣戦線にアクセスできる。

DDクロウをサーチできるので、
相手の次第ではそちらを手札に加える動きを優先しよう。

サファイアスワローなら、手札次第でさらに展開もできる。

また、打点上昇や戦闘ダメージ押し付けも、あって困る効果ではない。

それどころか、割と活きる場面が多い。

1枚は確定で採用したいカードですね。

LL-バード・コール

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「LL」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
その後、そのモンスターとはカード名が異なる「LL」モンスター1体を手札から特殊召喚できる。

最優秀サーチカード。

増援orおろかな埋葬&手札から特殊召喚。

至れり尽くせりですね。

ターコイズワーブラーやセレストワグテイルの効果起動はもちろん、
足りないLLをサーチして展開できる。

墓地に送る効果も、セレストワグテイルの墓地効果を狙ったりと、
使う場面も多い。

少々高いカードだけど、LL作るなら必須カードです。

頑張って買ってください(笑)。

LL-バード・ストライク

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「LL」モンスターが存在する場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

物騒な名前ですが、要はデメリットなし条件付き冥王結界波。

先攻でも後攻でも強いLLですが、
このカードのおかげでより後攻でも強くなりました。

とは言え、場にLLが必要なので、
盤面打破の初動にはなりえない。

相手がこのカードを知っていれば、
LLを出したタイミングで除去される可能性もある。

セレストワグテイルでサーチもできるし、1枚採用で良さそうだけど、どうでしょう。

LL-バード・サンクチュアリ

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの鳥獣族Xモンスター2体を対象として発動できる。
対象のモンスターの内1体を、もう1体のモンスターの下に重ねてX素材とする
(X素材を持っているモンスターを重ねる場合はそのX素材も全て重ねる)。
(2):X素材を3つ以上持っているXモンスターが自分フィールドに存在する場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

エクシーズモンスター同士を素材にしあえる。

アセンブリーナイチンゲールかアンサンブルーロビンに使って、
素材を増やしたいですね。

増やしたら、そのまま2の効果でドロー。おいしいです。

ドローの効果は、汎用なので、素材3体要求のエクシーズモンスターを使うデッキなら、
採用できないこともない。

ホープとかね。

バードコールの陰に隠れがちだが、非常に優秀なカード。

1枚入れておくと結構勝ち筋拾ってきてくれる。

LL-比翼の麗鳥

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「LL」モンスター1体を対象として発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は対象のモンスターの攻撃力と同じになり、
相手フィールドの全てのモンスターのレベル・ランクは1になる。
(2):相手モンスターが自分の「LL」モンスターに攻撃宣言した時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力と同じになる。

LL待望の罠カード。

相手のレベルとランクを1にするので、シンクロやエクシーズデッキには刺さる。

特殊召喚封じと同じくらいの効力があるかも。

攻撃力も場のLLと同じにするので、1000くらいのやつを対象にしてやればいい感じ。

2の墓地効果はアセンブリーナイチンゲールとのコンボ前提かな。

まあ、相打ちに持ち込めるだけでも強いっちゃ強いけど、
リサイトスターリングとはアンチシナジーですね。

悪くはないけど、もうちょい直接的な妨害が欲しかった。

サーチが効くし、1枚入れてもいいかも。

鉄獣戦線と組んでいれば、鉄獣の抗戦と勘違いしてくれることもあるしね。

LLの強さと弱点の考察

カードをすべて見て、LLの長所と短所を考えていきたいと思います。

LL が勝てるデッキタイプ、カードなど

妨害が薄めなデッキはカモ。

展開力がかなりあるので、手札誘発くらいでは止まらないです。

また、アセンブリーナイチンゲールからのアーゼウスの流れもあって、
攻め手はかなり強烈です。

基本的に、受け身なデッキ相手にはかなり強く出られます。

特に鉄獣戦線と組み合わせた時の爆発力は全デッキでも屈指。

シュライグと共に、相手の場を荒らしまくります。

新規カードの、バードストライクのおかげで、
後攻でも捲りやすくなったのは大きいですしね。

全体的に、攻撃に特化したテーマっていう印象です。

LL が苦手なデッキタイプ、カードなど

防御が薄いです。

鉄獣戦線と組み合わせても、鉄獣の抗戦とアンサンブルーロビンくらいしか、
安定して防御札を用意できません。

基本、1~2妨害+手札誘発って感じの防御態勢なので、
相手が展開系のデッキだと、吹っ飛ばされるかも。

あとは、LL単独だと、アンサンブルーロビンくらいしか妨害はないので、
魔法罠で除去されると、相手ターンに抵抗できなくなります。

なので、もし、自分がLLと戦うってなったら、
ライトニングストームのような除去魔法を起点に攻めるといいと思います。

そういう意味では、閃刀姫は結構きつい相手かもです。

ただ、最終的にアセンブリーナイチンゲール通れば勝ち、
みたいなところはあるので、どんな相手にもワンチャンあるのは偉い。

LL デッキは環境に入るか??

鉄獣戦線と組みわせれば環境クラス。爆発力は高いが事故もそれなり。
使い手の実力と運に左右されるが、ポテンシャルは屈指。

やっぱり、鉄獣戦線と組みわせるのがベストですね。

純構築だと、防御面の脆さが厳しい。

ワンキル力はあるんですが、如何せん単調で、
耐性を持っている相手モンスターを除去しにくいです。

鉄獣戦線と組みわせると、
耐性持ちはシュライグが何とかしてくれるし、
フェリジットからLLを始動できたりと、かゆいところを掻いてくれます。

カジュアルであれば、パラサイトフュージョナーを採用して、
アニメを再現したいですね(笑)。

カジュアルであれば、パラサイトフュージョナーを採用して、

アニメを再現したいですね(笑)。

ま、今日はこんな感じで。

次回は、 LLと相性の良いカードを考察していきます!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました