【テーマ解説】ふわんだりぃずは強いのか??【遊戯王】

テーマ解説

珍しい(というか唯一?)のひらがなテーマ、ふわんだりぃず。

絵本モチーフなのか、暖かいイラストとネーミングセンスが特徴的ですね。

ただ、一部では時期環境とまで称されるテーマでもあります。

私は、あんまり効果を真剣に見ていないので、
この機会に勉強していきたいと思います。

アドバンス召喚を主軸にした、最近珍しいテーマみたいなので、
今から楽しみです!

ふわんだりぃずとは??強いのか??

新弾BURST OF DESTINYで登場したテーマ。

鳥獣族では珍しい、レベル10のモンスターもいるらしいですね。

召喚権を増やす効果と、リカバリー能力に長けている印象で、
圧倒的なアドバンテージ獲得能力で押していける感じのデッキですかね?

デッキ自体の癖はかなり強そうですけど、どんな感じでしょうか。

スポンサーリンク

ふわんだりぃずってどんなデッキ??

軽く見たところ、風か水属性の鳥獣族で統一されたテーマですね。

レベル1とレベル10の極端なレベル分布も特徴的。

召喚権を増やしたり、サーチやサルベージなど、
あらゆる場所からアドバンテージを取ってくる動きが特徴的。

EXデッキには依存しないので、強欲で金満な壺なども使えるのは強そう。

メタビート的に相手を圧倒するのでしょうか。

もしそうなら、かわいい顔してえげつないですね(笑)。

ふわんだりぃず×いぐるん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 800/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル7以上の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

召喚成功時に、レベル7以上の鳥獣族をサーチ。

ただ、効果発動後は特殊召喚が封じられるため、専用構築が必要。

普通に、効果を封じるえんぺんか、裏守備で妨害できるすのーるを、
サーチして召喚するのが強い。

ふわんだりぃず以外だと、霞の谷の巨神鳥はすぐに思い浮かぶサーチ先だけど、
通常召喚を狙うのは色々きつい。

他に面白そうなのは地縛神。
アスラピスクとウィラコチャラスカが該当する。

ふわんだりぃずはフィールド魔法があるので、
使えないこともないですね。

2と3はふわんだりぃずの共通効果。

除外されるのがほぼメリットになっています。
簡単に手札に戻せるので、マクロコスモスとかも併用できるのは強そう。

除外からの回収ができるので、
ふわんだりぃず相手にリソース勝負は難しそうですね。

ふわんだりぃず×すとりー

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 700/守1100
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

相手か自分の墓地を除外して召喚権を増やす効果を持つ。

ふわんだりぃずなら、除外後は3の共通効果で回収できるので、メリット。

相手除外は、説明不要の妨害ですね。
フリーチェーンではないのですごく刺さるわけではないでしょうけど、
相手の計算を狂わせられる良い効果です。

ついででやって良い効果ではないですね(笑)。

最上級ふわんだりぃずは、3の回収効果を持たないので、
このカードで除外→とっかんで回収という動きもできて良さげです。

ただ、直接動くようなカードではないので、1か2枚採用で良さそう。

ふわんだりぃず×とっかん

効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守1300
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合、
除外されている自分の「ふわんだりぃず」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

除外されてるふわんだりぃずを回収できる効果を持つ。

先ほどのすとりーとのコンボはもちろん、
謎の地図を併用すれば、実質ふわんだりぃずなんでもサーチになるし、
できることは非常に多い。

あらゆるふわんだりぃずにアクセスできる可能性を持つので、
長期戦では頼もしいカード。

まず間違いなく3枚入りますね。

ふわんだりぃず×ろびーな

効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、
自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

いぐるんとは対照的に、下級の鳥獣族をサーチ。

レベル4以下は、候補が多すぎて絞り切れないけど、
特殊召喚できない都合上、ふわんだりぃずでの運用が基本かな。

下級ふわんだりぃずをサーチして、
そのまま召喚できるので、ここはやはりいぐるん→最上級ふわんだりぃず召喚、
の流れで動いていきたい。

そう考えると、このカード1枚でえんぺんのような強力モンスターを出せるのか。

絶対3枚必須ですね。

うーむ、鳥獣族で初出から優秀なモンスターが勢ぞろい・・・。

BFを思い出しますね(笑)。

ふわんだりぃず×えんぺん

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札を1枚除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる

ふわんだりぃずが誇る制圧モンスターが1体。

アドバンス召喚は未知の風でサポートできるので、
相手を除去しながらサーチ可能。

怖い海をサーチして構えても良いし、謎の地図でリソースを確保しても良い。

2の効果で、特殊召喚されたモンスターに強烈にメタを張れる。

リンク主体なら、完封できる。

シンクロやエクシーズ、融合は守備表示で除去効果を使うという抜け道があるので、
怖い海で潰していくのがよさそう。

打点はぼちぼちで、3の効果で5400まで突破可能。

制圧モンスターにありがちな、決定力不足は全くない。

手札コストも、ふわんだりぃずの共通効果を用いれば、
実質あってないようなもの。

総じて非常に強力なエースモンスター。

ふわんだりぃず×すのーる

効果モンスター
星10/水属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

1の効果、最初見た時笑ってしまいました。

なんだよ、3回特殊召喚って(笑)。

ふわんだりぃずの共通効果で、除外ゾーンから下級を回収→召喚って流れで、
大量展開が可能ですね。

ただ、思ったよりは爆発力はないと思うんですけどね。どうでしょう。

他のふわんだりぃずとは違い、効果発動しても特殊召喚できるので、
召喚権さえあれば・・・みたいなテーマに突っ込んでみるのも手ですね。

2は、自分のモンスターに貫通効果を付与するもの。

3の効果とかみ合いがよろしいようで。

究極伝導恐獣と同じような効果を持っていますが、
相手ターン限定なので、注意が必要ですね。

とは言え、全体裏守備はかなり強力。

リンクモンスターには無力ですが、
そこはえんぺんが猛烈にカバーしています。

意図しての設計でしょうけど、補完が素晴らしいですね。

ふわんだりぃずと未知の風

永続魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分がモンスター2体のリリースを必要とするアドバンス召喚をする場合、
モンスター2体をリリースせずに自分フィールドのモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を墓地へ送ってアドバンス召喚できる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
手札の鳥獣族モンスターを2体まで相手に見せ、好きな順番でデッキの一番下に戻す。
その後、自分は戻した数だけデッキからドローする。

相手を巻き込むアドバンス召喚は極悪(笑)。

回避が極めて難しいです。
優先権の都合上、このカード発動時に除去が来なければ100%通ります。

ふわんだりぃず最上級は、強力なので、
そいつらが1枚除去しつつ出てくると考えると、それだけで環境クラス。

2の効果も、共通効果で手札にたまりがちなふわんだりぃずを、
ドローに変換できる。無駄がないです。

このカード自体はえんぺんでサーチが効くし、
謎の地図ととっかんコンボでも引っ張ってこれるので、
アクセスが容易な点が高評価。

恐らく、ふわんだりぃずの強さの3割はこのカード。

ふわんだりぃずと謎の地図

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、
見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。
その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

召喚権を増やしつつ、ふわんだりぃずカードを除外できる。

とっかんとの組み合わせで、なんでもサーチに早変わり。

ふわんだりぃず下級を除外しても、彼らの効果で手札に加えられる。

久々に強力なフィールド魔法が来ましたね。

2は、ふわんだりぃずを追加召喚できる効果。

相手ターンに出すのが基本なので、
えんぺんなどの妨害持ちを出して、プランを崩してやりたいです。

フィールド魔法ゆえにサーチもできるし、
デッキの安定感を大幅に高めるカードには間違いない。

ふわんだりぃずと夢の町

通常罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分がレベル7以上のモンスターのアドバンス召喚に成功した場合、
このカードを除外して発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て裏側守備表示にする。

罠カードで、相手ターンに召喚を行使できる。

ただ、下級のみなので、直接的な妨害は難しい。

いぐるん→最上級ふわんだりぃず召喚までは連鎖するので、
えんぺんやすのーるを出せるので、せっかく採用するならそこまで動けるタイミングで使いたい。

2は墓地効果。

レベル7以上をアドバンス召喚した時に、
相手を裏守備にするというもの。

1とかみ合いが良く、同一ターンに発動できるので、
妨害カードとしては十分すぎるほど。

ただ、すのーると効果が被っているので、
無理やり狙うようなものでもなさそう。

モンスター効果メタをすり抜けられる点は優秀なので、
すのーるとはそこで差別化しよう。

ふわんだりぃずと怖い海

カウンター罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに、アドバンス召喚された表側表示モンスターが存在し、
特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
このターン、相手はモンスターを特殊召喚できず、通常召喚を3回まで行う事ができる。

凄まじい縛りを相手に課すカウンター罠。

アドバンス召喚されたモンスターが必要だが、
相手の特殊召喚を無効にして、そのターンの特殊召喚を封じる効果。

デメリットで相手に召喚権を3回まで与えてしまう。

ただ、最近のデッキは、特殊召喚できないと強い動きができないことが多いので、
何とも嫌味な感じのデメリット(笑)。

えんぺんとは相性が良すぎる。

こんな恐ろしいカードをサーチしてくるあたり、
ふわんだりぃずは末恐ろしいテーマです。

ふわんだりぃずデッキは環境に入るか??

尽きないリソース、豊富な初動
高い対応力と攻防一体の最上級モンスターが揃い踏み。
強力なメタカード、マクロコスモスを採用できるので環境で活躍するのでは?と思います。

いや~、どのカードも強いですね。

本当に強い。

爆発力はないけど、高いレベルで安定して動けそうなので、
心配はなさそうですね。

ワンショットキルはできないと思うので、
汎用的な除去やカウンターカードを多めに入れて、
相手のリソースを削りつつ、ってのが基本的な構築になりそう。

個人的には、容赦なくマクロコスモスを使いたいです。

実は、今日新弾を買ってふわんだりぃずがたくさん出たので、
組んでみようかな?と思ってこの記事書きました(笑)。

書いていくうちに、使いたい欲が爆発したので、
さっそく駿河屋でポチって来ようと思います!

次回は、ふわんだりぃずと相性の良いカードを考察していきます!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました