ゲートルーラーに見る、TCG展開における悪手とは

今日はお仕事終わらず、時間もないので雑記記事です。

お題は、タイトルの通り、ゲートルーラーに関してです。

皆さん、ゲートルーラーはご存じでしょうか。

私は、プレイしたことはないですが、Twitter界隈での炎上騒動は、
割と初期から見ていました。

新しいTCGってことで、もしかしたら当ブログでも扱うかもな?と思っていたので。

ただ、発売前から炎上に次ぐ炎上で、
『当分プレイすることはないな』と思っています。

で、そんなゲートルーラーを見ていて思たのは、
いわゆる4大TCGの運営ってすごいんだなってこと(笑)。

大きい会社が運営しているから当たり前っちゃ当たり前なんですけど、
TCGのキャラやカードが前面に出ていて、
中の人が全く見えないんですよね。

もちろん、裏話やコラムなど、わざと中の人にスポットを当てるのは別にして。

中の人が見えないってのは、創作コンテンツにおいて個人的にはすごく大事だと思います。

戦隊モノも、スーツアクターが俳優とは別の人ってわかったらいやでしょうし、
その俳優だって、ファンの子供が街で見かけたときに、普通のお兄さんだったら嫌じゃないですか。

そんなことなら、一生中の人という概念を見せずに、
役を全うした方が、双方にメリットだと思うんです。

これが、ゲートルーラでは、真逆。

池っち店長が、表に出まくっているせいで、
良くも悪くも、ゲートルーラー=池っち店長の図式ができてしまいました。

池っち店長自体は、ゲートルーラー以前から、
遊戯王をはじめ多くのTCGをディスっていて、界隈ではアンチも多い存在でした。
(本人は、あえて批判していたそうですが、まあ今となっては、ですね(笑)。)

そんなアンチが多い彼が、矢面に立ったことで、ゲートルーラーは厳しい状況に。
(一部では売り上げ好調といっていますが、まあ、順調ではないでしょうね。)

この辺が、TCG業界の特性をわかっていなかったんだと思います。

私が思うに、TCGプレイヤーって結構熱い人間が多くて、
仲間意識が強いんだと思うんです。

(怒られるかもですが)マイナーよりな趣味ですし、
あんまり仲間と出会う機会も少ない分、一度つながった人とは固いきずなで結ばれる。

そんな人たちだからこそ、
誰がやっているか?誰が作ったか?っていうのは結構重視するんだと思います。

っで、ゲートルーラーはというと、
多くの方面に敵を作ってきた池っち店長。

する必要もない炎上を重ねたつけが、ここにきて爆発したんですね。

やっぱり、つながりを大切にするTCGプレーヤーにとって、
自分がプレイしているTCGをディスられた事実は重い。

だからこそ、必要以上にゲートルーラーは叩かれる結果になったのだと。

あ、私の悪い癖で、本題からどんどん逸れていってますね。

つまり、TCG業界でうまく立ち回るには、
ファンを増やすんじゃなくて、アンチを作らないこと、これに尽きるなあと感じます。

ファンを増やすのは、ゲームの魅力に任せるとして、
例えばSNSや公式配信などで、サービスしてファンを増やそうとしないこと。

有名TCGはこの辺徹底している気がします。

SNSにしろ、公式配信にしろ、マイナスがないってのはそれだけでプラス。

私、基本無能な営業ですが、唯一営業コンサルに褒められたのは、
相手にマイナス印象を与えないってところだけ(笑)。

すんません、隙あらば自分語りしてしまいましたが、
これはTCGでも共通するかなと。

悪いところがないって大事なんですよね。

やっぱりゲートルーラーはそこがだめすぎた。

熱烈なファンがいる一方で、粗が目立ち、マイナスな面が多すぎた。

プラス方面に100傾けれても、
マイナスに感じる箇所が100個あれば、1つ1つは小さい不満でも、
ゲートルーラー全体でみると、悪い評価で埋め尽くされてしまう。

池っち店長は、きっとここが理解できていなかった。

長年TCG業界を見てきたらしい彼ですが、本質的なところを見抜けていなかったようです。

私は、ゲートルーラーには期待していたのですが、
今の現状は非常に残念に思います。

あんなにTCG業界を盛り上げようとしていた人間が、
やることなすことすべて悪手というのはね。

にしても、ゲートルーラー運営は、
なぜ池っち店長個人での情報発信を許しているんでしょうね。

池っち店長が不必要に叩かれるのは、
一TCGの広報をすべてになっている(担わされている?)からというのもあるかなと思います。

流石に誰かカバーしてあげたほうが良いと思うんですけどね。

ま、今日はこんな感じ。

なんか久しぶりに、好き勝ってかけた気がして面白かった(笑)。

たまにはこういうのもいいですね~。

は~。アフターファイブの会社に転職したい(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました