【制限改訂】アーゼウスとVFD放置ってまずいのか??

前回、軽くリミットレギュレーション改訂後の環境考察をしました。

そこで忘れていたのですが、
今現在も大暴れしている強力カード、アーゼウスとVFD。

こいつら、放置されていましたね。

多くの人が、アーゼウス制限、VFDは禁止では?と予想していましたが、
結果はどちらもスルー。

せっかくなので、今日はこいつらがスルーされた理由や今後の環境について、
考えたいなと思います。

アーゼウスがスルーされた理由

個人的には2つあると思っています。

1つ目は、エクシーズデッキの救世主だから。

2つ目は、2度目の厳しい規制を受けた十二獣の救済。

どんなエクシーズデッキにも組み込める汎用性の高さが、
ある程度どんなデッキでも戦えるレベルに押し上げているからですね。

まあ、一方では構築の多様性を否定するレベルの強さとも言えますが。

とは言え、マイナーなエクシーズテーマでも何とか戦えるレベルの力をもたらすカードなので、
制限や禁止にしてしまうと、環境以上に、カジュアルへの影響が強いからかなと。

2つ目はそのままですね(笑)。

ドランシアもいない、ブルホーンもいない、モルモラットは去勢された。

この上、アーゼウスまで取り上げるとさすがに・・・ということでしょう。

実際、アーゼウスは、それ自体も強力ですが、
そのリセット効果でほかのカードたちの対策にもなっているといえます。

強力な耐性を持ったカードたちの突破手段として、
汎用的にどのデッキにも採用できるポジションで残っていくと思います。

制限はあると思いますが、禁止は、よほど相性が良いテーマが来ない限りはないでしょう。

VFDが禁止にならなかった理由

個人的には好きなカードなので、禁止にならなくてよかったってのが本音(笑)。

まあ、嫌いな人も多いよね。
何もできなくなるし。まあ、それで言ったら私はバスブレの方が嫌だけど(笑)。

VFDは電脳堺の強力な切り札として暴れていますね。

禁止にならなかった理由としては、
鉄獣戦線の対抗馬としての役割を担わせたかったからでしょう。

正直、今鉄獣戦線が押せ押せな環境ですし、
それと互角?に戦える電脳堺を弱体化してしまっては、
完全な一強状態になってしまうからでしょう。

あとは、ジェネレイドをはじめとした、
ランク9デッキの切り札的側面もありますね。

VFD抜けちゃうと、ランク9は一気に寂しくなりますからね。

アーゼウスとVFDがスルーされたのは、新興勢力が出てこなかったから??

本当は、公式も規制したかったのでは?とは思います。

ただ、今年に入っても、
構築は若干変われど、電脳堺や鉄獣戦線が支配する環境は変わらずでしたから。

群雄割拠とは言え、使用率的にはその2トップ。

どちらのデッキも強いとはいえ、
電脳堺は1枚では動けない。
鉄獣戦線はLL型ではないと先攻制圧に隙がある、
LLではニビルが痛すぎる。

という割と明確で対策しやすそうな弱点があります。

強いとはいえ、スキのある環境トップっていうのが、
公式的には好都合なのでしょう。

彼らを対策した中堅デッキが、たまに優勝したりする。
それぐらいがメタの読みあいがあって面白いですしね。

それに、新規テーマで強力なものが少なかったのも大きいですね。

LLは環境に入ったといえばそうですが、
厳密には鉄獣戦線の一部といったイメージが大きい。

新テーマの台頭が少なく、環境に定着していないのも、
アーゼウス達環境トップを安易に規制したくない理由でしょう。

新商品が強ければ、公式的には問題ないですが、
鉄獣戦線や電脳堺が規制されたことで、
サンダードラゴンやドラゴンメイド、閃刀姫にシャドールなど、
少し前のテーマが環境トップになると、
パックの売り上げに響くでしょうしね。

それよりは、少しパワーが低くても、
メタを読めば優勝できる可能性のある環境トップを据えておくのが良いと思ったんでしょうね。

まあ、私の推測ですけどね(笑)。

まとめ

結論、両者とも、
今の環境2トップを代表するカード。

どちらも規制して、今の環境のバランスが壊れるのを危惧しての、
ノータッチではないでしょうか。

また、汎用性高めな切り札的存在ですし、
そういった祖久江mんもあるのかなと。

私的には、どちらも愛用してるし、
使えなくなると色々困るんで、これからもノータッチでお願いしたいですね。

個人的にはそろそろ、新テーマで環境に定着するレベルのデッキを見たいですね~。

デスピアは強いし面白いですが、
環境をとれる類の強さではないですもんね。

ま、それでは今日はこの辺で!

ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました