【テーマ研究】アルカナフォースと相性の良いカードたちはどれか?

テーマ研究

前回↓

【テーマ解説】アルカナフォースは強いのか??【遊戯王】

今回は、アルカナフォースデッキに相性の良いカードたちを探していきます。

砂原のない頭で必死に考えましたので、
ご参考になれば幸いです!

アルカナフォースと相性の良いカードたち

スポンサーリンク

アテナ

遊戯王/アテナ(ノーマル)/ストラクチャーデッキR 神光の波動
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥198(2021/07/31 16:52時点)
効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2600/守 800
(1):1ターンに1度、「アテナ」以外の自分フィールドの表側表示の天使族モンスター1体を墓地へ送り、
「アテナ」以外の自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動できる。
その天使族モンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外の天使族モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された場合に発動する。
相手に600ダメージを与える

天使族の強力な大型モンスター。

実質、場と墓地の天使を入れ替える能力を持つ。

また、天使族が出るたびに、バーンダメージ。
600は意外と馬鹿にならない。ワンキルコンボも開発されていたような記憶がある。

アルカナフォースでは、単純に入れ替えることで、
コイントス効果発動の機会が増える。

また、デメリット効果が出たアルカナフォースを、
墓地に送りリセットできるので、このカードが盤面にいれば、安心してコイントス外せる(笑)。

大型ゆえに、少々重いので、
やはりヴァルハラのサポートは必須になってくる。

堕天使ギミックを入れて、
スペルビアからの蘇生を狙ってもいいけど、
堕天使が強すぎて、アルカナフォースが消えるので注意。

聖占術姫タロットレイ

儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻2700/守1200
「聖占術の儀式」により降臨。
「聖占術姫タロットレイ」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できず、相手ターンでも発動できる。
(1):フィールドの裏側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側攻撃表示にする。
(2):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
(3):自分エンドフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地のリバースモンスター1体を選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

アルカナフォースは反転召喚でも効果が発動するので。

リチューアルチャーチのギミックも、
天使族純正で組めばそれなりに扱える。

タロットレイで妨害を兼ねつつ、
アルカナフォースをサポートできるので、デッキ枠を圧迫しがちなファンデッキでは、
結構ありがたい存在ですね。

リリースは、アルカナフォースの大型で賄えるので、
思ったよりも扱いやすいはずですね。

機巧狐-宇迦之御魂稲荷

効果モンスター
星7/地属性/機械族/攻2250/守2250
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから、攻撃力と守備力の数値が同じで、属性が対象のモンスターと同じとなるモンスター1体を特殊召喚する。
(3):相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功する度に発動する。
相手に300ダメージを与える。

まさかのザワールドをリクルートできる規格外の効果。

緩い特殊召喚の条件から、アルカナフォースとは抜群に相性の良い効果。
そう、実はアルカナフォースは攻守全部同じなんですね。
あの独特のステータスがこんなところで役に立つとは。

ただ、相手の場に光属性を用意する必要がある。

手段としては、当然壊獣が有力。

あとは、事故だけど、チャリオッツの裏が出ると相手にコントロールが移るので、
アルカナフォースで自力で用意もできる。

3のバーン効果は完全おまけだけど、
まあ、あって困るようなものでもないしね。

このカードの特殊召喚のトリガーとしては、
妨げられた壊獣の眠りが一番強力ですね(笑)。

アルカナフォースはリクルート能力皆無なので、
テーマ外のサポートで何とかするしかないのが悲しみ。

お手軽リクルートは、イゾルデやハリファイバーですね。

あとは、天使だとヴィーナスの効果。

まあ、ヴィーナスが無難かな?
ヴィーナス→こいつ→ザワールドってできれば脳汁ドバーです(笑)。

オネスト

遊戯王 LODT-JP001-UL 《オネスト》 Ultimate
遊戯王 (LODT)ライト・オブ・デストラクション
¥1,800(2021/07/31 16:52時点)
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1100/守1900
(1):自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):自分の光属性モンスターが戦闘を行う
ダメージステップ開始時からダメージ計算前までに、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力分アップする。

今更説明は不要ですよね。

光属性の頼もしい味方だったあの天使です。

アルカナフォースでは、割と採用できるカード。

チャリオッツやダークルーラーに使用すればかなり強力なコンボに。

チャリオッツなら、ゴヨウガーディアンに、
ダークルーラーは、ワンキル火力をたたき出します。

単体で独立しているカードなので、
採用枚数には注意ですが、一回発動してしまえば、
相手は警戒するし、心理戦にも持ち込めるかも?

失楽の魔女

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻 100/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「禁じられた」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):相手メインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
デッキから「失楽の魔女」以外の天使族・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。

禁じられた聖杯を加えられるので。

聖杯でアルカナフォースのデメリット効果を消して運用できるほか、
一滴なら制圧盤面の突破もできるかも。

召喚するだけで手札が減らない優秀な天使なので、
少しでもデッキの妨害を安定させるためにも採用したい。

2の効果も、一応使えることは使える。

まあ、相手ターンにアルカナフォース出してどうするって問題はあるけどね(笑)。

創造の代行者 ヴィーナス

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻1600/守   0
(1):500LPを払って発動できる。
手札・デッキから「神聖なる球体」1体を特殊召喚する。

昔から強力な天使族ですね。

玉を採用するので、事故率は上がるものの、
爆発力は相変わらず健在。

ザワールドのコスト確保や、
ダークルーラーたちの特殊召喚コストにもなるし、
普通に展開して、エクシーズやリンクしても強い。

どう使っても強いモンスターなので、
採用しない理由はないかな?

大天使クリスティア

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2800/守2300
(1):自分の墓地の天使族モンスターが4体のみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の天使族モンスター1体を対象として発動する。
その天使族モンスターを手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(4):フィールドの表側表示のこのカードが墓地へ送られる場合、
墓地へは行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。

完全独立型フィニッシャー。

出ればラッキーくらいですかね。

今思ったけど、アルカナフォースはフィニッシャー枠は足りてるし別いらないかも。

ネタデッキから、急にこんなの出てきたら萎えるよね(笑)。

デスペラード・リボルバー・ドラゴン

効果モンスター
星8/闇属性/機械族/攻2800/守2200
(1):自分フィールドの機械族・闇属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
コイントスを3回行う。
表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。
3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。

アルカナリーディングでサーチできる強力なモンスター。

純構築だと特殊召喚条件がきついので、
エクストラデッキに闇属性機械族を用意したいところ。

簡単に出せるのはバリケイドベルグ。
バリケイドベルグはその効果で、ヴァルハラや光の結界をサルベージできるので、
思ったよりも悪くないかみ合わせになっている。

破壊効果が強力で、アルカナフォースのしょぼい除去能力を強化してくれる。

3で、アルカナフォースをサーチもできるので、
特殊召喚条件さえなんとかできれば、結構活躍できるはず。

アルカナフォースと相性の良いカード【EXデッキ】

フェアリー・チア・ガール

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/天使族/攻1900/守1500
天使族レベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキからカードを1枚ドローする。
「フェアリー・チア・ガール」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

せっかく天使族のランク4がそろっているので(笑)。

素材抜いてドローと、シンプル過ぎる効果ですね(笑)。

デメリットが発生したアルカナフォースの処理先の一つとしてどうでしょうか。

役に立たないモンスターよりは、
1枚でもドローできたほうが強いかなと思います。

当然、ほかにも汎用ランク4は多いけど、
今回は、あえてこいつをチョイスです。

普通に、カステルとかの方が強いとは思うけどね。

天空神騎士ロードパーシアス

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/天使族/攻2400
【リンクマーカー:左下/下/右下】
天使族モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
「天空の聖域」のカード名が記されたカードまたは「天空の聖域」1枚をデッキから手札に加える。
フィールドに「天空の聖域」が存在する場合にはその1枚を天使族モンスター1体にできる。
(2):自分フィールドの表側表示の天使族モンスターが墓地へ送られた場合、
自分の墓地から天使族モンスター1体を除外して発動できる。
除外したモンスターよりレベルが高い天使族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

天空の聖域関連のサーチ効果。

アルカナフォースでは、積極的に使える効果ではないが、
多少構築を寄せてもいいかな?とは思います。

ただ、肝心なのは2の効果。

天使が墓地に送られたら、
墓地を天使を除外して、その天使よりレベルの高い天使を手札から出せる。

つまりは、ザワールドですよ(笑)。

世界を支配する能力につながるので、
見逃す手はありません。

リンク3なので、ちょっと出しにくいですけど、
EXデッキに忍ばせておくと活躍するときが来るかも。

失楽の堕天使

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/天使族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分がモンスター2体のリリースを必要とする天使族モンスターのアドバンス召喚をする場合、
モンスター2体をリリースせずに自分の墓地からモンスター2体を除外してアドバンス召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「堕天使」モンスター1体を選び、手札に加えるか墓地へ送る。
(3):自分エンドフェイズに発動する。
自分はフィールドの天使族モンスターの数×500LP回復する。

天使のアドバンス召喚を、墓地を除外することで肩代わりできる。

ザワールドや、アテナなど、大型の天使が扱いやすくなる。

堕天使サポートは、パーシアス同様、
構築を寄せることはできるので、お好みで。

こいつから、パーシアスにつながるので、
維持できれば、その先の展開も見えてくる。

警衛バリケイドベルグ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分の墓地から永続魔法カードまたはフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

先ほどのデスペラードのトリガーとして。

効果も、ヴァルハラや光の結界を回収できるので、
意外にも優秀。ただ破壊されるだけの存在ではない。

場にいるだけで、光の結界を守ってくれるので、
全然シナジーしなさそうな見た目に反して、しっかりサポートしてくれる。

こいつ、結構種族属性が優秀で、
効果も、腐りにくいから、そのうち微妙に値上がりするんじゃないかと思うんだよなあ。

まだ持っていなかったらぜひ買っておいた方が!

アルカナフォースと相性の良いカード【魔法・罠カード】

神の居城-ヴァルハラ

永続魔法
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動と処理ができる。

展開力の乏しいアルカナフォースの必須カード。

専用サーチのヘカテリスもいるので、
そこそこ手札には引き込みやすい。

やはり特に縛りのない特殊召喚は強力で、
アテナやザワールドなど、切り札級のカードもポンっと出てくる。

ただ、2枚目以降引くと腐るので、
魔法カードをコストにするサモンプリーストのようなカードを採用しても良いかも。

セカンド・チャンス

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか適用できない。
(1):自分がコイントスを行う効果を適用する際に、
コイントスを最初からやり直す事ができる。

泣きの一回!が合法で行えます(笑)。

運命力に自信のないあなたに。

とは言え、何回やっても結局50%なので。

わざわざ枠を使わなくてもいいかな?

まあ、ネタとしてなら盛り上がるかもっていうことで紹介です。

禁じられた聖杯

速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。

失楽の魔女からサーチできるカード。

アルカナフォースののデメリットを打ち消せるし、
シンプルに相手の効果を止めることもできる。

腐りにくい汎用的なカードなので、
デッキの邪魔をせずに無理なく採用できる。

エンペラー・オーダー

永続罠
(1):モンスターが召喚に成功した時に発動するモンスターの効果が発動した時、
この効果を発動できる。
その発動を無効にする。
その後、発動を無効にされたプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

知ってますかね?このカード。

結構古いカードで、再録もされていないと思うので、
最近始めた人にはなじみが薄いかも。

帝デッキに入っていたけど、
帝デッキの最大のメタカードでもあったこのカード(笑)。

アルカナフォースなら、いつでも1ドローに。

コイントスの醍醐味を消してしまうので、面白みはないですけどね。

一応、任意なので、ザワールドなどの本命はきっちり通せます。

また、相手の召喚成功時の効果も、
ドローに変換できるので、地味に妨害も兼ねています。

罠ゆえの重さはあるけど、使っていて面白いカードですね。

擬似空間

フィールド魔法
(1):1ターンに1度、自分の墓地からフィールド魔法カード1枚を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは除外したカードと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

3枚目以降の光の結界。

墓地のフィールドコピーとシンプルな効果。

光の結界と違って、エンドフェイズまでなので、
光の結界のスタンバイフェイズのコイントスを回避できる。

まあ、墓地に光の結界がたまっていないといけないけどね。

割と便利だし、テラフォーミングが制限な世の中なので、
お試しの意味も込めて。

ヘッド・ジャッジング

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手がフィールドのモンスターの効果を発動した時に発動できる。
発動したそのプレイヤーはコイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、このカードは墓地へ送られる。
ハズレの場合、その発動を無効にし、
そのモンスターのコントロールをそのプレイヤーから見て相手に移す。

こんなカードあったんですね(笑)。

しかも結構最近。見落としてた。

永続罠で、コイントスを当てれば、
なんと効果を発動したモンスターを奪えます(笑)。

なんと大味で強力な。

最悪、自部が外しても、機巧狐-宇迦之御魂稲荷の、
リクルート効果の的にできますし、相手は効果発動しにくいしと、
いいことづくめではないでしょうか(笑)。

アルカナフォースの効果を外しても、
相手に押し付けられると考えると悪くないかも??

まあ、完全なネタ・・・とも言い切れませんけど、
アルカナフォースらしくていんじゃないでしょうか(笑)。

【テーマ研究】アルカナフォースと相性の良いカードたちはどれか?:まとめ

ってことで、アルカナフォースの相性のよさげなカードでした~。

機巧狐-宇迦之御魂稲荷の存在は大きいですね。

これからのアルカナフォースのトレンドになりそうです。

まあ、アルカナフォースにトレンドが生まれるほど使用者が多いのかは知らんけど(笑)。

やはり天使寄りのカードプールだけど、
今度来る天使族ストラクの強化の恩恵も受けられるかもですし、
期待大ですね!

ってことで、今日はこの辺で!

【テーマ解説】アルカナフォースは強いのか??【遊戯王】

コメント

タイトルとURLをコピーしました