2021年7月1日リミットレギュレーション。規制や緩和の理由考察と環境への影響を考える。

環境考察

前回の改定記事↓

個人的に波乱を巻き起こしそうな、7月1日からのリミットレギュレーションが発表されましたね。

4月がほぼ規制がないのも同然だったので、
7月はかなりのカードが規制されるのか、と思っています。

が、結果はほぼノーダメ。

十二獣が大きくダメージを受けましたが、
鉄獣戦線はLLという新たなパートナーを手に入れているため、
十二獣が見捨てられた形となりましたね(笑)。

では、どんなカードが禁止になったのか?
見ていって感想でも言っていきましょうか!

↓公式の動画です。まあ、あんまり大したこと言ってないけど(笑)。

2021年7月1日リミットレギュレーション

スポンサーリンク

禁止

十二獣ドランシア

エクシーズ・効果モンスター(制限カード、2021年7月1日から禁止カード)
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

はい、再びですね。

ドランシアは二度死ぬ。

鉄獣戦線の規制として、いつもの周りをそぎ落としていく感じですね。

ただ、ちょうどLLという強力な相方を手に入れたので、
肝心の鉄獣戦線へのダメージはそれほどでしょうかね。

当然、十二獣は完全に死んだ。
せっかくサラブレードシークレット買ったのに(´;ω;`)。

やはり、天キ1枚からフリーチェーンの
お手軽除去モンスターが出るのがやばかったんですかね。

確かに、使っていて頼もしかったですし、
こんなに消費少なくてこんなモンスターを使ってもいいのか?とは思いましたけど。

こいつの禁止で、十二獣は鉄獣戦線の枠を追われた・・・、と思いますけど、
一応、十二獣の重ねまくるエクシーズ連打は、鉄獣戦線のコスト確保にうってつけ。

単純なコスト確保でなら、全然出番あるのかなと思います。

この調子だと、ブルホーンは向こう10年は帰ってこなさそうですね(笑)。

ドランシアが消えたことで、
召喚から動くデッキは、多少ましになったんじゃないかと思います。

電脳堺とかは、無効系よりも除去に弱いので、
相対的に動きやすくなるかも。

うーむ、電脳堺も十分強いんですけどね。
コナミはかなり十二獣警戒しているのが分かります。

制限

なし!

平和だね!

一枚くらい、エラッタ禁止緩和とか来るかと思ったけどな~。

準制限

PSYフレームギア・γ

特殊召喚・チューナー・効果モンスター(2021年7月1日から準制限カード)
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守   0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、
相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、
その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

こいつ禁止はいいのかな?

手札誘発禁止は、あまりやらない方が良いとは思うんですよね。

これによって、展開系のデッキは動きやすくなったかな。

無効+破壊を持った手札誘発は貴重ですからね。

この破壊効果のおかげで、展開系デッキをけん制していたγですが、
こいつがいなくなることで、環境が高速化していきそうな予感。

今後、公式が推していきたいデッキが展開系なんでしょうか?

制限改定から、こんな邪推をするのも面白いですね(笑)。

炎舞-「天璣」

永続魔法(2021年7月1日から準制限カード)
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

こちらは十二獣と鉄獣戦線の規制ですね。

フラクトールへのアクセス手段が減ったのは痛いですね。

鉄獣戦線は獣戦士・獣・鳥獣で出張で来たので、
それら全般のポテンシャルは若干落ちたといっていいでしょう。

まあ、増援が制限なんだし、
有用なカードが増えてきたら、制限でも文句は言えないですね。

ただ、鉄獣戦線単体で見ると、やはりそこまでパワーは落ちないのではないかと思います。

頭一つ抜けていた鉄獣戦線を、
ほんのり抑えたかったんだと思うので、控えめに規制ってところかな?

ペンデュラム・コール

通常魔法(制限カード、2021年7月1日から準制限カード)
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、
「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
カード名が異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。
このカードの発動後、次の相手ターン終了時まで
自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

魔術師はうれしい緩和ですね。

魔術師自体は、元は環境にいたくらい強力でしたが、
単純にルール変更で弱体化。

エレクトラムで踏ん張ってはいましたが、
最近では一線を退いた印象した。

が、このカードはかなりパワーが高いので、
1枚から2枚になって、魔術師の回転力が強まったんじゃないかと思います。

1枚でPスケールがそろうカードはやはり強力。

おまけの効果も強いし、
環境トップとまではいかなくても、
大会で見かけるくらいにはなりそうな予感。

これは、群雄割拠な環境をより混沌とさせたかったのでしょうね。

制限解除

ゼンマイマジシャン

遊戯王 GENF-JP014-R 《ゼンマイマジシャン》 Rare
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥549(2021/07/31 15:44時点)
効果モンスター(準制限カード、2021年7月1日から制限解除)
星4/炎属性/魔法使い族/攻 600/守1800
「ゼンマイマジシャン」以外の「ゼンマイ」と名のついたモンスターの
効果が発動した場合、自分のデッキから「ゼンマイ」と名のついた
レベル4以下のモンスター1体を表側守備表示で特殊召喚する事ができる。
この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。

悪名高い先攻全ハンデスで有名なゼンマイ。

その主犯格がついに釈放されました。

首謀者のゼンマイハンターがまだ禁止なので、
ハンデスはないのでOKということでしょうか。

まあ、ゼンマイティも制限なので、かつての展開力はないでしょうね。

ただ、シャークはいるので、
簡単にランク4にアクセスできるようになったのは朗報。

ホープ強化に合わせて、ランク4パーツ緩和したんですかね。

ゼアルが盛り上がっているし、
もしかしたら、ゼンマイ強化が来る前触れですかね?

ありそう(笑)。

マスマティシャン

効果モンスター(準制限カード、2021年7月1日から制限解除)
星3/地属性/魔法使い族/攻1500/守 500
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキからレベル4以下のモンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

こいつ準制限だったんですね。

レベル4以下限定のおろかな埋葬ですね。

確かに、最近はほとんど目立ってなかったような気がします。

汎用性が高すぎて、逆に居場所がなくなってきた印象ですね。

最近はテーマ内で墓地肥やし要員がいますからね。

どうしてもグッドスタッフ的なデッキでの活躍にとどまりそうですが、
さて、どうなるか。

ファイアウォール・ドラゴン

リンク・効果モンスター(準制限カード、2021年7月1日から制限解除)
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
このカードの相互リンク先のモンスターの数まで、
自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。

まあ、みんな知ってた枠。

効果がかなり弱くなったので、
別に3枚使えてもいいかな?って思ったいたので。

登場時に比べて、カードプールが増えたので、
このカードを複数枚採用するのは、難しくなったしね。

こいつの緩和は、環境には影響ないでしょうね。

コード・トーカーとかは、一枚で十分だろうし。

ユニオン格納庫

フィールド魔法(準制限カード、2021年7月1日から制限解除)
「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが
召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性の
ユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。
この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

前回に引き続き、緩和。

ついに無制限に。

ユニオン、まったく使用率低いですもんね。

サイバーダークが発売された瞬間なので、
ユニオン解除したかったんでしょうね。

微妙にサイバーダークとはシナジー薄いけど。

ABCはポテンシャル高いデッキではあるので、
可能性がないことはないけど、今の罠環境だときついかな。

カジュアルなら全然やれるはずなので、
今からデッキ組みたいって人には朗報ですね。

2021年7月1日リミットレギュレーションまとめ:環境への影響は?

4月と同様、かなり平和な改定ですね。

まあ、引き続きコロナ禍で、大会環境が把握しにくかったのもあるでしょうね。

とは言え、一強といえるようなデッキはないので、
あまり規制すべきカードもなかったのが本音でしょうか。

一番影響を受けるのは、当然、鉄獣戦線と十二獣ですね。

十二獣ほ特に、純構築のパワーはがた落ちですね。

鉄獣戦線は、獣戦士寄りの構築を見直す必要が出てきたように思います。

といっても、LLなど、鳥獣族の強いテーマが出てきそうなので、
そちらに乗り換えてノーダメっぽいですね(笑)。

きっと、十二獣をコナミに売ったんですね。

緩和組は多いですが、
環境に影響を与えるほどのインパクトはないと思います。

が、ユニオンや魔術師は多少はかつての力を取り戻すでしょうから、
ファンの人にはうれしいニュースですね。

この2テーマは、キーカード緩和で、十分戦えるデッキになっていると思いますし、
大会で使用する人も出てくるかもですね。

なんにせよ、平和な改定かつ、既存テーマが動きやすくなるので、
良い改定だったのではと思います。

最近の遊戯王安定しているな~。
凪だよ、凪(笑)

では今日はこの辺で~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました