【デッキ考案】2021年6月更新:罠型@イグニスターデッキレシピ

デッキレシピ

前回記事たち↓

【テーマ解説】@イグニスターは強いのか??【遊戯王】

【テーマ研究】@イグニスターと相性の良いカードたちはどれか?

これらを踏まえて、今回は2021年6月現在、
最強だと砂原が考える@イグニスターデッキを紹介します!

【遊戯王】@イグニスターデッキレシピ

では、さっそくどうぞ!

メインデッキ40枚

モンスター 12枚

アチチ@イグニスター 3枚

ピカリ@イグニスター 3枚

ドヨン@イグニスター 1枚

ガッチリ@イグニスター 1枚

ブルル@イグニスター 1枚

マイクロ・コーダー 3枚

魔法 15枚

めぐり-Ai- 3枚

Aiドリング・ボーン 3枚

イグニスターAiランド 1枚

ハーピィの羽箒 1枚

サイバネット・マイニング 3枚

テラ・フォーミング 1枚

墓穴の指名者 2枚

サイバネット・コーデック 1枚

罠 13枚

無限泡影 3枚

神の宣告 3枚

神の通告 3枚

大捕り物 2枚

サイバネット・コンフリクト 2枚

エクストラデッキ

ダークインファント@イグニスター 2枚

スプラッシュメイジ 2枚

トランスコード・トーカー 2枚

アクセスコード・トーカー 1枚

デコード・トーカー 1枚

デコードトーカー・ヒートソウル 1枚

ファイアウォール・ドラゴン 1枚

コード・トーカー 1枚

コード・トーカー・インヴァード 1枚

リングリボー 1枚

アップデートジャマー 1枚

I:Pマスカレーナ  1枚

【遊戯王】@イグニスターデッキレシピ:戦い方・回し方解説

展開型と罠型、どっちにしようか迷ったけど、
今回は私も使用している罠型をご紹介。

展開型もそのうちレシピにしたいですね。

でも、現状だと、罠型の方がどんなデッキにも安定して戦える印象。

最小限のカード枚数で戦いつつ、
こちらは強力な罠で相手を妨害、アドバンテージ差を広げていくのが、罠型の強み。

人によっては性に合わないかもですが(笑)。

ただ、コード・トーカーと違い、
初動が多いので、完全な劣化にならないのが@イグニスターの偉いところ。

STEP1:アチチからすべてが始まる

アチチ召喚→ピカリサーチ→ダークインファントリンク召喚
→アイランドサーチ→アイランド効果でピカリ特殊召喚
→ピカリ効果、めぐり-Ai-サーチ→めぐり-Ai-でドヨンサーチ
→ピカリとダークインファントでスプラッシュメイジ→アイランド効果でドヨン特殊召喚
→ドヨン効果、アチチ回収→メイジ効果、ピカリ蘇生→メイジとピカリでトランスコード
→トランスコード効果でメイジ蘇生→メイジとドヨンでヒートソウル
→ヒートソウルでドロー→ヒートソウルとピカリでファイアウォール

とまあ、こんな感じ。

アチチから、ファイアウォール+トランスコード(耐性付与)+ハンドの罠とか

って布陣が完成する。

これをベースに、マイクロコーダーがあれば、
サイバネットコンフリクトを構えられたりもするので、かなり強固な布陣に。

ファイアウォールで妨害も構えているので、
相手からしたらやりにくいと思います。

こんな感じで、硬い布陣を押し付けて、
こちらはじわじわと攻めていくイメージで動きたいですね。

STEP2:アクセスコード+アップデートジャマーの5300に回攻撃がエグイ

先ほど紹介した展開ルートを応用して、
アップデートジャマーを絡めてアクセスコード・トーカーを出すことで、
5300の二回攻撃という怪物が生まれる(笑)。

罠型で守備型のデッキと見せかけておいて、
攻めるときも、少ないリソースで一気に攻める!

いや~、言葉にすると強そうですね。

まあ、実際強いですけどね!

展開型は物量で押していくタイプですけど、
こちらは確実で重い攻めを一発叩き込みます(2回攻撃だけど(笑))。

この辺はコード・トーカーのポテンシャルを、
@イグニスターが引っ張り出している感じですね。

STEP3:罠型ゆえのカスタマイズ性のがある

罠型@イグニスターは、守る布陣を作るために展開して、
攻めるときは、アクセスコード・トーカーを軸に少ないリソースで攻める。

守備全力、攻めは一転集中ってイメージでプレイするとうまくいくと思う。

で、ここからは構築段階の話。

罠型の強みは、おおよそ10枚前後の罠を、
自分の周りの環境に合わせて入れ替えられる点。

良くも悪くも、コンフリクト以外の罠カードは、
サーチなどでシナジーしていない、独立したカード。

最悪、何でもよいのだ(笑)。

完全耐性持ちを出してくる人が多いなら、召喚無効系の罠。

展開力が多いデッキなら、虚無空間のような封殺系。

フリーチェーン除去が刺さるなら、強制脱出装置や大捕り物など。

色んな選択肢があるので、今回紹介したレシピを元に、
仮想敵に合わせた罠を採用してほしいですね。

【遊戯王】@イグニスターデッキレシピ:変なカードの採用理由

アップデートジャマー

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左】
レベル2以上のサイバース族モンスター2体
(1):自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
ダメージステップ終了時まで、このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、
その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。
その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、相手に1000ダメージを与える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをリンク素材としたリンクモンスターはこのターン、
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

最近まで知らなかったんですけど、皆さん知ってましたか?

私だけかな、知らんかったの(笑)。

めっちゃ強いですね。

1の効果は知っていて、友人との無限エクストラデュエルで、
ピンポイントメタかまされて負けたので覚えていましたが(笑)。

こいつをリンク素材にしたら、なんとそのリンクモンスターに2回攻撃を付与するんですね!

全然知らんかった(笑)。
遊戯王ブロガーの恥(笑)。

こいつの存在を知ったので、色々はかどりそうです。

@イグニスターでは、ジ・アライバルやダークフルードに2回攻撃を付与させてもよさそう。

イラストもレアリティも地味だけど、
今後のカード次第では、もっともっと評価が上がりそうですね!

【遊戯王】@イグニスターデッキレシピ:まとめ

今回は、アップデートジャマーを知れたのが一番の収穫。

@イグニスターに関しては、罠型が一番対応力がある形だなあ、とも思いましたね。

展開型は、ルートを覚えるのも大変なので、
慣れないうちは難しいですが、罠型は初心者でも扱いやすいと思いますよ。

何より、昨今は軽視されがちな罠カードの強さを、
改めて知ることができますからね(笑)。

やっぱ、ガン伏せて強いな。そう思えるようになるはずです。

かくいう私も、罠とか遅くね?と思って早3年。

最近はその考えを改めつつありましたが、
このデッキを使ってみて、完全に意識が変わりました。

スローテンポで駆け引きを楽しみたい方、
罠型@イグニスター、おすすめですよ!

それでは今日はこの辺で!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました