【遊戯王】2021年最高の初心者向けデッキ!3箱で組めるデッキレシピも紹介!【サイバー流の後継者】

テーマ解説

今更ですが、最高の初心者向けストラクチャーデッキ、サイバー流の後継者が出ましたね!

↑これ、新品&中古品ってところクリックした方がお得だからね!
定価1400円(税込み)くらいだったので、あまり高かったら近場のショップで買った方が丸い。

おそらく、遊戯王史上最高クラスのストラクチャーデッキの完成度。
帝王ストラクほどではないですが、3箱買うことで完結しているこのデッキ、
本当に初心者におすすめです。

そして、サイバー流の一人として(?)、
初心者や復帰勢の方に、サイバー流の後継者となっていただけるよう!

普及活動に勤しんでいきたいと思います!!

サイバー流の後継者のが初心者におススメできるデッキな3つの理由

1.テーマ内必須カードがすべて収録されている!エクストラデッキまで!

遊戯王初心者もしくは、昔遊戯王をやっていたという復帰勢の方、
現代遊戯王は、エクストラデッキが必須なんです。

ほとんどのデッキで、メインデッキのモンスターを、
エクストラデッキのモンスターに変換して戦います。

でも、数年前まで、あんまりストラクチャーデッキに、
このエクストラデッキのモンスターが収録されていることは少なかったんです。
(または、3枚程度だったり)

でも、このサイバー流の後継者は違います!

このデッキの動きに必要とされるカードは含まれているので、
3箱買って合わせれば、十分戦えます。
(なんなら、1箱だけでもそこそこ戦えたりも)

また、このサイバー流の後継者、
サイバーダークという闇属性・機械族のテーマデッキなのですが、
今回は、サイバーダーク関連のカードがほぼすべて収録されています。

近年、ストラクチャーデッキの質が高まってきている感じはありましたが、
ここまで質の高いラインナップには驚きです。

さらに、後述しますが、
いわゆる【表サイバー流】のカードも豊富に収録されています。

つまり、1つのデッキで2つのテーマデッキが組める、ということですね!

2.高額汎用カードが収録されている!

注目は、無限泡影とライトニング・ストーム。

特に、無限泡影は1000円近い価格で取引されていたカード。

現状、どんなデッキにも入りうる頼もしい妨害カード。
一度使い方を覚えてしまえば、初心者にも扱いやすいカードなので安心です。

ライトニング・ストームも強力な汎用カード。

復帰勢の方は、その効果に驚かれるでしょうが(笑)。

これも、500円くらいで販売されていて、
トーナメントシーンでも、後攻を取ったプレイヤーがデッキに忍ばせていたりするぐらいには強力。

他にも、一時期は3000円くらいしたゲール・ドグラ、
扱いやすいパージェストマ・カナディア、万能蘇生のリビングデッドの呼び声、
一部デッキでは強力な機械複製術、融合デッキ御用達の融合派兵など。

これレから遊戯王を始める上で、
特に融合デッキを組みやすいようなサポートがそろっています。

なので、安心してサイバー流の後継者になって下さいね(笑)。

3.少しカードを買えば、2つのテーマを組むことが可能!

今回のサイバー流の後継者では、
サイバーダークといわれる、いわゆる【裏サイバー流】のカードが主役。

でも、収録カードを見てみると、
なんと【表サイバー流】でもガンガン使うカードが入っています。

なので、もしサイバーダークに飽きたなあ、なんてことになっても、
再録されて安くなった、ノヴァ+インフィニティセットを買うだけで、
表サイバー流が組めてしまうんです!

なんとお得なデッキなんでしょう(笑)。

このストラクチャーデッキを買えば、
あなたもサイバー流のとりこになること間違いなしですね!

初心者向け!3箱で組めるサイバー流の後継者デッキレシピ!

では、このデッキを紹介する前に、とりあえずデッキレシピから!

え!いきなりですか?って人、安心してください。

遊戯王は、まずデッキを組んで、
回し方の記事を読みながら、実際にカードを触るのが1番です!

なので、まずは、あなたの手元のそのサイバーダーク。

デッキに仕上げてしまいましょう!

で、まずは、3箱だけで組んだサイバーダークデッキをご紹介です!

モンスター 18枚

サイバー・ダーク・キール 2枚

サイバー・ダーク・エッジ 2枚

サイバー・ダーク・ホーン 2枚

サイバー・ダーク・キメラ 3枚

サイバー・ダーク・カノン 3枚

サイバー・ダーク・クロー 3枚

サイバー・ドラゴン・コア 3枚

魔法 15枚

サイバー・ダーク・ワールド 3枚

エマージェンシー・サイバー 3枚

サイバネティック・ホライゾン 2枚

サイバーダーク・インフェルノ 2枚

オーバーロード・フュージョン 2枚

エターナル・サイバー 1枚

パワー・ボンド 1枚

リミッター解除 1枚

罠 7枚

サイバーダーク・インヴェイジョン 2枚

パワー・ウォール 2枚

無限泡影 3枚

EXデッキ 15枚

鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴン 3枚

鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン 3枚

鎧獄竜-サイバー・ダークネス・ドラゴン 3枚

サイバー・エンド・ドラゴン 3枚

キメラティック・オーバー・ドラゴン 3枚

初心者向け!3箱で組めるサイバー流の後継者デッキレシピ!:回し方!

それでは、回し方。

というか、各カードの役割から見ていきましょうか。

実は、3箱で組む場合は、回し方という回し方はないです(笑)。

かなりシンプルに動きますので、そういった意味でも初心者の方におススメです。

戦闘を通じて、相手とコミュニケーションをとれる良いデッキなんですね。

サイバーダークの基本の動き

これは、サイバー・ダーク3兄弟(キール・エッジ・ホーン)で、
墓地のサイバー・ダーク(カノン・クロー)を装備して、
その効果でアドバンテージを取っていく、という流れ。

3兄弟は、下級ではありますが、その効果で攻撃力が2400に。
戦闘でもそこそこやれます。

彼らで戦線を維持しつつ、
クローやカノンの効果で墓地を肥やし、
オーバーロード・フュージョンやパワー・ボンド+キメラのコンボで、
一気に強力な融合モンスターを召喚します。

特に、看板の鎧皇竜-サイバー・ダーク・エンド・ドラゴンは、
ひとたび場に出れば、相手からしたら除去するのは至難の業。

デッキによっては対処不可能だったりします。

なので、序盤は墓地を肥やして、
終盤は強力な融合モンスターでけりをつけるのがサイバー流の戦い方。

それを踏まえて、続きを見ていきましょうか。

最初に引いておきたいカードたち

・サイバー・ダーク・ワールド
→サイバーダ・ダークモンスターサーチ。召喚権も増えるので、戦いやすくなる。

・サイバー・ダーク・カノン
→サイバー・ダークモンスターを万能サーチ。墓地でサイバー・ダークの装備に。

・サイバー・ダーク・クロー
→サイバー・ダーク魔法罠を万能サーチ。墓地でサイバー・ダークの装備に。

・サイバー・ドラゴン・コア
→エマージェンシー・サイバーやサイバー魔法罠をサーチ。対応力がずぬけている。

・サイバネティック・ホライゾン
→高速墓地肥やし+EXからサイバー・エンドを墓地に送れる。サーチもできる初動札。

・エマージェンシー・サイバー
→上記サイバー・ドラゴン・コアをサーチできるため。

カノンさえ引けていれば、
カノン効果→クローサーチ→クロー効果→サイバー・ダーク・ワールドサーチ
とつながる。

また、サイバー・ドラゴン・コアからも、
サイバーダ・ダーク・ワールドをサーチできるので、
実はシナジーする。

サイバネティック・ホライゾンも同じですね。

墓地肥やし兼サーチと、かなり優秀なカード。

で、お気づきかと思いますが、
これら6種類のカードが初動札。

各3枚投入すれば、デッキのほぼ半分が初動札になるのです。

つまり、かなり安定しますね。

毎回、同じような動きをできるので、
その辺も、扱いやすいデッキじゃないかと思います。

中盤の準備のための動き

・サイバー・ダーク・キメラ
→墓地肥やし要員+パワー・ボンドサーチ。鎧皇竜の素材が墓地に揃ったら、こいつの出番。

・サイバーダーク・インヴェイジョン
→妨害札。こいつで相手をけん制しつつ、カノンやクローでアドを取っていこう。

・エターナル・サイバー
→これで、サイバー・エンドを蘇生して場をつないだりしていこう。

初動札から、墓地を整えたら、
切り札を出すまで、相手の攻撃を凌がないといけない。

そこで、インヴェイジョンやエターナル・サイバーを使って、
お茶を濁していこう。

インヴェイジョンは、特に強力で、
維持できれば、毎ターンアドバンテージを獲得できる。

貴重なサイバーダークの妨害手段。使わない手はない。

あとは、レシピに入っている、無限泡影。

強力な妨害札なので、相手のやばそうな効果を持ったモンスターはきっちり止めていこう。

どこを止めればよいか分からん!って人は、
とりあえずこっちのカードを破壊する効果を無効にしておけばOK。

キメラは、終盤のフィニッシュにつなげるモンスター。

行ける!と判断したら、パワー・ボンドで墓地融合して、
高火力を叩き込んでいくのもあり。

ただ、パワー・ボンドはデメリットでライフがごっそり持っていかれる場合があるので注意!

切り札を出して勝負を決めよう!

・オーバーロード・フュージョン
→簡単に使える切り札。場合によっては、キメラティックを融合する場合も。

・パワー・ボンド
→鎧皇竜を出せば、驚異の1万!勝負を決めるときだけ使おう。デメリットがやばいぞ!

・鎧黒竜-サイバー・ダーク・ドラゴン
→屈指の強力モンスター。出れば一気に勝ちに近づく。

やはり、最後は融合カード!

ド級の攻撃力を生み出すパワー・ボンド。

墓地が肥えていれば簡単に使える、オーバーロード・フュージョン。

この二つを使い分けて、鎧皇竜などの、
サイバー融合モンスターを操って、デュエルを終わらせにかかろう。

ただし、パワー・ボンドはライフが削れるデメリット、
オーバーロード・フュージョンは墓地が無くなるデメリットがある。

出した融合モンスターを罠などで除去されてしまうと、
その後の展開が厳しくなるので、使いどころは見極めよう。

初心者必見!サイバー流の後継者デッキを強化するカードたち!

では、ここからは、サイバー流の後継者をさらに強いデッキにするためのカードを紹介します。

やはり、3箱ではできることが限られていますからね。

これらのカードを加えると、ぐっと強くなるはずです!

破壊剣-ドラゴンバスターブレード

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 400/守 300
「破壊剣-ドラゴンバスターブレード」の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの「バスター・ブレイダー」1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードが装備されている場合、相手はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

価格:約400円

一見、シナジーがないように見えるこのカード。
サイバーダークの効果で装備できちゃいます。

実は適当に装備するだけで超強いです(笑)。

相手のEXデッキの利用をシャットアウトする効果を持ち、
大抵のデッキは機能停止に陥ります。

サイバーダークは、準備に時間がかかるので、
これで足止めをするのがシンプルに強力。

サイバーダーク・インヴェイジョンで、フリーチェーンで装備魔法にできるので、
思ったよりも扱いやすい妨害札になります。

これを装備した鎧皇竜はマジで無敵(笑)。

ちなみに、墓地に送る手段は、
サイバー・ダーク・カノンやおろかな埋葬ですかね。
あとはユニオン・キャリアーでも持ってこられるので、そんなに心配しなくてOK。

ただ、意外と高いので(笑)。
まあ、400円あれば手に入るかなあ?
幸い、1枚でも十分なカードなので、思い切って買うことをお勧めします。

ユニオン・キャリアー

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:右/下】
種族または属性が同じモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
元々の種族または元々の属性が対象のモンスターと同じモンスター1体を手札・デッキから選び、
攻撃力1000アップの装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
この効果でデッキから装備した場合、
ターン終了時まで自分はその装備したモンスターカード及びその同名モンスターを特殊召喚できない。

価格:約1000円

汎用的なリンク2モンスター。

サイバーダークでも、抜群の相性を誇りますね。

先ほどのバスターブレードはもちろん、
当然すべてのサイバーダークをデッキから引っ張ってこれます。

コンボパーツとして非常に優秀で、
サイバーダークの初動を担ってくれます。

先攻ではやることが少なかったですが、
このカードのおかげで、どんな状況からも、
バスターブレードを装備状態で相手にターンを渡せるようになりました。

・・・欠点はかなり高い点。

ただ、本当に便利で強いカード。
初心者でも勇気を出して1枚は買ってほしいところ(再録したらごめんね)。

欲を言えば、2枚あると完璧です。

旧神ヌトス

融合・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻2500/守1200
Sモンスター+Xモンスター
自分フィールドの上記カードを墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
自分は「旧神ヌトス」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

価格:約100円

サイバー・ダーク・クロー用のカード。

クロー装備時に、戦闘を行うとEXのこのカードを墓地に送れる。
このカードは墓地に送られると、相手のカードを破壊できるので、
戦闘破壊+効果破壊で相手の場を荒らせます。

今は再録されて安くなったので、
100円もかからず買えるはず。入れる入れないは別にして、とりあえず3枚買っておこう。

ドラグマ・パニッシュメント

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以上の攻撃力を持つモンスター1体を自分のEXデッキから墓地へ送り、
対象のモンスターを破壊する。
このカードの発動後、次の自分ターンの終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

価格:約100円

デメリットは痛いものの、サイバーダークであれば何とか扱える。

EXのサイバーエンドなどを墓地に送って、
準備をしつつ、相手の妨害をしていけるのが強力。

先ほどのヌトスを送っても、2枚破壊と破格の性能。

このカードを使用したら、バスターブレードの制圧効果などで、
相手の動きを止めつつ、デメリットの解除を待とう。

ちょっと使いにくいかもだけど、
面白いカードなので、難しいカードに挑戦したい初心者の方にはぜひ。

ドラグニティ-ファランクス

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100
(1):1ターンに1度、このカードが装備カード扱いとして
装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。

価格:1200円(ストラクの価格)

装備後に特殊召喚できるドラゴン族チューナー。

サイバーダークにシンクロのギミックを入れられます。

通常のデッキタイプとは、対応力が異なるので、
ちょっと面白い動きができるかも。

で、もしこいつを買うなら、
ついでにドラグニティのストラクチャーデッキもどうですか??

あちらも、かなり質の良いカードがそろっているし、
今回のサイバー流の後継者と相性が良いカードも多いです。

6000円で3つデッキがそろうって、良くない(笑)??

超電磁タートル

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻   0/守1800
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):相手バトルフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。
そのバトルフェイズを終了する。

価格:約50円

カノンで墓地に送る要因ですね。

効果はシンプル、バトルフェイズの強制終了。

1ターンの延命ができます。

サイバー流であれば、1ターンあれば十分!

準備したリソースを使って、パワー・ボンドワンキルを決めてやりましょう!

ってな感じで、かなり助かる1枚となっています。
めっちゃ安いですし、1枚仕込んでおくと助かります。

サイバー・エタニティ・ドラゴン

融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻2800/守4000
「サイバー・ドラゴン」モンスター+機械族モンスター×2
(1):自分の墓地に機械族の融合モンスターが存在する限り、
このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):融合召喚したこのカードが相手によって墓地へ送られた場合に発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「サイバー・ドラゴン」1体を選んで特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの融合モンスターは相手の効果の対象にならず、
相手の効果では破壊されない。

価格:約1200円

なんか高騰してるね(笑)。

こいつは、サイバー・ドラゴン・コアが融合素材として使えます。

単体でも十分強いですが、3の効果がサイバーダークでは優秀。

特に、バスターブレードを装備したサイバーダーク融合モンスターが耐性を付けると、
相手としてはかなり苦しい状況に。

クローやサイバネティックホライズンで容易に落とせるので、
思っていたよりも扱いやすいカードです。

でも、こいつは別になくても大丈夫なので、
予算が厳しいなら、スルーでOKです。

サイバー・ツイン・ドラゴン

融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2100
「サイバー・ドラゴン」+「サイバー・ドラゴン」
このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

価格:約50円

実は、サイバー・ドラゴン・コアを融合素材に出せます。
コアは、実はサイバー・ドラゴンとして扱う隠れた効果があるので(笑)。

パワー・ボンドで出せば、5600の2回攻撃!

それだけでゲームエンド級ですね!

また、エターナル・サイバーでの蘇生も、
確か対応していたはずなので、ポンと出てくる打点要因として。

殲滅力はトップクラス。
安いし、ぜひ持っておいてください。

捕食植物キメラフレシア

融合・効果モンスター
星7/闇属性/植物族/攻2500/守2000
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
(1):1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つ
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
(2):このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、
このカードの攻撃力は1000アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。
デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

価格:約200円

こいつは、3の効果のためだけのカード。

クローで墓地に送れば、フュージョン魔法カードをサーチできる。

サーチが難しい、オーバーロード・フュージョンを持ってこられるのは大きいです。

当然、ドラグマ・パニッシュメントでも墓地に落とせるので、
隙を見て効果発動を狙っていきたいモンスター。

サイバーダークだけでなく、
あらゆる融合デッキに採用されうる汎用性の高さがあるので、
これを機に買っておくと良いことあるかも??

F・G・D

遊戯王カード 【 F・G・D [シークレット] 】 GB7-001-SI
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥2,849(2021/06/06 20:42時点)
融合・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
ドラゴン族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。

価格:約100円

完全な打点要因。

鎧黒竜に装備させるためだけに生まれたカード。

それ以上でも以下でもない(笑)。

語ることは少ないね(笑)。

まあ、趣味のレベルかもだけど、
打点は正義なところあるし、そんなに高いカードでもないからコレクションついでにいかが??

甲纏竜ガイアーム

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/ドラゴン族/攻2000/守1300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、このカード以外の自分の墓地のSモンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻す。
(2):EXデッキから特殊召喚された自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(3):このカードを装備したモンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

価格:約10円

新しめのカードですね。

おそらく、サイバーダークとのシナジーを意識したカードでしょう。
当然、相性は良いです。

ただ、シンクロなので、使用するには、
ドラグニティあたりの力を借りる必要がありますけど。

2と3の効果で、鎧黒竜などに装備、
攻撃するたびにワンドローとかなり強力な効果。

一度、つけてしまえば継続的にアドバンテージが取れるので、
維持しやすい鎧皇龍に装備したいところ。

こういったカードを使いこなせるようになったら、あなたはもう初心者ではない(笑)。

おろかな埋葬

通常魔法(制限カード)
(1):デッキからモンスター1体を墓地へ送る。

価格:約10円

多分、説明はいらないよね??

墓地に送りたいカードが多いので、
この汎用カードは入れましょう!

なぜかストラクチャーデッキに入っていなかった。珍しいです。

ま、入手は容易なので、ぜひ買っておこう!

【遊戯王】2021年最高の初心者向けデッキ!3箱で組めるデッキレシピも紹介!【サイバー流の後継者】:まとめ

さあ、いかがでしたか、サイバー流の後継者。

本当に初心者の方や復帰勢におススメです!

特に、復帰勢は遊戯王GX世代もいるのでは??
あの頃のアニメのデッキが使えるって、燃えるでしょう!

遊戯王始めたいけど、どれ買えばよいかわからない。

そんな人は、迷わずサイバー流の後継者を買いましょう!

きっと、ここから遊戯王にハマっていくはず!

ってことで今日はこの辺で!

ではでは~

↓参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました