【デッキ考案】2021年5月更新:A・O・Jオルフェゴールデッキレシピ

デッキレシピ

前回記事たち↓

【テーマ解説】A・O・Jは強いのか??【遊戯王】

【テーマ研究】A・O・Jと相性の良いカードたちはどれか?

これらを踏まえて、今回は2021年5月現在、
最強だと砂原が考えるA・O・Jデッキを紹介します!

【遊戯王】A・O・Jデッキレシピ

では、さっそくどうぞ!

メインデッキ40枚

モンスター 21枚

A・O・J リーサル・ウェポン 1枚

A・O・J コズミック・クローザー 1枚

A・O・J サイクルリーダー 1枚

A・O・J サイクロン・クリエイター 1枚

オルフェゴール・ディヴェル 1枚

オルフェゴール・スケルツォン 2枚

オルフェゴール・カノーネ 2枚

オルフェゴール・トロイメア 1枚

終末の騎士 1枚

宵星の騎士ギルス 1枚

ブラック・ボンバー 1枚

星遺物-『星鎧』 1枚

星遺物-『星冠』 1枚

壊星壊獣ジズキエル 1枚

シルバー・ガジェット 1枚

ゴールド・ガジェット 1枚

幻獣機オライオン 1枚

魔法 16枚

ワン・フォー・ワン 1枚

リミッター解除 1枚

トランスターン 2枚

ダウンビート 1枚

オルフェゴール・プライム 1枚

星遺物を継ぐもの 2枚

強制転移 1枚

禁じられた一滴 3枚

強欲で貪欲な壺 3枚

罠 5枚

無限泡影 3枚

オルフェゴール・クリマクス 2枚

エクストラデッキ

プラチナ・ガジェット 1枚

オルフェゴール・ガラテア 1枚

星鍵士リイヴ 1枚

リプロドクス 1枚

転晶のコーディネラル 1枚

オルフェゴール・ロンギヌス 1枚

水晶機巧-ハリファイバー 1枚

幻獣機アウローラドン 1枚

ヴァレルロード・S・ドラゴン 1枚

警衛バリケイドベルグ 1枚

A・O・J カタストル 1枚

A・O・J ディサイシブ・アームズ 1枚

宵星の機神ディンギルス 1枚

ブラック・ローズ・ドラゴン 1枚

シューティング・ライザー・ドラゴン 1枚

【遊戯王】A・O・Jデッキレシピ:戦い方・回し方解説

もう、ここ1週間、ずっと『どうしようか?』って仕事中も考えてました(笑)。

結局、『強くする』ならオルフェゴールの力を借りるしかない、と思いましたね。

種族と属性が共通なので、オルフェゴールのデメリットも、A・O・Jなら気にならない。

そして、トランスターンによって、
A・O・J最強のモンスター、リーサルウェポンが出せる。

そこにシナジーを見出しました。
あとは、オルフェゴールの展開力も駆使して、コーディネラルや強制転移で、
光属性を押し付けてなんやかんやします。

基本、リソース少な目かつ事故多めなので、
強欲で貪欲な壺も採用しています。

A・O・Jが除外されたら、泣きましょう(笑)。

STEP1:ギルススタートで、リイヴルートで展開

ギルスのお馴染み展開ルート。

ギルス召喚→星鎧墓地へ、ギルスとトークンでリイヴリンク召喚、
→リイヴ効果で継ぐものセット、継ぐもので星鎧蘇生、星鎧の効果で星冠サーチ、

ここまでをセットにして、あとは手札のカードで分岐していきますね。

手札にオルフェゴールがあるなら、
リイヴと星鎧で警衛バリケイドベルグ、警衛バリケイドベルグのリンク先に星冠を出して、
その2体でプラチナ・ガジェットをリンク召喚。

プラチナガジェットで手札のオルフェゴールを展開できるので、
そこから2体でアウローラドンを出して、オライオン→シンクロ、の流れ。

ここでお気づきかもですが、
A・O・Jは初手展開は無理に狙わないようにしましょう。

というか出す意味がほぼ皆無(笑)。

ただ、これは決して否定しているわけではなく、
A・O・Jが活きるのは、あくまで光属性が相手の場にいる状況で、
攻撃ができるって場面です。

攻撃ができない先攻では、A・O・Jではなく、
オルフェゴールで相手を妨害して、疲弊した相手を返しのターンで叩くんです!

STEP2:トランスターンをうまく使って、リーサルウェポンを呼び出そう

ディヴェルとギルスは、トランスターンでリーサルウェポンになれます。

ここにシナジーを見出しているので、
当然積極的に使っていきましょう!

で、逆にサイクロン・クリエイターなどのレベル3も、
ギルスになれるので、意外と事故率軽減していける良いカードです。

トランスターンは、普通のオルフェゴールにも入るかもね。
結構規制食らっているし。

・・・いや、オルフェゴールの話になったけど、
本題A・O・Jですね(笑)。

リーサルウェポンは、効果自体はかなり強力。
コーディネラルや強制転移でガジェットを送り付けて、
殴っていきたいところ。

あとは、禁じられた1滴で、相手の布陣を崩しつつ、
攻撃力の下がった相手モンスターをリーサルウェポンでとっていく。

光属性出なければ、なんとかリプロドクスを出して変更したりして、
効果発動を狙っていきましょう。

無理やり感あるけど、カジュアルなら割と決まる。

ガチ相手だと、ひき殺されます(笑)。しゃーない。

STEP3:オルフェゴール・クリマクスをうまく使おう

クリマクスのサーチ効果が強力。

このデッキはピン刺し祭りなので、
うまくサーチをして安定感を高めていきたいですね。

相手のデッキタイプによっては、サイクルリーダーが刺さる。

ドライトロンとかだったら、サーチして構えておくと強力。

そういう意味でメインデッキに入れています。
サーチできるDDクロウは強いからね(笑)。

【遊戯王】A・O・Jデッキレシピ:変なカードの採用理由

星遺物-『星冠』

効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2000/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):EXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターが効果を発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(3):通常召喚したこのカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから「星遺物」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

星鎧のサーチ先として採用。

単純に頭数を増やしたかったのもあるけど、
一番の理由はダウンビートでリーサルウェポンを出せるから。

意外なシナジーでしょ(笑)。

この結びつきを見つけたので、A・O・Jもデッキになるかな?と希望が見えた。

機械族なので、存分にアウローラドンの素材にもなれる。

シンクロ素材としても優秀だしね。
レベル6ということで、ディサイシブアームズにも届きやすい

あとは、シンプルに2の効果も強めだしね。
うまく妨害構えられなかったときは、こいつ出してエンド、ってこともできる。

いつもスルーしてたけど、かなり強いね。こいつ。
良いカード見つけたよ。

トランスターン

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地のそのモンスターと種族・属性が同じで
レベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。

このカード、こういうネタデッキを作るときは重宝しそう(笑)。

あとは、種族・属性が共通するテーマを混ぜるときとか。

うーん、ファンデッカーの味方だね。

A・O・Jでは、リーサルウェポンを出したかったので、
ギルスやディヴェルに打ちましょう。

どちらも制限なので、難しいかもしれないけどしゃーない(笑)。

少ないチャンスをものにしないと、A・O・Jは戦えないってことです。

レベル3の闇機械に打てば、当然ギルスをリクルートできる。

ギルス初動は強力なので、その可能性を上げるこいつは、
A・O・J関係なくキーパーツでしょうね。

・・・ギルス制限の状況なら、
ガチデッキでも採用あるんじゃないか?それともすでに採用されてる??

【遊戯王】A・O・Jデッキレシピ:まとめ

A・O・Jデッキ、まじめに考えたの世界で自分だけ説(笑)。

あると思います。

まあ、A・O・J成分少なすぎる気もするけど、
A・O・J主役にするとデッキにならんので。

もっと良い案あるよ!って人は、ぜひ作って教えてください!

普通に気になるので。

まあ、汎用性を捨てて、光属性絶対殺すマン作るって方向もよさそうだけどね。
・・・それでもA・O・Jなら負けそうだけど(笑)。

とは言え、この五十音順にテーマデッキ考える企画、面白いです(笑)。
これを元にYouTube始めようかな。

とA・O・Jはこんな感じ!

それでは今日はこの辺で!

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました