【遊戯王】しくじりカード列伝!~征竜編~【歴代最強??】

今回から新シリーズ、しくじりカード列伝やっていきたいと思います!

ちょっとYouTubeっぽい企画ですけどね(笑)。

一応、遊戯王に限らず、いろんなTCGのぶっ壊れカードたちを紹介したいと思います。

で、記念すべき第一回目は、征竜です!

征竜って??

 LORD OF THE TACHYON GALAXY で登場した征竜。

ちょうど、私は大学生でバリバリ遊戯王やっていました。
あー懐かしい(笑)。

征竜前は、
ジャンド→代行天使→インゼクター→炎星→水精鱗
と環境が推移していましたね。

いずれも、徐々に上がるカードパワーと規制で絶妙なバランスで推移しているところでした。

そんな折、征竜の情報が出回りました。今でも覚えていますね。

はじめは、各属性をサポートする優秀なドラゴン!
という前触れでした。

が、実際には。。。

スポンサーリンク

征竜はどこをしくじった??

このカード名の(1)~(4)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札からこのカードと○属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
(固有の効果)。
(2):ドラゴン族か○属性のモンスターを自分の手札・墓地から2体除外して発動できる。
このカードを手札・墓地から特殊召喚する。
(3):このカードが特殊召喚されている場合、相手エンドフェイズに発動する。
このカードを手札に戻す。
(4):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキからドラゴン族・○属性モンスター1体を手札に加える。

これが彼らの共通効果。

まず、順に彼らの強い理由を挙げていきましょう。

・レベル7=ランク7が容易

カードプールが少ないとはいえ、
当時すでにドラゴサックやビッグアイといった現在でも通用する
強力なランク7は登場済み。

これらが、ポンポン出てきますから、
当時のデッキパワーではもうどうしようもないです。

この時代、クェーサー1体出せれば制圧できる、って感覚だったので、
今に比べて耐性、除去手段ともに乏しいカードプール。

そんな中で、そこそこの耐性と除去性能を持ったドラゴサック。

たまらんですわ(笑)。

そしてビッグアイ。
それこそ、クェーサーを出しても、
効果使用後にビッグアイに取られるってケースも多々ありました。

極めつけは、征竜ミラーマッチ。
相手のビッグアイを、ビッグアイで奪い、奪ったビッグアイで、さらに相手モンスターを奪う。

地獄絵図ですね(笑)。

・ステータスが高い

シンプルに上級クラスのステータスも強かったです。

ブラスターを始め、ワンターンキルするには十分な火力を、
テーマ全員が有していたのも大きいですね。

普通にごり押しでひき殺されます。

・サーチ&自己蘇生の尽きないリソース

ぶっ倒しても!ぶっ倒しても!

お互いがコストになり、サーチも兼ねる。
コストがコストになっていない(笑)。

蘇生のついでにサーチってなんやねん(笑)。

リアルタイムで相手していた人ならわかると思いますが、
当時のデッキで対抗できるのは神判登場後の魔導くらい。

だって、召喚権のみでランク4立ったら環境デッキでしたからね?

征竜は、召喚権どころか、先攻1ターン目からランク7が出る!
リソースの差がえげつない(笑)。

・優秀過ぎる墓地効果

ブラスターは手札から自身とドラゴンor炎属性捨ててモンスターを破壊

タイダルはは手札から自身とドラゴンor水属性捨てておろかな埋葬

レドックスは手札から自身とドラゴンor地属性捨ててモンスターを蘇生

テンペストは手札から自身とドラゴンor風属性捨ててドラゴンなんでもサーチ

まず、単体で強いからね(笑)。

特にブラスター。

メタで、ヴァニティデビルとか使っても、
ブラスターで破壊して突破してくる。

メタが刺さらないのが本当に強かった(笑)。

征竜のしくじりポイント

結局、征竜がしくじってしまったのは、個人的には一つだけだと思います。

それは、効果発動コストにドラゴン族を加えてしまったこと。

逆に、ドラゴン族を征竜のテキストから削除すれば、
これほどまでにヘイトを集めるデッキにはならなかったでしょう。

また、ほかの要因を挙げるとすれば、

属性サポートを期待されたのに、ふたを開けると征竜で組むのが最強だった

という点もあるでしょうね。

懐かしくて涙出てきますけど、

ブラスターはラヴァル
レドックスはマドルチェやスクラップ
タイダルは水精鱗
テンペストはドラグニティ

と、好相性なテーマがいたんですよ!

私も当時、ドラグニティやスクラップを使っていたので、
デッキが回るようになるなあ!

と期待したんです。

事実、征竜を採用したそれらのデッキは強かった!

でも、準構築にかなわなかった。
今なら、それも楽しめるのですが、当時ガキだった私は
『混ぜて劣化になるなんて、存在意義がない』と思ってしまった。

ただ、当時のプレイヤーは征竜に関しては割と同じ意見だったぽいですね。

ドラゴン族のグッドスタッフと征竜たちで固めるのが最強。

その現実は、デュエリストを打ちのめしたのだと思います。

今でこそ、11期は理想的な強化が多くのテーマにもたらされていますが、
それは、もしかするとこの征竜のしくじりから学んだ産物なのかもしれませんね(笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました