【新規カード紹介】遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ 3巻は購入すべき?【クロノダイバー・テンプホエーラー】

新規カード紹介

今回は、新たな試みとして、書籍付属のカードを考察です。

結構優秀なモンスターが付属すると評判の、
遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ 3巻ですね!

付属するのは、まさかのクロノダイバー新規カード。

その名もクロノダイバー・テンプホエーラーです。

ストラクチャーズって、過去テーマに焦点当てて、
ガチ目に使ってくれるから、意外と読み応えありますよね。

今のところ、1巻、2巻ともに環境クラスのカードでした。
が、今回はテーマがテーマということで、その強さはどうでしょうか?

気になるところですね!(今更感)

クロノダイバー・テンプホエーラー

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 800/守1400
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエンドフェイズまで除外する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
「クロノダイバー・テンプホエーラー」以外の
自分フィールドの「クロノダイバー」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻し、このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

まずは、ステータスから。

レベル4・闇属性・機械族と受けられるサポートは多い。
各種素材としても扱いやすいですね。

また、攻撃力800と黒庭ライン。
最近、ブラック・ガーデンが熱いので、その恩恵を受けられるのは狙ったのかな?

1は、自身をリリースして相手を一時的に除外するもの。
結果的に帰ってくるので、おまけ程度で考えておいたほうがよさげ。

クロノダイバー自体は、メインデッキのカードで除去能力を持つものがいないはずなので、
疑似的なものと考えると、悪くはないかな?

2は、クロノダイバー版、暗黒界の尖兵ベージですね。
令和の時代に出るカードと同じ効果とは。
ベージがすごいのか、こっちが微妙なのか(笑)。

除外されるデメリットは、ランク4を狙いやすいクロノダイバーでは、
あってないようなもの
ですね。

実質、毎ターン蘇生できるモンスターを思ってよさそうです。

特殊召喚持ちのリューズをコストにすれば、次ターンのサーチにつながる。
とは言え、クロノダイバー自体が、展開力があるか?と言われるとそうでもないため、
安易にこのカードの効果を使うと自分の首を絞めそうですね。

うーん、なんとも扱いにくそうですね。

まあ、パーペチュアと組み合わせれば、
クロノダイバーを疑似サルベージできます
けど。

一回、布陣が完成すれば継続的なアドバンテージ獲得を狙えますね。

クロノダイバー・テンプホエーラーは買った方が良い??

さて結論。

遊☆戯☆王OCGストラクチャーズ 3巻ですが、私はスルー!ですね~。

というのも、クロノダイバーデッキでも、必須なのか?ってレベルなので。

実際使うと、強いかもしれないですけど、
カタログスペックを見ると、絶対採用!ってレベルではなさそうなんですよね。

使っても、1枚採用かな~って。
クロノダイバー自体、サーチやリクルートも多く、
このカードは墓地1枚いれば仕事をするので、ピン刺しで十分動きそう。

まあ、漫画自体は普通に好きなので、1冊買うつもりですけど(笑)。

そう考えると、1冊で良いカードが書籍付属って良心的ですね~。

正直、私はクロノダイバーあんまり回したことないので、
効果やシナジーの範囲でしか語れませんが、
その辺を超えた使用感は、もしかすると思ったより良いのかもしれませんね。

今回は酷評気味でしたが、別に嫌いとかではないですから(笑)。
純粋に、参考になればうれしいですね。

ってことで、クロノダイバー・テンプホエーラーでした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました