【簡易融合のお供に】汎用融合モンスターまとめ【一枚持っておきたい】

まとめ記事

あんまり採用されることも少なくなってきた簡易融合。

制限カードになっちゃったからか、
簡易融合を頼った展開は安定感に欠けるからですかね。

とは言え、まだまだ対応するカードは増えていて、
継続的に強化されているのも事実。

と、いうことで今回は、
簡易融合対応の汎用融合モンスターをまとめてみました!

エルシャドール・ミドラーシュ

融合・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻2200/守 800
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。
(1):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

ご存じの通り、シャドールの強力な融合モンスター。

お互いの特殊召喚を制限するほか、
墓地に送られた際には、シャドール魔法・罠をサルベージできる。

最近では、教導と影依の偽典の登場で、
シャドール自体の出張性が大幅に向上。

気軽に妨害手段+シャドールギミックを組み込めるようになったので、
簡易融合も無駄なく採用できる。

ただ、破壊耐性は、相手の効果に対してのみなので、
簡易融合のデメリットは避けられない。
(まあ、サルベージ効果を発動できるという点ではいいのかも?)

神聖魔皇后しんせいまこうごうセレーネのリンク素材にもなり、
また、神聖魔皇后しんせいまこうごうセレーネで蘇生できるのもメリット。

カードプールの増加で、評価が上がり続ける1枚。
特殊召喚制限効果も、インフレに取り残されない効果だからかな。

おジャマ・ナイト

融合・効果モンスター
星5/光属性/獣族/攻   0/守2500
「おジャマ」モンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する間、
使用していない相手のモンスターゾーンを2ヵ所まで指定し、
そのゾーンは使用できない。

シンクロやエクシーズ素材におすすめのおジャマ。

プレアデスなどの強力ランク5にアクセス可能。

モンスターゾーンを使用させなくする効果も、
あんまり刺さらないかもしれないけど、こちらのターン中に展開されるのをある程度防げる。

獣族なので、鉄銃戦線のコストにもなる点は見逃せない。

レベル5のモンスター欲しいってときは、
とりあえずこいつかパンツァードラゴンでOK。

サウザンド・アイズ・サクリファイス

融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「サクリファイス」+「千眼の邪教神」
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドのモンスターは表示形式を変更できず、攻撃できない。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。

元禁止カード。

攻撃と表示形式変更を封じる恐ろしい制圧力。

また、汎用性の高い除去効果を持っている。
装備吸収は、破壊を介さない点で優秀で、
このカードを各種素材にすればそのまま除去できる。

簡易融合で出す場合は、維持は難しいだろうが、
蘇生制限は満たせる。

金華猫などで特殊召喚して使いまわせる。

また、ミドラーシュと同じく、神聖魔皇后しんせいまこうごうセレーネとは相性が良い。

他には、壊獣とも相性が良い。
相手の場のモンスター2体までなら、
サクリファイスアニマにつなげれば除去できる。

魔法カード1枚から、除去と展開につなげられるので、
逆転のきっかけとして使っていけるモンスターだ。

ミレニアム・アイズ・サクリファイス

融合・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「サクリファイス」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
相手のフィールド・墓地の効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の効果モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値分アップする。
(3):このカードの効果で装備したモンスターと同名のモンスターは攻撃できず、その効果は無効化される。

サウザンド・アイズ・サクリファイスとは違い、
手札誘発をけん制するための存在。

フィールドや墓地のモンスターを装備して、
その瞬間からそのカードの効果を無効化する。

灰流うららなどの面倒なモンスターを無力化できるので、
手札誘発に弱いデッキでは、簡易融合で出す先として有力。

サウザンド・アイズ・サクリファイス同様、
蘇生して使いまわせる上、維持できれば相手としても厄介なモンスター。

簡易融合から出てくるモンスターの中でも、性能はトップクラス。

召喚獣ライディーン

遊戯王 召喚獣ライディーン SPFE-JP028 スーパー
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥498(2021/03/07 20:16時点)
融合・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻2200/守2400
「召喚師アレイスター」+風属性モンスター
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

生きる月の書。

一応、自身を裏守備にして簡易融合のデメリットを消すこともできるが、
あんまりやる意味はないかな(笑)。

地味にレベル5としてはステータスが高い。

まあ、簡易融合ではあんまりステータスに意味はないけどね。

リバースモンスターなどで戦っていくデッキであれば、
貴重な表示形式変更手段になるだろう。

召喚獣でも素で採用できるパワーはあると思っているけど、
多分風属性のモンスターが少ないから使われないんだろうね。

重装機甲 パンツァードラゴン

融合・効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻1000/守2600
機械族モンスター+ドラゴン族モンスター
(1):このカードが破壊され墓地へ送られた場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

サイバードラゴンステータスの機械族。

サイバー・ドラゴン・インフィニティやプレアデスになれる優秀な素材。

簡易融合で出して、そのまま放置しても、
自身の効果で相手のカードを除去できる。

簡易融合のためだけに生まれたようなモンスターだ。

素材は緩いので、もしかしたら超融合で出せる場面もあるかもしれない。

効果はシンプルだけど、
こういうのでいいんだよ!的なモンスターです。

テセウスの魔棲物

融合・チューナーモンスター
星5/水属性/アンデット族/攻2200/守1800
チューナー×2

貴重な(唯一の?)融合チューナー。

水属性のアンデット族という珍しい組み合わせ。

アルティマヤ・ツィオルキンのチューナーとして使っていける。

また、アンデット族なので馬頭鬼等のサポートも受けられる。
レベル5のため、高レベルシンクロも容易。

ま、簡易融合でチューナーと非チューナーを使い分けられる、
ってだけでも使い勝手はよくなった。

問題は、シンクロデッキはカードプールが増えるにしたがって、
簡易融合に割く枠が少なくなった点かな(笑)。

時の魔導士

融合・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻2000/守1900
「時の魔術師」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、このカードが融合召喚されている場合に発動できる。
コイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
相手は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
ハズレの場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。

しれっとスルーされているけど、結構強くね??

あっさり登場して、地味に生きているこのカード。

恋んトスが当たっても外れても、ブラックホールは発動する。

コイントスの結果で、バーンダメージを受ける側が変わる。
まあ、運が悪ければ、簡易融合の1000バーン+こいつで
自分が一気に削られることもあるのか(笑)。

自分にダメージが来る点を活かしたり、ケアできるカードを入れれば、
ちょっと強いブラックホールぐらいにはなるか。

って最初に強いって書いたけど、
書けば書くほどブラックホールでいいやこれ、ってなってしまった(笑)。

沼地のドロゴン

融合・効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1900/守1600
同じ属性で種族が異なるモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はこのカード及びこのカードと同じ属性を持つフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。
このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

ちっちゃいVFDみたいなカード。

属性変更は、思わぬメタにもなるから侮れない。

基本は、エフェクトヴェーラーなどの対象にとる手札誘発を
無効にするために用いることになるはず。

フリーチェーンで属性を変えられる点も面白く、
後出しで自分のモンスターに耐性を持たせられる。

牽制として以外にも、
シンプルに属性を変えられるレベル4として可能性を感じる。

属性指定のシンクロやエクシーズの潤滑油になれる。

デッキビルド次第で、ポテンシャルが開けるカード。
融合代用効果があると完璧だったけど、さすがに無理だったか(笑)。

LL-インディペンデント・ナイチンゲール

融合・効果モンスター
星1/風属性/鳥獣族/攻1000/守   0
「LL-アセンブリー・ナイチンゲール」+「LL」モンスター
(1):元々のカード名に「LL」を含むXモンスターを素材として
このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
そのモンスターが持っていたX素材の数だけ、このカードのレベルを上げる。
(2):このカードの攻撃力はこのカードのレベル×500アップし、
このカードは他のカードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
このカードのレベル×500ダメージを相手に与える。

ネプチューンの相方だった女。
旦那を地獄に落として生き永らえた呪われし魂。

自身のレベル×500の攻撃力と、完全耐性、レベル×500のバーンダメージ。

かなり強力なモンスターだが、レベルを上げる手段は、
融合素材のLLの素材の数に依存する。

正規召喚でも、せいぜいレベル5になればいいとこだろうし、
このカードの生きる道はそっちじゃない(笑)。

ネプチューンなき今、覇王眷竜スターヴ・ヴェノムでコピーするのがいいだろう。

あちらでコピーできれば化け物みたいなモンスターになるしね。
レスキューラビット+簡易融合の2枚で成立するのも、
コピーコンボの強み。EXデッキをあんまり使わないデッキでは採用する価値あり。

こいつを正規の手段で出しているの見たことないし、
誰か人類初の正規召喚者になってくれ(笑)。

【簡易融合のお供に】汎用融合モンスター:まとめ

汎用的なモンスターは意外に10年前と顔ぶれそんなに変わらずですね~。

まあ、通常モンスターも結構充実しているので、
細かい属性や種族要求には、簡易融合で答えられる範囲は広いかな。

簡易融合も、そのうち制限解除されるだろうし、
そうしたらもっと使っていきたいな~って思いますね。

サクリファイスデッキとか、楽しそうじゃね?

てな感じで簡易融合のお供たちでした~。

↓汎用カードまとめです!デッキ構築の参考にどうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました