【新規カード紹介】Vジャンプ 2021年 03 月号は購入すべき?【霊塞術師 チョウサイ】

新規カード紹介

さて、毎月恒例のVジャンプ付属カード考察!

今回は、まさかの坊主!!

先月がセーラー服の可憐な女の子だったので、このギャップは( ^ω^)・・・。

遊戯王は、かわいい女の子=高騰
おっさんカード=安い、って図式ありますからね(笑)。

あんま強くない霊使いストラクが高騰した事実からも読み取れる、
YPの性癖がシングル市場に与える影響は大きい。

ということは、今回はあんまり需要がないのかな?
なんか売れ残りそうですね(笑)。

まあ、うちは研究所なので、
おっさんだろうが美少女だろうが、平等に考察します(笑)!

↓アマゾンのリンク張っときます(笑)

霊塞術師 チョウサイ

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1900/守 800
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに墓地の魔法・罠カードの効果を発動できない。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
相手の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

メタビート気質なモンスターですね~。

拘束力は中々で、よく見るデッキでは、
エルドリッチ・幻影騎士団・電脳堺・ドライトロンなどは、
墓地発動する魔法・罠を持っていますね。

直接的な縛りにはならないので、
メインの制圧系モンスターの横に添えるのが一番輝くか。

ネックは、『カイクウで良くね??』ってなること(笑)。

墓地発動の魔法・罠って結構除外して発動する系が多いし。
カイクウなら、魔法・罠とモンスター効果も、墓地除外をさせない。

したがって、カイクウと並べる意味は薄いので、
あちらとは別の強みを見出したい。

もちろん効果自体は、差別化できるレベルなので、
使い方を考えていきたいですね。

ちなみに、自分も影響受けるので、
デッキ構築の際には注意です。

メタビート気質なので、勝てる相手を探すのが先決。
情けなく聞こえるが、これ系の効果を持つモンスターの宿命なのだ( ・´ー・`)。

相性が良いのは、
・パージェストマ
・エルドリッチ
・幻影騎士団

くらいか。
内パージェストマ以外は、カイクウのほうが刺さる(笑)。
現状は、対パージェストマの最終兵器かな??
最終兵器サイチョウ。うーん(笑)。

気を取り直して、2の効果に目を向けてみよう!

・・・。まあ、弱くはないけど・・・って感じ。

シンクロ・リンクの素材にすれば能動的に発動できるので、
刺さる相手には刺さるかな~って程度。
まあ、そんなこと言いだしたら全部のカードがそうなんだけど(笑)。

除外されたカードがあると強みを発揮するカード、
例えば、
海晶乙女マリンセスグレート・バブル・リーフ
深海姫しんかいひプリマドーナ

辺りか。

特に、プリマドーナはそこそこシナジーがある。
実質相手の墓地のカードを手札に加えさせることになるので、
どうでも良さげなカードを、チョウサイで除外してやろう。

と、まあフォローしてきたけど、
正直スペックは2004年に出ても問題ないレベルですね~。

むしろ、2004年だと、墓地で発動する魔法・罠ほぼないので、
カス扱いされてたかも。そういう意味では、インフレの結果マシになったカードなのか??

霊使いテーマが来たので、被るからでないとは思うけど、
カイクウとテーマ化するために、
『術師』テーマができるかもしれない(笑)。

霊塞術師 チョウサイは買った方が良い??

さて結論。

今月のVジャンプですが、スルーで!!(笑)

イラストアドもそうだし、
効果も十年以上前のカイクウのほうが強いのは痛い(笑)。

なんでこんなの今更作ったんだって感じです。
言い過ぎ??(笑)。

さっき言った『術師』でテーマってのも、薄そうですしね~。

この効果でテーマ化されても、どういう動きか想像できん(笑)。

多分、シングル買いのほうが安くなると思うし、
Vジャンプの漫画読みたい人じゃなければ、シングル買い安定かも。

ってことで、霊塞術師 チョウサイでした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました