【ロマンカード紹介】バーサーク・デッド・ドラゴンですべてを破壊しろ!

ロマンカード紹介

今日は、ビジュアル・効果ともに文句なしにカッコイイモンスター、
バーサーク・デッド・ドラゴンの紹介です!

大型モンスターで、勝負を決められる効果を持ち、
しかもドラゴンってことで、デッキに入っているだけでテンション上がりますよ~。

バーサーク・デッド・ドラゴンとは??

最近名前を聞かないので、知らない人もいるかと思いますし、
まずは効果やステータス紹介です。

スポンサーリンク

バーサーク・デッド・ドラゴン

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻3500/守   0
このカードは「デーモンとの駆け引き」の効果でのみ特殊召喚が可能。
相手フィールド上の全てのモンスターに1回ずつ攻撃が可能。
自分のターンのエンドフェイズ毎にこのカードの攻撃力は500ポイントダウンする。

攻撃力3500、守備力0という尖ったステータス。

この攻撃力で、相手モンスター全体に攻撃できる豪快さ。

そして、アンデットらしくエンドフェイズに腐り落ちるような500ダウン効果。

こう、こだわりが感じられるカードデザインですよね。

こいつは、特殊召喚モンスターで、
デーモンとの駆け引きという専用の速攻魔法でのみ、特殊召喚できます。

デーモンとの駆け引きはこちら↓

デーモンとの駆け引き

速攻魔法
レベル8以上の自分フィールド上のモンスターが墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「バーサーク・デッド・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

レベル8以上のモンスターが、自分の場から墓地に行けば発動できる。

速攻魔法なので、任意のタイミングで出せるため、奇襲性もある。

多分、レベル8以上のドラゴン(ハデスとの絡み的にタイラント・ドラゴンか?)が
ゾンビとして復活させられたんだろうね。

それが、バーサーク・デッド・ドラゴンと。

ストーリー性も完璧やん!

じゃ、こいつらの使い方を考えてみよう~。

究極幻神きゅうきょくげんしん アルティミトル・ビシバールキンを使ったワンキルコンボ

究極幻神きゅうきょくげんしん アルティミトル・ビシバールキン

シンクロ・効果モンスター
星0/闇属性/ドラゴン族/攻   0/守   0
ルール上、このカードのレベルは12として扱う。
このカードはS召喚できず、自分フィールドのレベル8以上で同じレベルの、
チューナーとチューナー以外のモンスターを1体ずつ墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードは効果では破壊されず、
攻撃力はフィールドのモンスターの数×1000アップする。
(2):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
お互いのフィールドに同じ数だけ、「邪眼神トークン」
(悪魔族・闇・星1・攻/守0)を可能な限り守備表示で特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。

こいつのトークンを、貫通能力を付与したバーサーク・デッド・ドラゴンで、
虐殺する最強コンボです(笑)。

聖刻だとコンボをしやすいですね。

龍核の呪霊者の存在で、比較的簡単にビシバールキンを出していける。

復活の福音もあるため、青眼デッキでも出せますね。

レベル8以上のチューナー自体、出しやすいものは少ないので、
やはりドラゴン族主体のデッキが扱いやすいですね。

ビシバールキンを出す過程で、デーモンとの駆け引きの発動条件を満たしているので、
無駄のない流れで展開することができます。

んで、トークンをリンクリボーにして、ビシバールキンとで
ペンテスタッグをリンク召喚。

バーサーク・デッド・ドラゴンに貫通を付与して、トークン殴って、
5×3500の圧倒的なダメージを与えて終了です(笑)。

結構なロマンコンボだと思うんですけどどうでしょうかね。

バーサーク・デッド・ドラゴンの性質上、
送り付け戦術と相性が良いので、壊獣なども相性いい感じ。

バーサーク・デッド・ドラゴン:まとめ

バーサーク・デッド・ドラゴン、どうでしたか?

フィニッシャーとしての能力は申し分ないですし、
ロマンはありつつも実用的なレベルなので、デッキ構築しがいのあるカードだと思います。

こいつが大暴れした時は、スカッとするので、
ぜひぜひ1度手に取ってみてください!

それではこの辺で~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました