汎用リンク3リンクモンスターまとめ

まとめ記事

前回に引き続き、汎用リンクモンスターシリーズです(笑)

今回は汎用性の高い、持っていて損はないリンク3モンスターのまとめです!

前回宜しく、これからデッキを作る人たちと、私自身の備忘録もかねて
デッキ構築のお助け記事になればと思います!

汎用リンク3モンスター

前回から一つ追加して、汎用の基準は4つです。いずれか満たせばOKという判断。

・素材縛りが緩い
・効果が強力or使いやすいor出すこと自体が役に立つ
・出張パーツとの親和性が高く、どのデッキに採用しても強力
・採用されうるデッキの種類が多いこと(特定カードを指定しない種族サポートなど)

これから上げるモンスターは、
とりあえず持っておいて損はないカードたちです。
汎用性が高いものから、面白コンボ要因まで様々ですが、
手元にあると、デッキ構築の際にひらめきをもたらしてくれるカードばかりなはず!

スポンサーリンク

アークロード・パラディオン

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左下/右下】
リンクモンスターを含む効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分の、
「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

アウラム君の状態2らしいよ、こいつ。

サイバース族かつ、デコード・トーカーみたいな効果を持つかぶり族(笑)。

リンク素材にリンクモンスターを要求するだけあり、こちらのほうが幾分強力。

リンク先の攻撃力を自身に加算する効果を持つ、絆のモンスター。
相手フィールドにもマーカーが向いており、条件が整えば、戦闘では無敵となる。

ちなみに、攻撃力加算は、元々の攻撃力を参照するので、
強化も弱体化も無意味。

脳筋デッキの最高の相棒になるだろうね。
ハリファイバーから作れるのもお手軽でいい感じ。

3の無効化効果は、汎用的に使うのは厳しいかな。
悪くはないので、星遺物やパラディオン寄りに組むのもいいかな。

汎用としてみると、安定して5000近い攻撃力が出せるモンスターとしてみるのが良い。

見た目結構かっこいいし、コレクションとしてもいいよね。

幻獣機アウローラドン

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/機械族/攻2100
【リンクマーカー:左/下/右下】
機械族モンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)3体を特殊召喚する。
このターン、自分はリンク召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスターを3体までリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの数によって以下の効果を適用する。
●1体:フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
●2体:デッキから「幻獣機」モンスター1体を特殊召喚する。
●3体:自分の墓地から罠カード1枚を選んで手札に加える。

幻獣機新規にして至高のシンクロサポート。

デメリットとしてリンク召喚縛りが付くため、
やはりシンクロ主体のデッキで採用するのが扱いやすい。

ハリファイバーからそのまま出せるのもグッド。
つーかハリファイバー優秀すぎんねん。

リンク3としては破格の、レベル3トークン3体生成効果。

もう宇宙だよねこれは。

2の効果は、リリースするモンスターの数によって効果が変わる。

汎用カードとしてみるなら
1体リリース:カード破壊
2体リリース:幻獣機特殊召喚

がいいかな。

3体リリースで夢幻泡影とかもありだけど、こいつでするべきかは疑問。

カード破壊は強いからわかりやすい。

幻獣機特殊召喚は、オライオンの存在から実質汎用効果になっている。

オライオンを出せれば、
トーク+オライオンでボウテンコウやアクセルシンクロンからの、
レベル変動で自由なシンクロルートを決めていける。

オライオンセットが前提だけど、シンクロの価値を復権させたモンスター。
えらい。

混沌の戦士 カオス・ソルジャー

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻3000
【リンクマーカー:左下/上/右下】
カード名が異なるモンスター3体
(1):レベル7以上のモンスターを素材としてリンク召喚したこのカードは
相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードの攻撃力は1500アップする。
●このカードは次の自分ターンのバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
●フィールドのカード1枚を選んで除外する。

カオスソルジャーがリンクになった!

レベル7以上を素材にしていると、真骨頂を発揮する。
パンクラトプスなんかは使いやすいよね。

対象に取られなくなり、効果破壊耐性を持つ。
攻撃力も相まって、非常に硬い。

リンク3で3000打点は破格。

2は、戦闘破壊時に選べる3つのお得な効果。
安定して強いのは、フィールドのカードを除外する効果。

ただ、耐性が付与された状態なら、攻撃力1500アップもありかな。

次スタンバイフェイズに連撃効果は、
現代遊戯王では悠長。よほど確約できるほど守りが固まっていればあり、って程度。

連続攻撃を付与できれば超ロマン火力になるので、
特化構築も楽しいかもね。

汎用的に耐性持ち3000打点を用意できるので、ぜひ。

神聖魔皇后セレーネ

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/下/右下】
魔法使い族モンスターを含むモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。
(2):フィールドに「エンディミオン」カードが存在する限り、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(3):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。
自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、
このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

魔法使い限定ではあるが、汎用性はそこそこなので。

サクリファイスアニマなど、魔法使い汎用リンクからつながる。

魔力カウンター3つを要求する魔法使い蘇生効果。
ただ、お互いの墓地の魔法の数魔力カウンターがSS時に溜まるので、
よほど序盤でない限りは、3つはたまるはず。

要は、単独でアクセスコード・トーカーにつながる最強モンスターってこと。

ヴェーラーでもOKで、少ない枠で強力モンスターを出せるので、
非常に優秀。

本家魔法使い族で使うとより強力。

汎用カードのお手本のような強さ。

欠点はめっちゃ高いこと(笑)。
でも、当分再録なさそうやし、買い時は悩むなあ。

星神器デミウルギア

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/下】
レベル5以上のモンスター3体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):リンク召喚したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):種族と属性が異なるモンスター3体を素材としてこのカードがリンク召喚されている場合、
自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(3):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。

レベル5以上3体という厳しい条件を持つ。
ジェネレイドや列車などの高レベルデッキでは割と出せる。

種族と属性がことなる3種類を素材にしていると、
フィールドのカードをすべて破壊する強力効果を持つ。

また、完全耐性も持っており、高い打点を合わせて強力なモンスター。

パーフェクトデミウルギアを倒せるのは、やはりアストラムしかいない(確信)。

パーフェクトデミウルギアを作りやすいデッキは、
ジェネレイドくらいかな。種族までばらけるのは難しいので、
ある程度専用構築が求められる。

3の星遺物を特殊召喚する効果は、汎用性に欠けるものの強力。

星冠での効果無効、星鎧→星槍での戦闘補助などデミウルギアの少ない弱点をカバーできる。

流石に、星遺物ストーリー最強のモンスターだけあって、
豪快かつ強力。

汎用性もそこそこなので、高レベルを扱うデッキなら採用意義はある。

星杯戦士ニンギルス

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/戦士族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右】
リンクモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク先の「星杯」モンスターの数だけ、自分はデッキからドローする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「星杯」モンスター1体を特殊召喚する。

星杯の力を貰ったお兄さん。

1のドロー効果は汎用性に欠けるので割愛。

注目は2の効果。
スクラップ・ドラゴンみたいな除去効果だが、
対象をとらず、破壊しない効果なので完全耐性以外は突破可能。

汎用性が高く、非常に優秀な除去効果である。
自分も選べるので、3の効果にもつながる(専用デッキであれば、だが)。

ただ、素材条件がリンクモンスター2体以上なので、
ハリファイバー→レベル1チューナー→リンクリボー、
などひと工夫が必要。

条件相応に強力な能力を持つので、耐性持ちがつらいデッキでは活躍できるか。

天威の龍拳聖

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/幻竜族/攻2600
【リンクマーカー:左下/下/右下】
リンクモンスターを含むモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは効果モンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分フィールドに他の効果モンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地及び自分フィールドに表側表示で存在する、
効果モンスター以外のモンスターの数まで、
相手フィールドの効果モンスターを選んで破壊する。

効果の性質上、通常モンスターが採用されているデッキでの活躍となる。

とは言え、抜け道としては、
ハリファイバー→オライオン→天威の龍拳聖で、トークンが一体出るので
破壊効果を使えてしまう。

レスキューラビット併用が一番無難ではあるが。
複数枚数破壊できるリンク3は貴重。

場を整えてやれば、鬼のような強さを発揮する。

このカードもまた、天威デッキでは、より一層強さを発揮する。

デコード・トーカー

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

元祖リンクモンスター。

アークロード・パラディオンのような効果を持つ。

召喚条件は緩く、リンク先のモンスター×500打点上昇というシンプル効果。

2は、対象をとるカードの発動を無効にする効果。
コストはリンク先のモンスターなので、少し重めだが。

無難且つ素材が緩いので、コード・トーカーデッキか、
とりあえずリンク3が欲しい、みたいなデッキでならまだ居場所はある。

登場時は、便利なマーカーとカードプールの少なさから重宝されたが、
強力カードが増えてきて肩身が狭くなってきた。

頑張れ!

デコード・トーカー・エクステンド

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「デコード・トーカー」として扱う。
(2):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの数×500アップする。
(3):自分バトルフェイズに、このカードのリンク先のモンスターが、
戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

大体デコード・トーカー。

被っている効果は割愛。

3の固有効果は、リンク先のモンスターが戦闘破壊か墓地送りになったときに、
このカードが2回攻撃を得る、というもの。

単純に自分のリンク先のモンスターを自爆特攻させても良いし、
リンク先に相手のモンスターがいるなら、そいつを倒してしまえばOK。

ジュラゲドとは相性抜群。
打点を上げつつ、2回攻撃を満たせるので、もう最高のバディ。

本家デコードより攻撃的なので、どっちを採用するかは好み。

トポロジック・トゥリスバエ

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
効果モンスター2体以上
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、
この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

シンプルイズベスト。

トポロジックはやはり豪快ですね~。

このカードのリンク先にモンスターが出てきたら、
そのモンスターと魔法罠をすべて除外するスーパー除去効果。

除外なので、黄金郷などに代表される墓地効果も許さない。

バーンはおまけ程度だが、割と大きい。
地味にターン1はないので、ややもすると変なワンキルルートが出るかもしれない(笑)。

トライゲート・ウィザード

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/左/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

リンク環境初期では、インフェルニティが、
このカードを使いこなして猛威を振るった。

相互リンクの数で効果が変わるが、
注目は3体以上の時の効果。カードの効果発動を無効にして除外する。

2のフィールドのカードを除外するのも強力だが。

ただ、効果を得るには、
並外れた展開力が必要になり、中々厳しい。

当時はファイアウォールが無制限だったので頑張れたが。

スケープゴートなど、お手軽に4体ほどモンスターを並べられたら、
2の効果までは繋げることができる。

ある程度展開力のあるデッキなら採用圏内だが、
そのためにエクストラ枠をかなり割くので、対応力が下がる。
(エクストラ枠を犠牲にするほど強力ではないのが悲しいところ。)

トロイメア・ユニコーン

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、
フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、
その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

登場時から価格が20倍くらい上がった驚異のカード。

マスカレーナからのアクセルリンクが強力な一体。

手札1枚でカードをデッキバウンスはマジで強い。
再利用を許さず、破壊耐性を無に帰すため使い勝手抜群。

相互リンク時1ドローも、たまに使える。
使えたら笑顔になれるので、ぜひ。

後半のドロー増加効果は、これこそおまけに思っておこう。
マスカレーナ登場で多少は使いやすくなったが、
条件を満たすにはオーバーキル気味な展開を強いられるので、
ドローの恩恵を受ける前に勝負が決着してしまうかも(笑)。

結構高いけど、持っておきたい一枚。

パワーコード・トーカー

リンク・効果モンスター
リンク3/炎属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:左/右/左下】
モンスター3体
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
(2):1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

4600までのモンスターを戦闘破壊できるモンスター。

相手のモンスター効果を無効にできるので、制圧持ちにけん制できる、
がリンク3がそれをやるべきかは疑問ではある。

総合すると、弱体化したホープザライトニングといったところ。

それ以上でも以下でもない。

サイバース族デッキでも、アクセスコード・トーカーの出現で評価が下がった。

悲しみ。

無限起動要塞メガトンゲイル

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/機械族/攻4000
【リンクマーカー:右/左下/右下】
Xモンスター3体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
このカード及びXモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
Xモンスター以外のモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):自分の墓地のXモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その墓地のXモンスターを特殊召喚し、その相手のカードを下に重ねてX素材とする。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは半分になる。

エクシーズモンスター3体という独特な召喚条件。

ヌメロンネットワークで簡単に出せるほか、
十二獣などを絡ませれば、割と出たりするので、イメージほど出しにくくはない。

耐性は、エクシーズモンスター以外のモンスター効果を受けないというもの。
デッキにっては詰むレベルの耐性。打点4000も相まってヤバい強さ。

2の効果は、自分墓地のエクシーズモンスターを蘇生して、
相手のカードをそのモンスターのエクシーズ素材にするというもの。

カードなら何でもいいので、リダンの効果が活きる。
というかまあ、なんでも強い。

総じて強力なモンスターで、
驚異の場持ちと展開+除去という噛み合いの良い能力を持つ。

無駄にエクシーズが並ぶデッキには切り札としていいかも。
ちょっと昔のインフェルニティが、チェイン3体並べるとかやってたけど、
あの頃にこのカードがいたら覇権とれてたかも(笑)。

ライトロード・ドミニオン キュリオス

リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/戦士族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキのカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

属性が同じで種族が異なるモンスター3体。

出せるテーマは限られており、それこそライトロードは簡単に出せる。
他は、スクラップとかかな。今はリンク1が充実しているので、
リンクリボーとサクリファイスアニマ+闇属性で出せたりする。

1の効果はデッキから何でも墓地肥やし。
ベアトリーチェといい、聖女系おばさんは墓地に送る効果が得意。

2の効果は、デッキからカードが墓地に行ったときに、
デッキトップを3枚墓地に送るという効果。懐かしい。

1の効果に連動して2の効果が発動するので、実質4枚肥やし。
墓地を溜めたいデッキには頼もしい。

3は、相手の効果でフィールドから離れるor戦闘破壊で墓地のカード何でもサルベージ。

ほぼ確実にこの効果は使える。
能動的につかいのは、自爆特攻しかなく難しいが。

なんでも回収できるので、インフェルニティ・ガンみたいな
強力無比なカードを回収できるようにしたいところ。

汎用というより、ロマンコンボ向きなカード。

サモン・ソーサレス

リンク・効果モンスター(禁止カード)
リンク3/闇属性/魔法使い族/攻2400
【リンクマーカー:上/左下/右下】
トークン以外の同じ種族のモンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
手札からモンスター1体を、このカードのリンク先となる相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードのリンク先の表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターと同じ種族のモンスター1体をデッキから選び、
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

最強リンク3モンスター。

凶悪さは、当時のプレイヤーならよく知っているはず。
採用率ほぼ100%は伊達じゃない。

すべてのデッキが個性を失った。

強さは、まあ、自分で調べてくれ。
テキスト読めばわかると思うけど。

禁止だけあって、めっちゃ強い。強すぎる。

万が一制限解除に備えて、持っておいた方が良いよ。
こういうの解除されると多分4000円近くなると思うし。

・・・解除されないことを祈るけど。

リンク3モンスター:まとめ

縛りが緩い、という一点のみで『汎用』と定義してまとめました。

一部汎用的ではないやつもいますが(笑)。

リンク3は優秀なモンスターが多いですね~。
ただ、もう一声欲しい!って効果ばかりで、うまく調整されている印象でした。

まあ、新規リンク3が出るたびに更新していこうと思いますので、よろしくです!

↓汎用カードまとめです!デッキ構築の参考にどうぞ!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました