リンク召喚の申し子!プロキシー・ホースは、サイバース覇権奪取の追い風か?

遊戯王

ファイアウォール・ドラゴン復活により、
一気にサイバース族が活発になってきましたね。

やはりエースの力は偉大だなあ、と思っていたら。

プロキシー・ホースという強力なサイバース族新規まで出てきたじゃないですか!

サイバース族、乗ってますねえ。
公式で押していこうって感じなんでしょうか。

私の@イグニスターもどんどん強くなっていきますから、
新規カードは嬉しいところ。

今回は、プロキシー・ホースの強さを考えていきます!

プロキシー・ホースは強いのか?ガチ環境でも戦える??

プロキシー・ホース

効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1100/守1100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードをサイバース族モンスターのリンク素材とする場合、
手札のサイバース族モンスターも1体までリンク素材にできる。
(2):自分エンドフェイズに墓地のこのカードを除外し、
サイバース族リンクモンスターを含む自分の墓地のリンクモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターをEXデッキに戻す。

手札のモンスターをリンク素材にできる効果を持ちます。
出ました!ルール無視効果!!

真竜といい、十二獣といい、この類の効果は強力だと思います。
マイクロ・コーダーよりも柔軟に使っていける点で評価できますね。

サイバース族全般のデッキで、自然に組み込めそうなくらいには
扱いやすそうな効果です。

ドット・エスケーパーなどを召喚権を使わずに墓地に送れるのは強力。
コード・トーカーデッキでは言わずもがな、
我が@イグニスターデッキでも、展開力のなさを補えると思っています。

2の効果は、リンクモンスターをデッキに戻す効果。
コード・トーカーをはじめ、連続リンクを決めるデッキは、
エクストラが枯渇しやすいので、地味にありがたい効果。

ただ、エンドフェイズとタイミングは遅いので、
あくまでおまけとして考えた方がよさげ。

とは言え、持久戦にかなり強くなったので、
序盤から連続リンク召喚で飛ばしていきやすくなりましたね。

プロキシー・ホースで決める連続リンク召喚

スプラッシュ・メイジ

リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/サイバース族/攻1100
【リンクマーカー:右上/右下】
サイバース族モンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

こいつが相性抜群!
プロキシー・ホース+適当なサイバース族でリンク3に到達できる!

プロキシー・ホース+ドット・スケーパーなら、
スプラッシュ・メイジ→プロキシー・ホース蘇生→ドット・スケーパーSS
→スプラッシュ・メイジとプロキシー・ホースでコード・トーカー
→コード・トーカーとドット・スケーパーでトランスコード・トーカー
→トランスコード・トーカーでコード・トーカー蘇生

となり、場にはトランスコード・トーカーとコード・トーカーが並ぶ。
リンク4でアクセス・コード・トーカーにも繋がるので、
なかなかに強力なルートをもたらしてくれる。

もちろん、ファイアウォール・ドラゴンも出せてしまうので、
さらなる展開もサイバース族なら行けてしまうのが恐ろしいところ。

展開の起点になるスプラッシュ・メイジも
プロキシー・ホースで回収できるので、ある程度使いまわせる。

総じて、サイバース族の強力なサポートカードになれるポテンシャルを秘めていると思います!

プロキシー・ホースは買いでしょ!!

ってことで、プロキシー・ホースでした。

できることがかなり増えるカードですし、
もしかしたら高騰するかもしれませんよ?

このカードに関しては、3枚確保で正解なんじゃないでしょうか?

ということで今日はこの辺で~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました