ワイワイ楽しめる!おすすめボードゲーム ~カタンとは??~

カタン

最近、ポケカ友達がボードゲームに嵌りだした。
遊ぶたびにいろんなボードゲーム持ってくるんだけど、
『カタン』ってゲームは無茶苦茶面白かった!

一応、カード使うゲームってことで、紹介します!
デュエルの息抜きにちょうどいいかな?
いや、むしろデュエルよりも頭使うかも(笑)

『カタン』を楽しめる人は、こんな人!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】カタン スタンダード版 日本語版
価格:3380円(税込、送料無料) (2020/11/23時点)


『カタン』というゲーム、通販サイトだとだいたい3000円前後ですかね。
そこまで高くないので、年末年始に親戚とかとやるのも楽しいかもね~。

で、本題。
『カタン』を楽しめるのは、我々カードゲーマーだと断言します!

このゲーム、すんごい頭を使います!
それでいて、運の要素もある。
ただ、確率を熟知していれば、運の要素を減らしていける。

そう、遊戯王と同じですね(暴言)。

遊び方は、後述しますが、
サイコロの出目と他プレイヤーとの駆け引き、交渉、
勝ち筋の選択など、考えることが多すぎるんです。

相手が何を狙っているのか?
自分はどこを攻めるべきか?
一番勝ちに近いプレイヤーはだれか?

それらすべての要素を踏まえて、
『カタン』を制圧していくんです!

なので、『カタン』を楽しめる人ってのは、

・ライアーゲームのような駆け引きがやってみたい人
・全体の状況、見えない情報など、あらゆる予測がうまい人
・確率論に精通していて、ゲームの本質を見抜くのが好きな人
・逆に、すべてを受け入れるギャンブラー気質の人
・地道に暗躍するのが好きな人

でしょうか。
自分が一つでも当てはまったり、こんな人になりたい!
って思ったなら、『カタン』をやってみましょう!

『カタン』ってどんなゲーム?

ゲームの設定自体は、
『カタン』という無人島に降り立った4人のプレイヤー同士で、
島を発展させたり、資源を奪い合ったり。
最終的に、自分の領土を最も拡張させて、島を制圧したものが勝つ。

といった感じです。

だいたい、1ゲーム60分ぐらいかな~。
もちろん、確率が偏れば早いし、交渉が白熱すればもっと長くなる。

『カタン』のルールは、覚えれば簡単なんですが、記事に書くと長くなるんですよね~。
ちょうど公式サイトに、ばっちりルールをまとめているのでリンク張ります!

遊び方&用語集 «カタン (CATAN) 日本カタン協会公式ページ

読むのめんどいよ、って方にざっくり説明。

数字が書いてある19枚のパネルを設置。
パネルの辺上に、自分の駒を設置(2個)。
サイコロ2つを毎ターン振って、
出た目の数字が書いてあるパネルから、資源(※)が出現。
資源は、そのパネルの辺上に駒を置いているプレイヤーが受け取れる。
プレイヤーは、自分のターンでは、
資源を使って、道を作り、開拓地を作り、領土を広げ勝ちを目指す。
資源は、他プレイヤーから交渉して交換してもらったり、
港(フィールドの端っこ)から、貿易をして交換できる。
そうして、勝利条件である、価値のある資産を10ポイント分獲得を目指す。

※資源は5種類あって、開拓地や道を立てる時に、消費する。
 資源がないと、何も行動できない。資源=命!

みたいな感じ。
マジでざっくりなので、プレイ動画とか見てもいいかもね。

きっと、カードゲーマーなら、
このざっくり説明だけでワクワクすると思うんだよね~。

もちろん、対戦ゲームなので妨害要素もあります。
サイコロの出目が7の時、盗賊が動きます。
この盗賊は、サイコロで7を出したプレイヤーが、
好きなパネルの上に置くことができます。
盗賊がいるパネルからは資源が出なくなるので、
特定プレイヤーに不利になるように置くのが基本。

でも、あんまりヘイト貯めてると、
資源交換とかで、不利にもなるから、
この辺の塩梅がめちゃめちゃ楽しい!

ほかにも、遊戯王でいう伏せカードみたいな要素もあって、
マジで熱い!

『カタン』の醍醐味はなんだ?!

・自分のプラン、相手のプランを読み切る

まずは、『カタン』のメリットでもデメリットでもあるんですが、
何にも考えていないプレイヤーはまず勝てません(笑)。

初手(初期配置)から、自分でプランを立てて、
最後までブレずに進まないと、勝てません!
強い人は、さらに、プランBやプランCといったルートも用意して、
盤石の体制で進めていきます。

いかに、自分のプランを隠して、
相手のプランを察知して妨害できるか?
この駆け引きが、『カタン』の醍醐味!

・人間関係の利用、交渉のうまさが勝敗を分ける

人間関係ってなんか関係あるか?
って思いましたか?ありますよ!

このゲーム、資源を交渉で交換できるといいましたよね。

ここで人間関係が出てきます!

例えば、自分と仲がいいやつ、気が合うやつとは交渉しやすそうですね。
反対に、気難しいやつ、何も考えていないやつとは難しそう。
自分が交渉しやすい相手を見極めて、仕掛けていく。
そして、最後には蹴落とす!
そう、友情崩壊ゲーですね(笑)。

交渉は、資源が偏っている人にも有効。
自分がその資源を提供する代わりに、自分が不足する資源を渡すなど。

また、自分が特定資源しかない時も、交渉は大事ですね!
むしろ、ほかのプレイヤーが持っていない資源を独占している場合は、
強気で仕掛けていけるでしょうね。

こつこつサイコロの出目を待つよりも、
交渉が勝敗を大きく分けることになるはず!

・サイコロに任せない!確立を操ったやつが勝つ!

命ともいえる資源の獲得ルートは、
サイコロの出目に左右されますが、確率ってものがあるよね!って話。

冷静に考えて、サイコロ2つの出目は、
まあだいたい5~9くらいの間に収束しますね。

つまり、その数字があるパネルを攻めるべき!
特に初期配置は重要で、サイコロの出目が有利な
6や8を取れれば大きいところ。

資源のバランスがいいからと、
2とか11とかのパネルを陣取っても確率は低い。

もちろん、こんなの当然なんですけど、
結局サイコロの出目の出やすいものを選ぶ、
これに気づけないと勝つのがむずいんですよね~(体験談)。

『カタン』:まとめ

ってことで『カタン』でした!

説明が下手で伝わらなかったかもですが、
とにかくオススメなボードゲームです!

いつものカードゲームの息抜きに!
ちょっとお酒を飲みながらだらだらプレイ!

とか、そんな感じで結構いろんな場面で楽しめます!

まあ、プレイしてみたらわかるんですけど、
パーティーゲームにしてはかなり頭使うから、
良くも悪くも大人向けではありますかね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました