超重禽属コカトリウムは強いのか?使い方を考察してみる

遊戯王

2020年Vジャンプ9月号付録カード、超重禽属ちょうじゅうきんぞくコカトリウムの効果が判明しましたね!

鳥獣族、獣族、獣戦士族の強力なサポートカード!というキャッチコピーのカード。
その言葉通り、3種族を幅広くサポートするモンスターでした。

とは言え、単体で強いカードではなく、
色んなカードとの組み合わせで力を発揮するようなタイプのモンスターですね。

ということで、コカトリウムの生きる道、使い方、を考えていきましょう!
3枚買うべきか、私としてもかなり悩むので、この記事で結論出したいです(笑)

超重禽属ちょうじゅうきんぞくコカトリウム

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Vジャンプ 2020年09月号 (書籍)[集英社]《07月予約》
価格:580円(税込、送料別) (2020/7/7時点)


効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守 900
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):デッキからレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは除外したモンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベルになる。

自分フィールドの、獣族・獣戦士族・鳥獣族をリリースすることで、
自身を手札・墓地から特殊召喚できるモンスター。
デメリットとして、フィールドから離れると除外されてしまう。

2の効果は、デッキから獣族・獣戦士族・鳥獣族を除外して、
エンドフェイズまでそのカードの名前・種族・属性・レベルをコピーする効果。

ステータスは、機械チックな見た目だが、しっかり鳥獣族。
闇属性っぽいが風属性。レベル4。攻守は1300/900と低い水準。

ステータス面

では、ステータスから考察していきましょう!

まず、風属性レベル4という点で、霞の谷の神風に対応している。
スワローズ・ネストでもリクルートできるので、多少扱いやすいか。
攻守は低いのでアタッカーとしては期待できない。
基本は、各種素材や中継役としての運用になるはず。

超重だけど、超重武者ではない。どこのカテゴリにも属してはいない。
11期の特徴である、種族間・テーマ間を結び付けるカード。

1の効果

特殊召喚効果はかなり緩く、種族テーマならコストの確保は簡単!

墓地から出せるのが何よりの喜び。鳥獣族では貴重な効果ですね。
王神鳥シムルグを出しやすくなり、巨神鳥ロックも成功率アップ。

他には、炎星デッキで、レベル3軸と4軸の潤滑油になる!
BFを始め、展開力のあるテーマなら、とりあえずモンスターを並べて、
コカトリウムでレベル調整、ってこともできるので回す上でのミスが減る。
私みたいな雑な回し方をする人間にはありがたい存在。

コストはリリースなので、スケープゴートとかのトークンでもOK。
スケープゴートからの展開は、一行の余地ありか。

デメリット効果は、エクシーズ素材にすることで打ち消せる。
相性が良いテーマの多くは、エクシーズ主体なのでそこまで問題はないか。

自己蘇生が可能なので、毎ターン積極的に使っていきたいところ。

2の効果

プリズマーの除外版のような効果を持つ。
中々に可能性の感じる効果で、使い道は多岐にわたるだろう。

テーマデッキに採用する場合は、
状況に応じて必要なモンスターになれるので、レベルなどを気にせず使用できる。
名前もコピーするので、RRやBFの素材縛りも難なくクリアできる。

特に剣闘獣では、必要な融合素材になれるので、かなり有用である。
デッキを円滑に回していける上に、効果を使ったスレイブタイガーを起点に、
さらなる展開をしていくことが可能になる。

月光でも、月光彩雛を除外すると、バトルフェイズ中の効果を封じられる。
ワンキルの得意な月光デッキでは、重宝できる効果になるはず。
そうでなくても、融合素材に利用できるため、親和性が高い。

十二獣でも、エクシーズ素材として活躍できる。
好きな十二獣をチョイスできるので、規制のかかった彼らには嬉しいところ。

謳い文句の『ドラグニティと相性が良い』はよくわからん(笑)
悪くはないけど、別に特別良いとも思わない。
新規次第だけど、現状ドラグニティに居場所はないと思う。

意外なところでは、極星獣にぴったりはまるか??
スケープゴートなどを上手く使う構築にしていれば・・・。
この辺りは、実際にカードを触ってみてにはなりますかね。

ああ、一応スクラップも獣テーマではあるのか。
そう考えると、混ぜ物デッキの完成度を高める1枚になるのか??

超重禽属ちょうじゅうきんぞくコカトリウムは3枚集めたほうが良い??

結論としては、私は買います。霞の谷用に(笑)

ただ、現状はそこまで有用なカードでもないですね。
wikiでも言われている通り、ダーク砂バクはタイミングを逃すし、
RRやBFでは、元々の属性がかみ合わず、上手くサポートを受けられない。

現状は、ファンデッキ寄りのカードかな。
ファンデッキやコンボでは、意外なルートを見つけ出せるかもしれないので、
そこを警戒するなら買っておいた方が良い。

ただ、今度強化されるRRやドラグニティとの相性を期待するのは厳しい。
もちろん、そのあたりのテーマを使って混ぜ物するならありだけどね。

超重禽属ちょうじゅうきんぞくコカトリウム:まとめ

強いカードとして期待するのはお門違い。

エンターテイナー向けのカードであることは否めない。
ソリティアルートなどコンボを考えるのが好きなら、絶対買った方が良い。

あとは、これを言うと元も子もないけど、
今後、獣族・獣戦士族・鳥獣族が強化されるたびに注目される可能性は秘めている。

株感覚で買っておくのはいいかもね(笑)
(買占めはダメよ!!)

コメント

タイトルとURLをコピーしました