【昔のカードで遊ぼう】1103環境で強いデッキを勉強する~その2~

1103環境

次回に引き続き、1103環境の強いデッキをご紹介!

ルールや前回の記事はこちらをどうぞ↓

今回は懐かしい(私的に)デッキばかりです。

全部当時使ってたなあ。
皆さんは2011年当時はどんなデッキを握っていましたか?

私は、ファンデッカーをやめて、強いデッキを握ったことで、
世界が広がったのを覚えています。

霞の谷→ドラグニティの変化はマジでびっくりした。
違うゲームかと思いましたよ(笑)。

と、まあ余談はこのくらいにして、
1103環境での競合デッキを解説です!

1103環境で活躍していたデッキたち

スポンサーリンク

スクラップ

遊戯王 DREV-JP043-UL 《スクラップ・ドラゴン》 Ultimate
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥400(2021/07/31 16:44時点)

この環境だと、スクラップ・キマイラがひたすら優秀。

1枚でランク4、スクラップ・ドラゴンを作れるので、
攻めの起点として過労死してくれる。

一枚で強力なスクラップ・ドラゴンを作れるということは、
罠をたくさん積めるということ。

そこそこの性能のモンスターを、
奈落や強脱、神系罠などで守りながらじわじわと攻める感じ。

派手な動きはないけど、堅実に戦っていくデッキ。

スクラップ特有のサルベージ効果で、キマイラを使いまわせるので、
リソースが少ないデッキには無類の強さを誇る。

サーチに依存しないので、ライオウを使いやすいのも◎。

反面、ライオウに太刀打ちできなないので、対策が必要。
地砕きなどシンプルな除去カードも採用圏内となる。

除去とリソースの都合上、光デュアルには有利かな。

ガジェットには、ライオウを先に立てられるかで、だいぶ展開が変わる。

ジャンクドッペル

当時私も愛用していた、ジャンクドッペル。

ジャンクシンクロンとドッペル・ウォリアーの相性に注目して、
連続シンクロを決めていくデッキ。

ライブラリアンからのクェーサールートもあれば、
シンプルにウォリアーシンクロモンスターで攻めるのもあり。

当時基準では、どのシンクロモンスターも高性能。
特に、クェーサーは当時を知る人ならわかるその制圧力。
体感では、今でいうVFDくらいの絶望感があった(笑)。

1103環境では、爆発力最強は間違いなくジャンドだろう。

デッキの性質上、ゴーズやエフェクト・ヴェーラーも採用できるので、
思ったより守りは固い。というか、現代遊戯王的な妨害が得意。

欠点は安定感のなさと妨害へのもろさ。

特に、DDクロウは非常にきつい。
ドッペルを除外されると何もできなくなることもある。

スティーラー軸やクイック軸など、タイプはあるので、
相性で使い分けたいところ。

どのデッキにも勝てるし、
どのデッキにも負ける可能性がある。

そういう意味では、1103環境のスタンダードといえなくもないか??

ドラグニティ

手札1枚でレベル8シンクロを作れるのは、控えめに言って強力。

スターダストドラゴンは、当時基準では非常に強く、
スターダスト+伏せ2枚といった布陣はかなり固い。

竜の渓谷によるサーチと、調和の宝札のドロー、ゴドバの除去と、
ハイレベルで安定しているのも特徴。

フィニッシャーとして、トライデントドラギオンを採用しているので、
終盤は油断していると、一瞬でデュエルが終わる。

弱点は、1枚初動ではない点。
特定の組み合わせで初めて動けるので、意外に事故ることもある。

また、召喚権を潰されたり、DDクロウを打たれると、
1103環境では対処法がなく、厳しいところ。

安定してレベル8シンクロを出せる分、
弱点も多いデッキ。

スターダストドラゴンを起点にして、
上手くデュエルできる上級者向けデッキ。

余談だけど、当時はファランクス2000円、ヴァジュランダ2500円、
ガジャルグ1500円、スターダスト1000円と、
かなりの高額デッキだった。

大学生の私には、手痛い出費だった(笑)。

光デュアル

登場した時には、全プレーヤーに衝撃が走った。

モンスター5枚しかない驚愕のデッキ。
アナザーネオス、エアーマン、オネスト、のみ。

アナザーネオスが、ヒーローブラスト、デュアルスパークに対応しており、
HEROのサーチ力を持ってして過労死枠として頑張るデッキ。

ヒーローブラストで、下級モンスターを、
デュアルスパークでドローしつつ除去を行い、
1900という高めの打点で攻める。ついでにオネストもある。

という、メタビート寄りのデッキ。

デッキ構築上は、かなり事故が多そうだが、
使ってみると不思議と安定する。

感動するので、デッキ構築悩んでいる人は気晴らしに使ってみるといい。
新しい光が見えるはず。

ヒーローブラストにDDクロウ、
アナザーネオスに奈落をされるときつい。

アナザーネオスを出す際には、デュアルスパークを握っておき、
除去から買わせる準備を整えて置くこと。

1103環境で活躍していたデッキたち:まとめ

今回は、いわゆるティアー2にデッキたちですね。

前回の一線級のデッキには劣るものの、
十分に環境に顔を見せていたデッキたち。

どれも、横並びの強さはあり、
現代でも使われているテーマの原型なので、ゆかりのある人は興味を持てるのでは??

ってことで今日はこの辺で!

大学で引退した友達誘って、1103環境やろうかな~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました