かつての汎用カードたちはどこへ消えたのか

今更な話題ですけど、かつての強力汎用カードたちはどこへ行ったのか、ですね。

制限カードだったブラックホールや神の宣告、に現役制限カードの死者蘇生など、
一枚で戦局を変えられるパワーを持っていたのに、今ではほとんど使われていません。

10年前は、引いたらあれほどうれしかったのに、
今では、引くとよほどタイミングが良くないと『今はいらんな~』と思ってしまう。

そんな彼らがなぜ使われなくなったのか、ちょっと考えたいと思います。

汎用カードたちはなぜ使われなくなったか:テーマ全盛時代、シナジーの薄さが致命的

今や、デッキタイプは基本テーマで固まていますね。

GX時代あたりから、遊戯王はそういうTCGですよね。
テーマデッキ以外で新たなアーキタイプが登場することは当分ないでしょう。

やはり、テーマで固まるってことは、
カード間のシナジーを使ってデッキを回すのが基本。

カードAを使うと、Bをサーチできて、Bを出すとCをリクルートして~、
とシナジーの連続でアドバンテージを獲得していくのが現代遊戯王。

そんな中で、ブラック・ホールや激流葬などは、
強力であることには変わりないけど、デッキを回すことに貢献はしない。

逆に回転を止めてしまう不純物になるんですよね。

汎用カードたちはなぜ使われなくなったか:エクストラデッキのモンスターが優秀過ぎた

また、汎用エクストラの連中が、制限カード並の効果を持っているケースもありますね。

アーゼウスなんかが良い例ですね。

効果もブラックホールの上位互換みたいな感じですし。

激流葬やミラーフォースも、同じくアーゼウスに役目を取られますね。

エクストラのカードは、条件がそろえば使えるので、
サーチ手段が乏しい汎用カードたちよりも、扱いやすいです。

結局はそこなんでしょうかね。

サーチできない。

逆にサーチできれば使われるんでしょうか??

スポンサーリンク

サーチできれば使われそうな汎用カードは??

ちょっと脱線して、サーチ前提で汎用カードを見てみます。

使われそうなのは、

神の宣告

死者蘇生

おろかな埋葬

サンダーボルト

ワン・フォー・ワン

この辺ですかね??

ワン・フォー・ワンは割と使われていますけど、
サンダーボルトが自由にサーチできたらそこそこ使われると思います。

あとは、神の宣告とか。
まあ、今もよく見かけますし、制限ですらないですけど、
自由にサーチできれば、神の宣告は制圧札として環境クラスでしょうね。

流れの中で、ついでに拾って使える、ってレベルなら、
これらのカードも使われそうですね。

・・・、というか改めて効果を見てみると、
そんなにカードパワー高いわけでもない(笑)。

これがインフレか・・・。

汎用カードたちはなぜ使われなくなったか:盤面干渉がメインで、アドが取れないから

基本多くの汎用カードで言えるけど、
特定の領域に干渉するだけで、自分の手札を増やすようなカードがないです。

おろかな埋葬など、一部を除いて、
使うと手札が減ります(当然ですが)。

が、現代遊戯王ではこれは致命的。

使って後続につなげれないのなら、
ディスアドといっても差し支えないレベルまで来ていますから。

相手も、サンダーボルト打たれたくらいでは、立て直しも容易です。

相手の損失ではなく、自分のアドバンテージ。

現代遊戯王はいかに、そこを確保するかです。
相手を攻めるのは、自分のリソースを確保しきってからか、
展開のついでに除去を打つってレベル。

汎用カードが使われないのは、そこの壁を越えられないからなんでしょうね。

汎用カードたちはなぜ使われなくなったか:まとめ

いつも、自分のストレージ見ていて、
ブラックホールとか使おっかな~、って思っていたんですけど、
毎回デッキに入らない。

なんでなんだろう、と思って改めて考えてみましたが、
まあ、至極当然の内容ですね。

サーチできない、エクストラデッキで効果を代用できる、インフレで効果が相対的にしょぼい

と、3重苦。

おそらく、初期のハンデス三種の神器なんかも、
解禁しても勝敗は変わらない気がしますね。

まあ、手札誘発を抑えられるのは強いですが、
その分、自分のデッキの回転が弱くなるだけですしね。

初期の強力カードが、時代を経てしょぼくなるって、
ほかのTCGだとあんまりない現象ですよね。

MTGとかパワー9は最強ですし。

そう考えると、遊戯王というゲームのインフレがいかにすさまじいか、がわかりますね(笑)。

とまあ、やはり色んな背景があって制限カードは使われないんでしょうね~。

それでは今日はこの辺で~。

バイバイ!

遊戯王雑記
この記事が参考になったらシェアお願いします!
砂原式TCG研究所【遊戯王ブログ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました